■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
雑感 その2
雑感、その2。




■シュートボタンのレスポンスが悪くなったような気がしていたが、これは
 シュートのタイミングに関する仕様がより複雑化したためと思われる。
 足元にあるボールの位置、距離によってシュートを打つまでの時間に変化が見られ、
 ベストのタイミングで押すことが出来れば以前の感覚で打てるが、これを
 失敗するとかなり手間取るようになった。
 以前もこうした傾向はあったが、その振れ幅がより大きくなった感じ?がする。

■これはドリブルの時のみならず、トラップからのシュートに関しても細分化して
 複雑になっているように感じる。 
 足元にぴたりと落としたからといってすぐシュートが打てるわけでもないようで、
 これまでの感覚で早めに押していると、シュートをせずにドリブルをはじめて
 しまう場面も目立つ。
 これに関しても、恐らくベストのタイミングでボタンを押すことで解消されるはず。

■また、ミドルシュートに関してもボタンを押すタイミングの重要性が増している。
 以前からこうした傾向はあったものの、今回はミドルの名手といわれるような
 選手であっても、少しでもタイミングを外してしまうと威力のあるものは打てない。
 これもしっかりあわせれば以前のようなミドルを打つこと自体は可能だが、
 わずかの隙に打つようなミドルに威力を乗せることは難しくなった。

■ちなみに、エリア内まで持ち込むと一部(?)の選手はドリブルの幅が小さくなる。
 この状態だとタイミングに関わらず、レスポンス良く威力のあるシュートが打てる。 
 ゴールに対して真正面から向かう形だとあまり恩恵を受けられないが、
 斜めに向かう形だと結構この仕様に助けられることは多い。
 キーパー側からすると、斜めに入ってくるドリブルは正面のものよりも飛び出しで
 防ぎにくく、シュートブロックもしにくい気がする。

■個人能力、特殊能力共に、成長の壁にあたっている選手は視覚的にわかるようになった。
 そうした選手たちはグラウンドやミーティングルームで、悩んでいるような様子を
 見せていたり、手招きをしてこっちを呼んでいたりする。
 ラウンジでは仲の悪い選手同士が険悪な雰囲気でいることがあり、これを呼び出しすと
 連携UPイベントが起きる。

■特殊チームスタイルの効果が大きくなった気がする。
 Verを跨いで使っているチームで発動するいくつかのものは、以前よりも更に尖った
 効果が見られるようになった。
 特にキープレイヤーに影響が出るタイプのものがわかりやすい。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 10:36:35 | Trackback(0) | Comments(9)
コメント
うーん。興味深いですね。
確かに、同じ選手でも威力のあるシュートもあれば、あまり威力のないグラウンダーのシュートになることもあります。
(ただし、入るか入らないかは、また別の気がします。威力のないグラウンダーだから入らないというわけでもなさそうですね)

タイミングは気にしていませんでしたが、面白そうだなと思いました。試してみます。
2011-11-15 火 00:04:37 | URL | [編集]
チームの登録画面でKPの説明がでるようになりましたね。
2011-11-15 火 06:11:47 | URL | パ・レルモン [編集]
チャレンジマッチでドローだったけど,☆5になりました。
2011-11-18 金 12:16:22 | URL | [編集]
今の時期、色々試しながら遊ぶのがとても楽しいです。
シュートのタイミングはだいたいつかめましたが、いざとなると焦ってしまって
うまくいくかどうかは別問題ですね。
2011-11-19 土 00:09:06 | URL | マメーデ [編集]
今日、1週間ぶりにけりました。
何だか随分感触が変わりました。
初期なので補正入ることもあるかと思いますが、明らかにテクニカルな選手のフェイントなどの種類・精度みたいなのが上がってました。
特にマラドーナとカカに見られました。
感覚プレイヤーなので、割と過敏なんですが気のせいかも知れません。
近日また試してみたいです。
とは言っても先週はちょっとしかやれてないからなぁ^_^;
2011-11-26 土 00:18:52 | URL | 初 [編集]
今日少しやってみました。マラドーナのいかにもゲーム的な技も見ることができましたが、選手の変化は検証しきれませんでした(-_-;)
また、GKがエリア外までガツガツ走って出て来ることによりシュートコースが塞がれ、タイミング悪ければ別ですが、結構な確率でゴールを避けられることを随分見ました。
ただやっぱり大きく蹴りだしてクリアすることができないことも多く、右往左往てしまうとゴールマウスには戻るスピードが遅く、結局決められる情けない姿も見ました。
改善点はありますね
2011-11-26 土 22:24:31 | URL | 初 [編集]
今日の感想。
トップ下のボール奪取力が一層侮れなく、大事なポジションのように感じました。
勿論ワイドなサイド攻撃に必須とは言いませんが、昨今の中央突破の流行りが、それを裏付けているとも言えます。
3トップにトップ下の構成の中央からの怒涛の攻めにはいかんともしがたいものがありました。
まだまだいろいろ要素があって、とても楽しめます。
2011-11-28 月 00:53:15 | URL | 初 [編集]
自分は今回、例年よりも苦戦気味です。
一番苦慮しているのがカウンターに対する守備で、一部のチームスタイルに
頼る以外に効果的な対処法が見つけられていません。
全部のチームにそれをいれるわけにもいかないので困っています。
2011-11-29 火 17:45:02 | URL | マメーデ [編集]
有効なスタイルとは守備的なものでしょうか。
確かに尖った分、早いパス回しからのスルーパスやカウンターは厄介ですね。
私は守備的なスタイルではアンチスピードスターを頼みにしてきましたが、今回は加速するかのようなドリブルには通用しない場面が多く、数少ないブロック系で切り抜けています。
やられることをやり返せないところが皆さん凄いところです。
今回は沢山ネットワーク対戦で鍛えたいと思います。いろいろ試しがいがありますね
2011-11-29 火 23:47:01 | URL | 初 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。