■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
レアチームスタイル考察 第四回~チキータ
レアチームスタイル考察、四回目。

今回は 「チキータ」



【今回起用した選手】
 クリスティアーノ・ロナウド (10~11 WSA)

【発動条件】
 上記の選手の特殊能力を最大(星五つ)まで上げ、キープレイヤーに指定する。
 チームグラフのオフェンスと支配を最大(『震撼』状態)まであげる。

【チームスタイルの効果】
 キープレイヤーだけでなく、チーム全体のシュートに関する能力が向上する。
 特に顕著なのはシュートパターンに関する変化で、ヒールキックやアウトサイドキック、
 トーキックといった、普段はあまり目にしないモーションの使用頻度が上がる。
 コースを狙う精度も向上しているようで、キーパーに当ててしまう場面も減る。
 
 チーム全体のオフェンス面に関するプレー精度がやや向上する。
 チームが全体的に前がかりになり、攻守両面で積極性が増す。

【デメリット】
 攻撃的なチームスタイル特有のデメリットもある。
  ⇒攻撃的チームスタイルのデメリット
 
【総評】
 基本的な影響はシュート周りのみなので 効果自体は非常に限定的といえる。
「ダイレクトシュート重視」、「ミドルシュート重視」という名のチームスタイルが他に
 あるとおり、点で合わせるセンスやシュートの威力には効果が見られない。
 チーム全体への影響はあるように思われるが、それも随分とマイルドなもの。
 積極性の向上による前線守備の強化に関しても、これ以上に大きな効果を感じるものは
 他にいくつもある。
 もともとキープレイヤーの能力がトップクラスなわけで、その意味でも細部の効果を
 しにくいチームスタイルになってしまっている。
 
 一方、面白いのはメリットが薄く感じられる反面、デメリットも少なく感じられること。
 もちろん確実にディフェンダーやキーパーのミスは見られるのだが、その頻度は
 他の尖ったチームスタイルをベースにしたものと比べ明らかに低い。
 尖った反対側はへこむという法則性にのっとるならば、このチームスタイルは尖りが
 小さいぶん、へこむほうも小さいということだろうか。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
はじめまして。いつも楽しみに読ませてもらってます。EMVPのC.ロナウドのチームスタイル紹介して欲しいです!
2012-05-15 火 09:55:54 | URL | オコ [編集]
もしバージョンアップしてから印象変わっていれば、ベストイレブンのメッシ用とも言えるかも知れませんね。
シュート重視がポイントだけでなく攻撃時に使用しやすくなればかなり様相が異なってきそう
2012-05-19 土 23:30:53 | URL | 初 [編集]
次Verではいくつかのチームスタイルが統合されるようですが、個人的には
良い判断なんではないかと思います。
明らかに効果の薄すぎるチームスタイルとかもあったので、それらが改善されて
選択肢が増えるのは歓迎すべきことだと思います。
2012-05-24 木 23:55:19 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。