■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
簡易版使用感 その2
簡易版使用感 その2.




■ロベルト・アジャラ (04~05)

 柔と剛、巧さと強さの使い分けが非常にうまく、対応できるシチュエーションが広い。
 抜群のポジショニングと落ち着きのある対応で穴を作らず、無理の必要な場面だけに
 無理を通していく判断力が素晴らしい。
 個人でできる限りのことはやってくれる印象で、それでも駄目なときには諦めもつく。
 難点はややファールが多めなところだが、これを差し引いても、現Verになってから
 起用してきたセンターバックの中では断トツで頼りになる。

■ロン・フラール (06~07)

 長身でパワフルだが、そこそこのスピードも兼ね備えたセンターバック。
 パスに強く、クロスにもまずまずの強さがあり、数値から受ける印象以上に頼りになる。
 横の動きよりも縦の動きが目立つタイプで、前にせり出しながらのインターセプトが
 カウンターに最適な位置関係を作り出していることも多い。
 問題はそこからのパスが雑なところと、アジャラ以上の荒っぽさ。
 カードをもらう場面も多く、ときどき退場させられてはゲームプランを狂わせてしまう。
 
■ハリド・ブラルーズ (06~07)

 こちらは人に対して強く、地上戦に限ればその強さはトップクラスにも引けを取らない。
 パワフルかつ荒々しいタックルで敵の攻撃を粉砕し、激しいフィジカルコンタクトで
 アタッカーを弾き飛ばしてボールを奪う。
 強引にボールを奪う力がある一方、カバーリングの質もまずまずとバランスも良好。
 難点は上記の二人以上に荒っぽいディフェンスで、結構な頻度で一発レッドの退場もある。
 同時に相手を病院送りにすることも多く、何かと釈然としない気持ちにさせられる。
WCCF選手カード使用感 | 23:46:03 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
これを見て、久々にアジャラ入れてみます。
動き回るからLE含めてスタミナがイマイチなのがマイナスなイメージで敬遠してました。
さて、今回どうかなぁ
2011-11-21 月 23:40:47 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。