■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ロケテにいってきた話 その2
前回に続いてロケテの話。

今回は 『試合前』 の話。


■ゲームを開始してまず最初、マケレレとジェラードが廊下で声をかけてくるイベント発生。
 黄金連携リーチ直前の選択肢が出て、これに正解するとリーチが成立する。
 これは黄金連携リーチ直前のコンビがあると高確率(あるいは確実に)で発生するもよう。
 ちなみに、このイベントは通常のコミュニケーションの回数にカウントされない。
 実質的にコミュニケーション回数がふえたようなものであり、非常にお得なイベント。

■画面表示は全体的にすっきりして洗練されたが、代わりに個々の表示が小さくなった。
 文字やデータ画面の選手グラフィックまで、様々なものがコンパクトになっている。
 これにより、サカつくっぽい画面から何やらPCゲームっぽい画面になった印象。

■ゲーム中の様々なデータは、データボタンを押すことで見ることができるようになった。
 このときに開くデータ画面ではチーム全体の個人能力、特殊能力、連携を別々に見られる。
 また、これまで通りの選手別データも相変わらず残っている。

■コミュニケーションの残り回数が表示されるようになった。
 マネージメント画面のトップ、コミュニケーション欄の横にある数字で確認できる。

■気になるチームスタイル関係はこんな感じになっていた。

>初期はキープレイヤー指定なしで、この状態でのチームスタイルは守備重視(C)。
 ちなみに今回使ったチームはディフェンスが震撼していた。
 今まではチームスタイル無しでもそれなりに戦えたが、今後は厳しくなりそう。

>この状態でキープレイヤーを指定すると、それに応じてチームスタイルが上書きされる。
 チームスタイルは攻撃、守備、補助と3つの種類があって、キープレイヤーを指定すると
 それぞれに対応したものが上書きされていく形になる。

>要はRPGの装備のような感じで、攻撃、守備、補助のスロットがあると考えれば解りやすい。
 また、これに伴ってキープレイヤーが最大で3人まで同時に存在するようになった。
 攻撃、守備、補助それぞれのキープレイヤーが同時にフィールド上で存在できる。

>例えば「ハイタワー」が攻撃、「ディレイディフェンス」が守備、「降臨」が補助なので、
 「ハイタワー」+「ディレイディフェンス」+「降臨」という組み合わせが出来る。
 この状態で「ラインブレイク」(攻撃)の選手を新たに指定すると、「ハイタワー」に
 上書きされ、「ラインブレイク」+「ディレイディフェンス」+「降臨」となる。

>レアチームスタイルはそのまま引き継がれている。
 これも「デルピエロゾーン」なら攻撃、「挟撃」なら守備といった具合に、ベースとなる
 チームスタイルと同じスロットに付けることになる。

>いくつかのチームスタイルが統合され、その結果新しい名称のチームスタイルができた。
 例えば「アンチコンビネーション」の場合、今後は「プレスディフェンス」になる。
 ちなみに10~11までの「プレッシング」も「プレスディフェンス」になっている。
 他には「ロングカウンター」、「ショートカウンター」、「ダイレクトプレイ」の三つが
 統合されて「ダイレクトプレイ重視」になるなど、全体的にかなり手が加えられている。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 16:59:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。