■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
09~10Verベストカード~サイドバック編
毎年恒例、ポジション別ベスト企画の3回目。

今回はサイドバック編。



ブルーノ・サルトル 09~10 No.359 

攻守に渡ってスピードを生かす術を心得た、バランスの良さが魅力のサイドバック。
守備はやや直線的だが、その分スピード対応力は確かなもので、縦の動きに付いていく速さと
鮮やかな中央のカバーリングには見事なものがある。
攻撃面ではアタッカーのサポートをこなしつつ、ボールを受ればの縦に速いドリブル突破で
チャンスを作り出し、狙いどころの良いクロスでアシストを重ねる。
両サイドをこなせるユーティリティ性もあるので、控えに置いておいても何かと重宝する。


ファビオ・グロッソ 06~07 No.307 

サイドバックとしては珍しく、スピードよりも力強さが目立つタイプ。
競り合いに負けないボディバランスがあるだけでなく、長身を生かしたジャンプヘッドも頼もしい。
かと思えば一対一のスピード対応や、攻守切り替え時の帰陣速度も水準以上のものがある。
自らドリブルで突破も仕掛けて行けるが、裏へ走って使われるのが非常にうまく、時おり見せる
粘り強いアタックがチームに決定機を呼び込むことも多い。
精度の良いクロスでアシストを稼ぐだけなく、角度の無い位置からも狙えるシュートも備えている。


マイコン 09~10 BRS3 

抜群の身体能力と、攻守にわたる確かなセンスを兼ね備えた完成形のサイドバック。
直線的な高速オーバーラップと全速力の帰陣を繰り返し、右サイド攻撃に圧倒的な厚みを加える。
絶妙のタイミングの走りこみからスピードを落とさずつなげるドリブル、そこから繰り出される
変幻自在のクロスボールは、サイド攻撃の中軸を担えるだけの破壊力を備えた逸品。
サイドチェンジを競り合いながらヘッドで折り返すなど、強さと高さを使って変化を付ける形も
得意としている。
裏さえ取られなければ守備は堅く、受身の戦いを強いられる場面でも存在感は揺らがない。


フィリップ・ラーム 08~09 WBE03 

マイコンと比べれば身体能力で劣るが、その分こちらは技術面で勝っている。
オーバーラップは直線的なスピード勝負からのクロスだけでなく、技巧的なドリブルでチェックを
かわしながら敵陣に進入し、緩急のあるパス出しで中央を生かすことが可能。
低い位置からは視野の広さを生かした展開があり、バイタルエリアにスペースが生まれれば
突風のように飛び込んでパスを引き出し、豪快なミドルシュートでゴールを奪う。
競り合いと空中戦には不安を抱えるものの、守備力の水準も決して低いものではなく、
安定したスピード対応で幅広いエリアをカバーする。
裏面のプレーエリアは左サイドのみの表記だが、右サイドでも全く落ちることなくプレーできる。

WCCF | 12:00:00 | Trackback(0) | Comments(11)
コメント
左サイドなら、白カードではエブラとアビダルです!

守備力では鉄板です。とにかく堅いです。

右は、ミラン好きの私には、カバーリングスタイルのオッドが何気に離せません。オッドが入ると、今の守備ユニットが安定した守備の塊となります。スタミナも、数値は普通なのにほぼ切れません。
2011-07-04 月 23:27:12 | URL | 初 [編集]
自分もミラン好きですが、あえててオッドではなくアバーテを推薦したいと思います。
まだサイドバックにコンバートされたばかりのシーズンのカード化だったので、そこまで守備には期待してなかったんですが、あれはまさしくいい意味で期待を裏切ってくれました。
期待してなかった分自分の中では今バージョン一の発見だと思います。
2011-07-05 火 00:59:55 | URL | [編集]
GESラームもいいですよ。
攻守の切り替えが早く足も速いため非常に使いやすいです。
シュートは精度、威力ともに素晴らしいし、クロスも正確、更には守備力もあり最高です
2011-07-05 火 10:49:33 | URL | [編集]
ちょっとオフェンシブなパラになっているサイドバックは
FWで使う事が多いので、このランキングには混ざれないですw

とりあえず、ソウマのオフェンス力は想像より高かったです。
2011-07-06 水 02:30:52 | URL | Masato [編集]
今Verの新顔でしたので、グレン・ジョンソンを最初使っていました。

守備力はそこそこ(ザルではない)ですが、突破力は他選手にないものがありました。取られそうなところでボールが足に吸いついて離れない感じです。

そこから効果的なフィニッシュに繋げられる選手構成でなかったのが失敗でしたが・・・
2011-07-06 水 07:51:57 | URL | [編集]
はっきりいって長友やばいよ。
現実さながらの爆走攻撃参加、いつの間にかもどってる守備。
左より右のほうがお勧めです。
2011-07-06 水 22:32:18 | URL | [編集]
左サイド
今verは左サイドを攻められやすいので左サイドバックを記載いたします。
自分はサイドバックを守備に専念して欲しいのでシルベストル、エスキュデが良かったです。
2011-07-07 木 09:16:59 | URL | ベルカンプ [編集]
攻撃参加を利用しない手はない、ということでフォベールを使用しました。
いつの間にかWGまで上がりながらのパス交換、そして切り返してのカットインから角度のない超絶シュート!バーに当たったとしても、二次三次攻撃で崩しのピースとしては欠かせませんでした。
守備もそこそこ出来て、覚醒しなくても輝いていました。ぜひ、オススメです。
2011-07-08 金 16:29:28 | URL | 切札 [編集]
古いカードですが、02-03のゼ・マリアがお勧めです。
長短両方のパス精度に優れ、ドリブル能力もなかなか。
最終ラインより中盤で使った方がいい動きをしたのは秘密です。
2011-07-08 金 23:32:02 | URL | [編集]
今Ver.ではスピードがあればある程度守備もいけますね。
私は攻撃がパッとしないときにSBの配置を開いて攻撃参加させるのが最近お気に入りです。
期待によく応えてくれるのはレオナルド・モウラ、マルコ・モッタあたりです。
2011-07-09 土 11:36:13 | URL | mk [編集]
今回はサイドバックの攻撃参加が非常に強力なので、巷でも例年以上に色々な選手を
目にする機会がありました。
近年、日本人サイドバックの活躍が目立つ分、サイドバック優遇の流れは今後も
続くかもしれませんね。
2011-07-10 日 17:56:56 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。