■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サッカーニュースの話
中村俊輔 横浜マリノスに復帰
 中村俊輔が横浜マリノスに復帰することが決まった。
 移籍金は100万ユーロ前後と見られている。
 サッカーの移籍は特に水物で予測できないが、今回は目も当てられないほどの失敗。
 俊輔は自信の価値を大きく落とし、エスパニョールは戦力と商品としてのもくろみが外れ、
 マリノスは半年前なら掛からなかった移籍金を失ってしまった。 
 Jで存在感を示せなければ代表落選もあり得るだけに、日本でのプレーにも注目が集まる。


タクシン氏の資産 1240億円を没収
 元シティのオーナーでもあったタクシン氏の資産1240億円が、タイ政府によって
 没収されることが決まった。
 日本でも首相による巨額の脱税が話題となっているが、こっちはより悪質。
 日本の場合は金持ちが脱税したという話だが、こっちは元首相が職権と地位を用いて
 国家の資産を横領し不正に蓄財、それがばれて没収されるという話。
 これほど没収されても700億残るというのだから驚きだが、こうした金が使われて
 プレミアのクラブが転がされたのは見逃せない事実でもある。
 シティはその後アブダビに買われて一安心だが、方やドバイに買われたクラブは
 ごらんの有様になってしまった。


ポーツマスが破産
 ドバイの富豪に買われたクラブの末路がこれ。
 イングランドプレミアリーグ所属のポーツマスが破産を申請。
 プレミア所属のクラブが破産を申請するのは初のケース。
 これでポーツマスは二部降格が決まり、来期は勝ち点剥奪からのスタートとなる。
 今季だけで三度も買収されるというたらい回し状態だったが、とうとうどうにも
 ならなくなった模様。 
 WCCF的にはいずれここの所属で川口を出してもらわないと困るので、これによって
 権利が取りやすくなるのか、取りにくくなるのか。
 非常に気になるところ。


テリーとブリッジの関係がますます泥沼化
 テリーの下半身スキャンダルが、ますます泥沼化の様相を呈している模様。
 恋人を寝取られたブリッジの怒りは収まらず、代表招集も拒否。
 27日のチェルシーとシティの直接対決では、試合前の整列時に握手を求める
 テリーに対し、ブリッジはこれを無視した。
 離脱中のA・コールがW杯に間に合うか微妙な中、イングランドにとって大きな痛手。
 テリー自身もキャプテンマークを剥奪されたりと散々だが、事態は誰の得にもならない
 方向で全ての関係者を傷つけながら転がり続けている。
 

スポンサーサイト
WCCF以外の雑記 | 08:56:04 | Trackback(0) | Comments(9)
付録カード情報の話
毎度おなじみまんが王倶楽部に、今回の付録キャンペーンの詳しい情報が
掲載されていました。

それによると付録カードが付くのは

  WORLD Soccer KING 3月18日号 (3月4日発売)
  WORLD Soccer KING 4月1日号 (3月18日発売)
  CALCIO2002 4月号 (3月12日発売)


このみっつ。
いずれもカード内容は『海外チーム所属 日本人選手』となっています。
いっそロビー・キーンとかどうか、と思いましたがそんなことはありませんでした。
順当にいけばCALCIO2002は森本。
該当シーズンである08~09はリーグ戦で7得点を挙げているので、高評価が期待できそう。
WSKは・・・だれでしょうか、ちょっと予想がつきません。
カラブロに嫌みを言われて得点感覚に目覚めた本田さん、レギュラークラスとして
ブンデス制覇に貢献した長谷部も熱いんですが、さすがに前回のと二枚もかぶるのは
どんなもんかとは思います。
これらのうち一枚と、相馬崇人あたりがバランスとしてはいいかもしれません。

 リンク> 海外で活躍する日本人サッカー選手

こうして見てみると、今回でストックはほぼきれてしまった感じ。
来期はVVVのDF吉田麻也、プリマスのGK林彰洋といったあたりに可能性が
ありますが、W杯後に活発な動きがないと企画自体が強制終了になりかねない気配です。
ドイツ行きが噂される内田、長友に期待のかかるところではあります。


