■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
買ったシングルカードで振り返るWCCFの歴史 その6
WCCFの歴史を振り返る企画、5回目。

今回は02~03 Ver2.1の話。



■EXカードの登場

ATLEに色々な意味で白けた自分は、しばらくWCCFから離れていた。
この間も格ゲーをやりにゲーセンには来ていたが、既にWCCFに未練は全くなかった。
そんな状態から戻ってきたのは、雑誌と連動してはじまった新企画に心惹かれたからだ。

         WCCF 02-03 付録 黒 カズヨシ・ミウラ

今でこそ毎月のようにEXカード付きの本が出るが、もとをたどればこれが最初である。
初の雑誌付録という試みに加え、付いてくるのがカズとなれば、これは買わずにいられない。

この雑誌付録という企画は大好評だったようで、自分が夕方に八王子へ探しにいった時には
すでにどこの本屋の店頭からも消えてしまっていた。
どうしてもカズが欲しい自分はそこから散々歩かされ、駅から大きく離れて奥まったところの、
お爺さんとお婆さんが趣味でやっているようなコンビニで手に入れた。

さて、このEXカード、今の雑誌付録のように、買ってすぐに使えたわけではない。
手元に来てから実際にゲームで使えるようになるまで、確か4ヶ月くらい待たされた記憶がある。
どころか、カズのついてきた雑誌に『次のバージョンアップから使えるようになります』的な
ことが書いてあり、それによって次のバージョンアップを知ったほどである。


■Ver2.1の思い出

Ver2.1で追加されたレアの面々は、2.0の面子と比べるとはるかに地味である。
一番の目玉はLEカズであり、他にこれといった選手は数えるほどしかいない。
そんな感じの影の薄い追加カードたちだが、例外的に強い印象が残っているのがこの選手だ。

          wccf-0203-ATLE/28-FW レア 【03FW/ATLE】ルーベン・ソサ

なんとこのソサ、バージョンアップ前から普通に排出されていた。
Ver2.1が稼動する2ヶ月くらい前から、巷に流通するVer2.0のパックの中にまぎれこんでいて、
何食わぬ顔で普通に排出されていたのだ。
当然これは大きな話題になり、初物のソサはオークションで8万円くらいの値がついた。
もっともゲーム内ではレコバとの特殊連携があったくらいで、取り立ててインパクトのある
活躍をしたわけではないようだ。

ちなみにこのソサ、既にデータは入っていたようで、引いたらすぐに使えたらしい。
メーカー側の手違いということで謝罪文も出たのだが、今でもこれは意図的な話題づくりでは
なかったかと疑っていたりする。


■Ver2.1のゲームバランス

実のところ、この時期のゲームがどうだったかはよく覚えていない。
とりたてて印象に残る選手や印象に残る戦術など、何ひとつ思い出すことができない。
相対的なものだろうが、それだけゲームバランスが良かったのかもしれない。
実際に、この時期が最も面白かったという声は今でも聞かれる。

また、この時期にも結構な高額カードを買った。
こうした高額カードを買うほどにモチベが回復していたところをみると、この時期の
バランスには自分も満足していたのではないかと思う。

パヴェル・ネドヴェド (MVP)  9000円

          ネドヴェド WCCF 2002-2003VER.2.0 MVP ユベントス MVP1/2[疾風怒濤]

買ったのは中野のレンタルショーケース。
まだ秋葉原に店舗を構える前のマロンの隠れ家で購入した。
立ち寄った時はちょうど商品整理の時で、直接声を掛けて買ったら1000円おまけしてもらえた。
これに前後してMVPトッティも10000円で買ったが、これは不慮の事故で川底へと沈んだ。

