■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
99~00シーズンのセリエAの話
今回は99~00シーズンのセリエAの話。

次のバージョンでATLEのネドベドが登場するのは既報ですが、これがいつのシーズンの
イメージで出るかといえば、99~00シーズンだと思われます。
ラツィオがセリエA優勝を果たした時で、ネドベドはこのシーズンに中心選手として大活躍。
同僚の面子も豪華で、カードが揃えばやってみたくなるようなチームになっています。

この年の4位まではWCCFでも組もうと思えば組める陣容になので、今回はそれの紹介。



優勝  ラツィオ

 <FW>  シモーネ・インザーギ  サラス

 <MF>  ネドベド  ベロン  アルメイダ  セルジオ・コンセイソン

 <DF>  パンカロ  ミハイロビッチ  ネスタ  ネグロ

 <GK>  マルケジャーニ

 <控え> GK  バロッタ

        DF  ファバッリ  フェルナンド・コウト  

        MF  シメオネ  スタンコビッチ

        FW  マンチーニ  ボクシッチ  ラバネッリ



 システムは4-4-2のダイヤ型で、トップ下にベロンを置く形。
 面白いのは、当時はこの4バックシステムが古臭いと批判の対象になっていたということ。
 当時の監督はエリクソンで、モダンな3バックにすべきという周囲の意見を頑固に拒否し、
 最後まで自分の信念を貫いたと評されてました。
 彼もまたこの優勝で大いに名をあげ、後にイングランド代表の監督に栄転。
 今は2部チームを率いていますが、当時は世界最高の監督とも呼ばれるほどでした。

 WCCF的には中盤が豪華な陣容ではあるものの、その気になればU-5でも組めそう。
 ややディフェンス面が手薄な感じですが、控えも含めたオフェンス面の充実は文句無し。
 マンチーニはこれがラストシーズンですが、ゲームの中では全盛期なのでこれも問題なし。
 特殊連携があることも考えれば、なかなか強いチームになりそうな気配です。


二位  ユベントス

 <FW>  デル・ピエロ   フィリッポ・インザーギ

 <MF>  ザンブロッタ  ダービッツ  ジダン  タッキナルディ  コンテ

 <DF>  ユリアーノ  モンテーロ  フェラーラ

 <GK>  ファン・デル・サール

 <控え>  DF  ビリンデッリ  トゥドゥール  

         MF  ペソット  オリセー  バキーニ  

         FW  コバチェビッチ



 システムは3-5-2で、トップ下にジダン。
 いわゆる魅惑のトライアングルですが、このシーズンはデルピエロとインザーギの不仲説が
 囁かれるなど、崩壊間近の様相を呈していたころ。
 デルピエロの得点のほとんどはPKで、インザーギも後半に急失速して信用を失うなど
 2トップの不調が間接的にラツィオを助けてしまった印象はぬぐえず。
 翌年にはトレゼゲが入団し、インザーギはミランへ去ることになります。

 WCCF的にスタメンを再現するためには、U-5では無理。
 FWの枚数に不安はあるものの、面子は豪華で総合的なバランスも悪くはなさそう。
 バキーニかオリセーを外せば、そのままチームの出来上がり。
 ジダンが手元にあるようなら、一度はやってみたいチームではあります。
 

三位  ACミラン

 <FW>  ジェフチェンコ  ビアホフ

 <MF>  グーリー  アンブロジーニ  ボバン  アルベルティーニ  ヘルベグ

 <DF>  マルディーニ  コスタクルタ  サーラ

 <GK>  アビアーティ

 <控え>  GK  セバスティアーノ・ロッシ

         DF  アジャラ  チャモ  ヴェスト  

         MF  ジュンティ  セルジーニョ  ガットゥーゾ  デ・アシェンティス

         FW  レオナルド  ホセ・マリ  ウェア



 システムは3-5-2で、トップ下にボバン。
 監督は現日本代表監督のザッケローニで、これがミランでの2シーズン目。
 前年度は優勝、このシーズンは3位と戦力相応の結果を出しましたが、翌年はオーナーと対立。
 シーズン途中で解任され、その後はピンチヒッター生活が続くことになります。