WORLD SOCCER KING ( ワールドサッカーキング ) 2010年 3/18号 [雑誌]





テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 22:15:36 | Trackback(0) | Comments(15)
EXカードキャンペーンの話
EXカードキャンペーンがはじまりました。
空ピローが文字通りごみになってしまったので、早速可燃でだしました。

さて今回のキャンペーン、もらえるカードは以下の五枚。
いずれも初登場というのは、EXキャンペーンはじまって以来のことですね。
アルティドールとデ・ラ・レーは是非ともおさえておきたいところです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジョジー・アルティドール (ビジャレアル)
 アメリカ代表FW。
 神童アドゥが徐々に輝きを失う中、それに代わって現れたアメリカ希望の星。
 U-20ワールドカップではブラジルから2得点を挙げるなど活躍し、MLS史上最高額の
 およそ10億円という移籍金でビジャレアルへ引き抜かれた。
 テクニックやスピードもさることながら、最大の武器は驚異的ななフィジカルの強さ。
 昨年のコンフェデではカプデビラを吹き飛ばし、スペインを沈めるゴールを叩き込んだ。
 現在はプレミアのハル・シティにレンタルされている。


ミネイロ ( チェルシー)
 元ブラジル代表MF。
 05年のCWCにはサンパウロの一員として参加し、決勝のリバプール戦で得点を挙げ
 優勝の立役者となった。
 06~07で登場するかと思われたが、その時は選から漏れて
 テクニックを兼備した運動量豊富なボランチだが、サイドバックとしてもプレー可能。
 30歳での海外初挑戦にドイツを選び、その後スコラーリに呼ばれてチェルシーへ。
 現在は再びドイツへ舞い戻っているが、このおかげでめでたくEXカードになった。  


エデルソン (リヨン)
 スキルフルなドリブラーだが、その本領は司令塔にある。
 攻撃的なポジションならどこでもこなせるものの、当人の希望はトップ下らしい。
 ブラジルU-17代表で活躍すると、若くしてフランスに渡りニースに入団する。
 ニースで過ごした3年ほどの間に順調に成長を遂げ、08年にリヨンへ移籍。
 その期待の程は、ジュニーニョの後継者という地位、1400万ユーロという高額の移籍金が
 何よりも雄弁に物語っている。
 ジュニーニョほどではないが、フリーキックもうまい。
 

ルベン・デ・ラ・レ (レアル・マドリード)
 スペイン代表MF。
 攻撃力の高い万能型のセンターハーフで、センターバックもこなすなど守備力も高い。
 レアルの下部組織の出身で、一度はトップチームを経た後ヘタフェに完全移籍。
 そこでの活躍で価値を認めさせ、一年で古巣に返り咲きを果たした変わり種でもある。
 スペイン代表にも定着し順調にキャリアを積んでいるかに見えたが、08年10月の
 試合中に突然倒れ、心臓疾患の疑いがあることが判明。
 それ以降、現在まで復帰の報はなく、今後トップレベルでのプレーが可能かは
 不透明な状態が続いている。
 

ジョナサン・エバンズ (マンチェスター・ユナイテッド)
 北アイルランド代表DF。
 マンUのアカデミー出身のストッパーだが、ロイ・キーン政権下のサンダーランドと
 行き来するなかで評価を高めていった。
 上背があり、足下もうまく、年齢の割には落ち着いたプレーができるタイプ。
 07年には婦女暴行容疑で逮捕されたが、これはよくあるファンによる狂言騒動だった。
 こうした話題の出るあたり、周囲の期待度の高さが伺えるというもの。


続きは動画。

以下続き
 

続きを読む >>

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 07:18:19 | Trackback(0) | Comments(6)
WCCF選手カード使用感: エリック・アビダル
08~09Ver選手カード使用感。

