■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: シャビ・アロンソ
10~11Ver選手カード使用感。

今回は シャビ・アロンソ (05~06)



シャビ・アロンソ 05~06 口 No.44 リバプール

 ポジション MF
 身長 1m83cm
 体重 75kg
 国籍 スペイン
 能力値 15・10・17・16・14・15 (87)
 スキル ビッグアーチ
 連携グループ E
 チームスタイル ロングパス重視

■これがカード化された時期には欧州でも既に名の知れた存在となっていたが、それでも
 現在のものと比べると完成度では大きく落ちる印象。
 力強く正確なキックを持ち味とする点は変わらず、定評のあるロングレンジのフィードが
 最大の武器であるのも同じだが、全体的なプレーの安定感や守備面に課題が残っている。

■中盤の低い位置からチャンスを作れるゲームメイカーであり、ロングレンジのパスを
 ワイドに展開してサイドからの決定機を導き出すことができる。
 プレッシャーをいなす技術には向上の余地があるものの、フリーでボールを持てば
 遠方の味方へぴたりと合わせる。
 ショートパス主体だと良さが生きない部分はあるが、細かい繋ぎもそれなりにこなしつつ、
 一発で局面を変える力には抜群のものがある。
 
■守備は精力的にこなすが、ポジショニングや寄せのタイミングは良くない。
 激しく寄せて守るタイプで当たりは強い部類に入るが、寄せ方のまずさから予想外の
 競り負けも多く、アタッカーにプレスをいなされてフリーしてしまう場面は多い。
 高い位置でのプレスでは良いところも見せるが、パフォーマンスの質が安定しないため、
 中盤守備の要として使うには安定感に欠いている。

■積極的に前線へ飛び出す意識もあり、高い位置でボールを引き出せば強烈なミドルで
 ゴールを脅かすだけでなく、気の利いたラストパスも出すことができる。
 サイドに流れて持ち上がる場面では力強さを発揮し、高速のクロスやサイドチェンジで
 ファーサイドの味方を生かす。
 攻守両面でよさを生かすためにも、やはりセンターハーフが向いている。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 19:09:53 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こちらのカードもバルセロナ+αのチームで愛用しています。
アンカーにセナを置いて、私もセンターハーフで使っています。
ドリブルを選択したときはことごとく相手に止められ、DFでは振り切られる場面が目立ちますが、当たり負けはあまりないのがいい点でしょうか。
アンカーとしては使えないので、低い位置からのロングパスをさせたいのであれば守備的な相方と組ませるのがいいと思います。
以前のバージョンではトップ下起用にも答えて質の高いラストパスも出してくれていましたが、今回のバージョンでは起用していないためわからないです。
スタミナもフルで出すには心もとないですね。あと、疲労も結構蓄積しやすいように感じます。
2012-06-13 水 23:36:30 | URL | ぼーる [編集]
このカードの不満なところを、WMFだとかなり解消している印象です。
両方とも同様の戦力グラフで特殊チームスタイルになるので、併用するのも
いいかもしれません。
2012-06-18 月 22:09:33 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。