■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: マルコ・ファン・バステン 後編
10~11Ver選手カード使用感。

今回は ファン・バステン 後編。



■特殊チームスタイル「聖マルコ」の発動とともに、そのプレースタイルは一変する。
 これまで、特殊チームスタイルによって特徴がより際立つような選手は見てきたが、
 そのプレースタイルがこれほどまでに変わる選手は見たことが無い。
 ここに至ってようやく史上最高のストライカーとしての本領発揮といった感じだが、
 逆に言えばそれほどまでに成長依存度が高いと言えるかもしれない。

■最大の変化は、各種のプレー精度と局面の判断力が大きく向上すること。
 これによってこなせる役割の幅が広がり、調子の上がらない試合でも最低限の仕事が
 できるようになるなど、扱いやすさや安定感も大幅に改善された。
 また全体的なプレースピードも高まり、ドリブルやシュートモーション、動きながらの
 ファーストタッチなど、様々な動作がコンパクトになっているのを感じる。
 狭いスペースでもたついてしまう場面も減り、わずかな猶予の間に勝負を決める力は
 大きく高まった。
 プレースタイルはフィニッシャー専任型から万能型ともいうべきものへと変化し、
 ゴール前での幅広い形でのアシストのみならず、低い位置で組み立てに参加することも
 できるようになった。

■個々のプレーに目を移すと、様々な局面でのボールコントロールの向上が目に付く。
 ひとつひとつのボールタッチが非常に細かくなり、これに伴ってドリブルの精度や
 キープ力が大きく改善され、独力での打開にも期待できるようになっている。
 ドリブルはコース取りで勝負するタイプだが、より細かく刻むようになったことに加え、
 足技の頻度が増したことで二人、三人と抜くことも不可能ではなくなった。
 トラップはこれまで以上に精度を高め、鋭いボールも足元に置くようにピタリと収まる。
 足元からボールが離れない恩恵はシュートにも現れ、思いがけず足元に入ったときや
 混戦時など、とっさにタイミングを取ることが容易になっている。
 様々な場面で質の高いキックを蹴ることができるため、実質的な得点率も大幅に高まった。

■これらに加えて、元来持っていたストライカーとしての特性も更に強化される。
 ゴール前での動きはいっそう鋭さを増し、タイミング良くスペースに飛び込む動きは
 しばしばマーカーを完全に置き去りにしてしまう。
 縦に速いスルーパスに対して同調する場面も増え、飛び出してくるゴールキーパーの
 脇を抜くようなシュートでゴールを陥れる。
 パスを呼び込み、足元に収め、ボールの芯をとらえてシュートを打つという一連の動作の
 すべてが精度を増しているため、わずかの差でチャンスを逃してしまうような場面は
 大きく減少している。
 こぼれ球に反応する嗅覚と詰める動きも切れ味を増し、押し込むだけのゴールも増えた。

■ターゲットマンとしての信頼度も大幅に高まり、ロングボールをマーカーに競り勝って
 懐に収められることが多くなる。
 常時せわしなく動いて有利なポジショニングを取り、空陸からの妨害を巧みにいなして
 ボールを自らのものとし、次の瞬間には反転からの一歩目で振り切りにかかる。
 クロスボールに対して高さを生かせる機会も大幅に増え、重量級のセンターバックや
 ゴールキーパーにもヘッドで競り勝つ場面も見られるようになった。
 多彩なダイレクトシュートの数々は健在で、前後左右へとダイナミックに動きながら
 ボールをとらえ、鋭い振り足のキックをあわせてゴール隅へと流し込む。
 アクロバティックなシュートの頻度も高くなり、しばしば生まれる豪快なゴールの数々が
 見るものの目を楽しませてくれる。

■ポストプレーの質とアシストのセンスも大きく向上する。
 キープ力とロングボール処理の向上に加え、以前にも時おり見せていたアイディアに
 富んだパスの頻度が高まり、思いもかけない形で味方のゴールをお膳立てする。
 低い位置で持てばシンプルな左右への捌きと運ぶドリブルを使い分け、ゴールまでの
 起点として存在感を発揮することもできるようになった。
 ドリブルの向上によってスペースへ持ち出せる機会も多くなり、サイドに開きながら
 中央へグラウンダーのクロスを折り返す場面も増えた。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 16:29:59 | Trackback(0) | Comments(10)
コメント
「聖マルコ」が上手くいっておらず、あきらめていたので、新しいフォーメーションを試したくなりました。。。
2011-12-24 土 17:39:06 | URL | [編集]
自分も
自分もMVPメッシを生け贄にファンバステンを召喚してきました!!

ジェラードとスナイデルで組ます予定です!!

早く聖マルコにしたいです!!

いつも参考になる使用感ありがとうございます!
2011-12-25 日 07:50:30 | URL | [編集]
そんなに
良くなりませんでしたよ。

後ろからのロングボールを反転突破が少し増えるくらいかな。
2011-12-25 日 13:25:14 | URL | シェバ [編集]
聖マルコにすると、ファンバステンのオフェンスとパワーが25になったかのように強力になりますね。
特にセットプレイでゴールゲットする確率が目に見えて上がりました。
巨大を空中に寝かせてのボレーがよく見られるようになります。
2011-12-25 日 19:34:02 | URL | サンマメス [編集]
私も聖マルコにしましたが、パスの受け方がよくなった気がします。
フリーで受けたり、マーカーがついてても
シュートまでもっていけやすくなりました。
2011-12-25 日 23:11:17 | URL | たか [編集]
こんなにべた褒めのマメーデさんも珍しい^_^;
自慢気というか満足げ?

ホントに羨ましい…
私はクライフのチームスタイル真似て、別な選手で試すもののうまく機能せず。尖ったのは面白いが、やっぱりファンバステンいいなぁ。
2011-12-26 月 23:20:55 | URL | 初 [編集]
聖マルコ
対戦して、身をもって、その横暴なまでの強さを味わいました。パワフルでダイナミックな動き。何よりあの決定力!
正にコンプリートな選手ですね^_^;
2011-12-31 土 20:16:40 | URL | 初 [編集]
序盤から中盤まで、とにかく扱いづらい選手といった印象でした。
そんな感じで印象派良くないんですが、点だけはやたらと取り巻くって居ました。
もう少し底がある選手な気がするので、一年くらいかけて使って見ようと思っています。

2012-01-02 月 17:17:01 | URL | マメーデ [編集]
レアスタイルで化けるのを実感しました。
別な選手ですが。
これまでは主に個人☆で決まっていたような実感がありましたが、聖マルコ含め、あそこまで自分(回りも?)の動きが変わるものかと思いました。
チームスタイル発動で化け幅の大きい選手を調べてみたくなりました
2012-01-15 日 00:04:11 | URL | 初 [編集]
レアチームスタイルの効果は以前よりも全体的に大きくなっていますね。
デルピエロの「無限の輝き」なんかも劇的な効果があります。
2012-01-18 水 00:35:42 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。