今回はアビダル (WDF)。


以下続き


続きを読む >>

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 09:53:21 | Trackback(0) | Comments(4)
アンケート結果と岡田監督の話
アンケートにはおよそ500票が集まる盛況でした。
熱いコメントも多く寄せられ、日本代表への関心度の高さが伺えます。
結果は解任すべきがおよそ8割というものでした。
2割ほどの続投すべきについても、コメントなどを見る限りは消極的な続投容認が
ほとんどなのではないかと思われます。
なんというか、すさまじいばかりの四面楚歌っぷりです。


個人的な意見としては・・・。
今の代表に漂う閉塞感を打破し、もう一度世間の眼を向けさせ、ワールドカップを
盛り上げるのが目的なら解任もありだと思います。
後任の監督に求められるのは、現代表のコンセプトによって殺されている選手の個性を
生かし、それなりに的確な起用と采配をしてくれること。
そうなると、時期的な問題を考えれば後任はここ数年のJリーグ、代表の試合を見てきた
人物が望ましいわけですが、なかなかふさわしい人材はいません。
再び倫理的に問題のあるJクラブから強奪、というのでなければ、現実的に考えた場合
コーチの昇格しかないような気がします。
それも含めての結論は、記事の最後。

今回はアンケートやコメントへの返信の意味も込めて、日本代表と岡田監督の話。
を書くつもりでいたら、なぜ岡田監督の人気がないかという話になってしまいました。
なんでここまで人気がないのか、その不人気の理由はなぜなのか。
そんな感じの話です。
何が自分をそうさせたのか、過去最高の長文になってしまいました。


以下続き


続きを読む >>
WCCF以外の雑記 | 03:21:58 | Trackback(0) | Comments(17)
つなぎのサッカーニュースの話
アンケートの結果を受けて岡田監督の記事を書いています。
これを書いている間にも、MHP3の情報?が出たり、WSKに付録カードがつくのが
判明したり、藤田まこと氏が亡くなったりで度々作業が止まりました。
長くなってなかなか書き上がらないので、つなぎにサッカーニュースなど。


中村俊輔が横浜Mに移籍?
ついでにイ・チョンスも横浜M、大宮へ?
 戦力的、時期的なことを考えると微妙な判断かもしれませんが、中村俊輔がマリノスに
 復帰する方向で話が進んでいる模様。
 俊輔がエスパで干されているのは代表にとっては最大の不確定要素なので、今後の
 処遇を決める上でもJ復帰は好材料かも知れません。
 小野、稲本に続き復帰が決まれば、かつて黄金の中盤と呼ばれた選手達が全て海外から
 戻って来ることになります。

 あとはイ・チョンスがJリーグに来るという話も。
 やかんさんはネタ的には面白い選手なので、どこかが取ればいい酒のつまみになりそう。
 来日のあかつきには、あのAAが至る所にはりつけられることになるでしょうね。


CLでレアルがリヨンに敗れる波乱 
 CL決勝トーナメント一回戦1stleg、ホームにレアルを迎えたリヨンは、後半二分の
 マクンのゴールで先制、そのまま追撃を振り切り先勝に成功しました。
 これを受けてペジェグリーニの首元がにわかに寒くなってきた模様。
 もし次節で敗退と言うことになれば首が飛ぶかも知れず、後任にモウリーニョなんて
 話も具体的なものとして語られ始めたみたいです。

 イケるかコケるか、まだまだ解らない位置にいるレアルですが、CLが駄目になって
 気落ちすれば、一気にリーグ戦も駄目になるポジションでもあります。
 3月10日の2ndlegは、レアルにとって本当の天王山になるかもしれません。


元イングランド代表 ガスコインがホームレスに
 薬中、アル中、レッドブル中ときて、ついにホームレスに。
 あとは静かに死なせてやってくれ、と息子にも見放す発言をされていましたが、
 破滅型の天才は行き着くところまで行くしかないのか。
 ガスコインといえばこんなエピソードが有名。