 選手に目を向けると、シェフチェンコはこれがミランでのデビューシーズン。
 24ゴールを挙げて得点王に輝き、一躍世界トップストライカーの仲間入りを果たします。
 WCCF的にはこのシェフチェンコを軸に、 前線の豪華な面子を使っていく感じになりそう。
 スタメンには一部に頼りなげな選手もいますが、これらの代わりになる選手が控えにいるので、
 編成を柔軟にいくならさほど問題にはならないでしょう。
 選手を選べばU-5もできるので、結構とっつきやすいチームかもしれません。
 

四位  インテル

 <FW>  レコバ  サモラノ

 <MF>  ゲオルガトス(※)  ディ・ビアッジョ  セードルフ  コウエ  サネッティ  

 <DF>  イバン・コルドバ  ブラン  シミッチ

 <GK>  ペルッツィ

 <控え> GK  フェロン

        DF  パヌッチ  フレージ  

        MF  ユーゴビッチ  パウロ・ソウザ  

        FW  ロベルト・バッジョ  ビエリ  ロナウド  ムトゥ


 
 左サイドのレギュラーだったゲオルガトスは未カード化の選手。
 入団当初は活躍したものの、重度のホームシックにかかって1シーズンで退団してしまいました。

 基本システムは3-5-2で、トップ下には途中加入のセードルフ。
 チーム状態はというと、鳴り物入りで入団したビエリは怪我で稼働率が低く、大怪我から復帰した
 ロナウドは復帰戦で再び長期離脱。
 バッジョは監督のリッピと対立して干され、この影響もあってチームは完全に空中分解。
 この頃のインテルは、こんな感じの優勝できないのがあたりまえのチームでした。
 
 WCCF的には中盤以下が若干薄いものの、FW陣の面子は史上最強クラスの水準。
 怪我でほとんど実現しなかったロナウドとビエリの2トップに、切り札のバッジョとレコバ。
 いつでも全盛期のサモラノまでいるので、得点力不足に悩むようなことは無いでしょう。
 インテルのグダグダを楽しむことはできなそうですが、出入りの激しい爽快感のある
 ゲームが楽しめそうですね。
WCCF | 17:53:46 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
全チーム実は試しちゃったことがあります。

個人的には、ユヴェントスが一番しんどかったですね。

コヴァチェヴィッチをスタメンにするとジダンが活きないのですが
ジダンを軸にチームを作るならラインブレイク前提のチームになり
CKの得点チャンスを生かせないし、ならコヴァチェヴィッチを入れて…orz

という感じ。
ラツィオは前線の爆発力とネスタの守備力、マルケジャー二の扱いやすさで
それなりに結果が出ますし、ミランもサーラさえ覚醒させちゃえばへっちゃら。
インテルに至ってはかなり勝ち星を荒稼ぎした記憶があります。

ユヴェントスは楽しかったんですけどね、勝負弱いアンチェロッティってレッテルを
ゲームでも貼られちゃう気分を味わえる、複雑な気分にさせられたチームでした。
2011-10-01 土 00:18:18 | URL | いんざーぎ [編集]
いいですね~
私も次のチームは、
ロナウド、ジダン、ベッカム、マケレレ、ロベカルに
ジェレミ、カンビアッソ、ソラーリ、エルゲラ、サムエル、モリエンテスなどを集めたレアルを作るつもりでした。

当時(時代に幅はありますが)のチームを思い出しながらやるWCCFは本当にオツなもんですよね。
2011-10-01 土 22:13:28 | URL | NOBU [編集]
ラツィオ黄金期ですね。(借金まみれだけど)
ATLEネドベドを手に入れて、早く試してみたいです。
実際にはもういませんでしたが、ここにシニョーリも加えてあげたい……
2011-10-01 土 22:36:44 | URL | Signori11 [編集]
大逆転優勝のシーズンでしょうか。

インテルは監督が酷かった記憶が…
2011-10-03 月 12:50:12 | URL | ロジマ [編集]
このシーズンは名波がセリエAに挑戦したシーズンでもあるんですよね。
名波がスパレッティに干され、そのスパレッティがシーズン中に二回も首を切られるという
なんともいえないシーズンでした。
そのころの選手も引退組が増えましたし、なんだか隔世の感がありますね。
2011-10-09 日 17:04:43 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。