■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: ナイジェル・デ・ヨング
10~11Ver選手カード使用感。

今回は デ・ヨング(06~07)




ナイジェル・デ・ヨング 06~07 口 No.216 ハンブルガーSV

 ポジション MF
 身長 1m74cm
 体重 72kg
 国籍 オランダ
 能力値 10・15・13・16・15・14 (83)
 スキル シャットダウン
 連携グループ E
 チームスタイル ディフェンシブセントラル


■特定の選手をマークしながらカバーもこなす、中盤の底からリズムを作り出す術も持つ、
 と紹介文にはあるが、実際にはもっとシンプルな選手という印象。
 サイズこそ大きくはないが力強さとスピードを兼ね備え、中盤の底にあってキーマンを
 試合から消し去ることに長けている。
 しつこく粘り強いマークが持ち味で、まとわりつくポジショニングで敵の自由を奪い、
 まともに前を向かせることなく仕留めてしまう。
 相対しての一対一にも強さを発揮し、軽率に飛び込むことなく相手を自分の間合いに
 誘いこみ、そこからの正確かつパワフルな寄せでボールを奪いとっていく。
 典型的なアンカーとも言うべきプレースタイルで、要所で守備的な役割を期待するほうが
 特性を生かすことにもつながる。

■守備範囲はどちらかといえば狭めで、幅広いエリアのカバーはあまり得意ではない。
 気の利いたポジション調整は望めず、横の動きも目立たないが、その分無駄な動きも
 総じて少ないものとなっている。
 所定のポジションを空けることが少なく、豊富とはいえないスタミナを温存することが
 できるため、使い方しだいで評価は大きく異なってくる。

■ボールを持てば無難に繋ぐパスを選択する場面が多いが、それなりの頻度で縦に素早く
 持ち上がるドリブルも見せ、孤立する前にさばいてしまえる技術もある。
 紹介文ほどに展開を助けている様子は感じられないが、シンプルなショートパスは
 受ける味方に優しく、速いパスを基調とするチームの中でも浮くことがない。
 攻撃面での派手なプレーとは縁遠いタイプだが、ごくまれにミドルレンジからの
 縦一本のパスがアシストを記録することもある。

■旧職のセンターバックとしても優秀で、一対一の強さはストッパーとしても生きる。
 空中戦は得意ではないものの、足の速さを生かした地上戦の出足は非常に鋭く、
 格上のスピードスター相手にも簡単には抜かせない。
 ここでも守備範囲の狭さは気になるが、クイックなタックルと競り合いの強さを駆使して
 最後の一線を粘り強く守り、本職顔負けの阻止率でチームに貢献する。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 23:55:10 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
現実だとラフプレーが多いんけどゲームでは違うんですね~
2012-01-05 木 14:00:25 | URL | バルサミコ [編集]
ラフプレーは意外と少なめな印象でした。
HSVのころのカードなので、当時は今よりもおとなしかったのかもしれませんね。
2012-01-16 月 21:54:20 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。