 カンナバーロがデビュー間もないナポリ時代、練習中にあのマラドーナを削った。
 練習場が凍り付く中、マラドーナはカンナバーロの度胸を褒めて許した。

 ネスタがデビュー間もないラツィオ時代、スター選手だったガスコインを削った。
 ガスコインはこれで骨折したが、ネスタを擁護してマスコミから守り、後にスパイクを 
 送ってなぐさめた。 

 中澤がヴェルディの練習生時代、スター選手だったカズを削った。
 カズは怒って中澤をしばいた。 
 

 最後のも今では笑い話になっていますが、残りのふたつは英雄は英雄を知る的ないい話。

WCCF | 23:04:57 | Trackback(0) | Comments(7)
アンケートとフジTVサッカー中継
アンケートは予想以上の反響がありました。
色々な視点からのコメントもいただき、これも興味深く読ませていただきました。
もう一日分ほどやってから、ちょっと記事を書いてみようとおもってます。
引き続き、コメントもおまちしています。





無料アクセス解析



さて、今回のベネズエラ~韓国戦までの四連戦は、フジテレビによる中継でした。
これらを「踊る大4連戦」と銘打ち、ちょっと凝ったCMまで作る力の入れよう。
結果は試合内容もさることながら、視聴率もお寒いものだったようですが・・・

個人的には、民放地上波のものではフジテレビのサッカー中継が一番好きです。
これに懲りることなく、今後も代表戦を中継してもらえることを願ってやみません。

以下続き


続きを読む >>
WCCF以外の雑記 | 20:21:48 | Trackback(0) | Comments(10)
岡田監督とアンケートの話
今回は日本代表の話。

ベネズエラ戦から韓国戦までの四連戦を見ました。
不毛と言えば不毛、とはいえ戦術面とその結果から見れば、端から見ているぶんには
話のたねにしやすいものだったと思います。
恐らく、見ていたほとんどの視聴者がその戦術や采配に疑問を持った、という意味で。


というわけで、アンケートのテストも兼ね、今回は岡田監督の進退について。
とりあえず続投という方向みたいですが、これについて意見や感想を募集します。
投票だけでなく、熱い思いをぶつける感じのコメントなどもお待ちしてます。





無料アクセス解析

 

WCCF以外の雑記 | 20:31:41 | Trackback(0) | Comments(47)
WCCF選手カード使用感: ヴィンチェンツォ・イアクィンタ
08~09Ver選手カード使用感。

今回はイアクィンタ (08~09)。


以下続き


続きを読む >>

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 18:54:54 | Trackback(0) | Comments(7)
サッカー動画 | 17:35:49 | Trackback(0) | Comments(0)
WCCF選手カード使用感: ヨアン・グルキュフ
08~09Ver選手カード使用感。

今回はグルキュフ


以下続き



続きを読む >>

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 18:34:07 | Trackback(0) | Comments(3)
WCCF選手カード使用感: スコット・パーカー
08~09Ver選手カード使用感。

今回はパーカー 。


以下続き


続きを読む >>

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 20:05:51 | Trackback(0) | Comments(2)
選手の再現度の話
前回のフォルランの使用感が、なんだからしくないというコメントをいただきました。
なるほど、言われてみると確かにそんな感じではあります。
動画を載せたんですが、どちらかというと05~06のほうがこれに近いプレーをした印象。
08~09よりも幅広く動き、味方も柔軟に使え、ミドルも強烈。
得点感覚では08~09が上回りますが、らしさを求めるなら05~06のほうがいいかもしれません。


そんな08~09フォルランとは逆に、動画で見たまま、非常にらしいプレーをする選手もいます。


以下続き

続きを読む >>

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 18:40:56 | Trackback(0) | Comments(13)
WCCF選手カード使用感: ディエゴ・フォルラン
08~09Ver選手カード使用感。

今回はフォルラン (08~09)。


以下続き


続きを読む >>

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 18:39:15 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。