そうこうするうち、東京を引き払って実家に帰ることになり、またしばらくWCCFから離れた。
再開するのはVer2.1の末期、実家の近くのセガワールドにWCCFが入ってからになる。
この時期には既に04~05の情報がでていて、まさに渡りに船のタイミングだった。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 16:52:23 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
2.1のカードといえば
MVPネドヴェドってこの頃には
9000円まで下がっていたのですか?
知り合いから聞いた話では2.0稼動当初には
MVPトッテイともども10万円ぐらいしたという話だったので
1年近くで10分の1になったわけですね。
ちなみに自分はMVPトッテイを1年ぐらいまえですが
半額セールをやっていた店があったのでそこで3500円で買いました。
2.1のカードといえばLEカズの他にはLEエルゲラが結構な値段
(2000円前後)がついていますね。
なぜでしょうか?
ATLEではラドチョウが気になります。
次の11-12では連携のダウンがなくなるので
一回使ってみようかなと思います。
2012-09-08 土 22:01:32 | URL | KBOY [編集]
カズのカルチョは本当に売ってなかったですよね。
僕もコンビニで見つけました。
2012-09-08 土 22:59:54 | URL | イルレタ [編集]
2.1!
私が始めたのはこの時だ!^_^;
エルゲラは高くなると思って、ダブリを売らないでいたのを思い出す

確かに2.1はショボかったかも知れない



LEカズがなかなか手に入らなかった時期だけに、当時の黒の人気は凄かった。
あれほどの特殊ゴールモーションが準備されていたのだから
正直、得点取られても、良い意味で痺れたのを思い出す…
2012-09-09 日 00:03:38 | URL | 初 [編集]
>2.1のカードといえばLEカズの他にはLEエルゲラが結構な値段(2000円前後)がついていますね。

レアルマドリード、一世代前のスペイン のキープレーヤー
白もあって連携作りやすい
DF~CMFまでユーティリティに使える

とりあえず思いついたのはこんな感じです。
2012-09-10 月 03:28:48 | URL | [編集]
URLさん丁寧に答えて頂いてありがとうございます。
確かに当時のレアルマドリードの中心選手の一人でしたからね。
そう考えると納得がいきますね。
2012-09-10 月 22:11:57 | URL | KBOY [編集]
この時期、ATLEコンセルとMVPトッティでトレードしました。
どっちを出してどっちを貰ったかは秘密・・・。
2012-09-11 火 13:02:48 | URL | カリッソ [編集]
WCCFで初めてトリッキーなプレイを見たのが、このVer.でしたね。
MVPトッティからのスルーパスを受けたフォンセカが、DFをヒールリフトでかわしたのは当時、非常にショッキングでした。
但し、フォンセカゆえに、ヒールリフトで浮かしたボールを思いっきり吹かし、宇宙開発シュートにしてしまうことで、ヒールリフトの興奮をすべてぶち壊してしまいました。

近年のクリロナやメッシ等が当たり前にマルセイユルーレットやシザースをする姿を見ると、テクニカルなプレーのバーゲンセールと思ってしまいます。
2012-09-14 金 19:30:08 | URL | ステッペンウルフ [編集]
私がWCCFを始めたのは、このバージョンからですね。
今でこそ、カードも安くてたくさん出回り攻略情報も雑誌に掲載される様になりましたが、この頃のWCCFは初心者に対して『鬼』の様に厳しかったですね。
まず、攻略情報が雑誌にほとんど掲載されておらず、特に連携グループに関する情報が全くないので、どうやって連携線を繋げたらいいのか首をひねりまくりましたね。
次にラヴァネッリといった強カードが高額で買うのが大変で、しかも流通量が少ないので扱うお店を探す所から始めないとどうしようもない。
さらに、対人戦の場合はカード資産が格差が今以上に激しく相手チームのFwがウェアにロナウドで、こっちはユリアーノやザンキで止めなくてはならないとか、どうしようもなかったですね。
結局、攻略サイトで調べたりとか、安くて使えるカードを模索したり、強カードをコツコツと揃えたりとかして続けていきましたね。
2012-09-23 日 10:47:57 | URL | たろすけ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。