■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: ユウト・ナガトモ
10~11Ver選手カード使用感。

今回は ナガトモ (10~11 インテル版)



ユウト・ナガトモ 10~11 No.214 インテル

 ポジション DF
 身長 1m70cm
 体重 68kg
 国籍 日本
 能力値 12・12・12・15・16・19 (86)
 スキル 驚異的なダッシュ力
 連携グループ E
 チームスタイル アンチスピードスター

■驚異的な身体能力と、左右をこなすユーテリティ性を備えた日本代表サイドバック。
 このインテル版はJT版と比べてDEF値が1低く、POW値が1高く設定されている。
 そのためか、どちらかと言えば守備より攻撃のほうに特徴があり、積極的な
 オーバーラップから数多くのチャンスに絡むことができる。

■攻撃参加の意識は非常に高い。
 サイド攻撃を指示するやいなや、猛然と駆け上がって中盤の選手を追い越していく。
 タイミングやボールの引き出し方で勝負するタイプではないが、とにもかくにも
 サイドの高い位置に張り出し数的優位を生むことでチャンスは作り出せる。
 オーバーラップ後の帰陣も迅速ではあるが、敵陣深くまで上がることが多いため
 裏のスペースを使われてしまう場面も目立つ。

■ここぞという場面での攻撃的なディフェンスも武器で、アタッカーの先手を取る形で
 トラップ際を強襲し、抜け目なくボールを奪い取るプレーが得意。
 高い位置から仕掛けるインターセプトが目立ち、この勢いのままに突き進むドリブルは
 抜群の破壊力を備えている。
 前がかりになった敵陣サイドのスペースを独走し、カバーリングをスピードで振りきり、
 深くえぐりきって力強いクロスを中央の味方へ放り込む。
 クロスは種類こそ多くは無いが精度や弾速は申し分のないもので、カウンター局面では
 高確率で得点に結びつけることができる。
 また縦に入れるパスの精度、シュートの威力や精度も悪いものではなく、総合的な
 攻撃力はサイドバックとして満足できる水準にある。
 
■サイドの番人としての守備力は、諸々の要素を総合すると合格点ぎりぎりといった感じ。
 速さと強さは申し分なく、粘り強く寄せる一対一はトップクラスのアタッカーも封じ込める。
 内側のカバーをすべき局面では迅速な対応が期待でき、判断の正確さもなかなかのもの。
 一方で前述した攻撃的なディフェンスがかわされ、一転ピンチを招く展開も多いほか、
 ところどころでポジショニングに甘さが見られるなど課題がある。

■身長の割りには空中戦にも強さを見せるが、クリアボールが中途半端になるのは難点。
 遠くに弾き返しきれず、危ないエリアでボールを拾われる場面は多い。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 19:17:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。