■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
買ったシングルカードで振り返るWCCFの歴史 その7
WCCFの歴史を振り返る企画、7回目。

今回は04~05の話。




■04~05の思い出

01~02を除けば、04~05はWCCFにとって最も革命的なシーズンと言っても過言ではない。
それまでの舞台がセリエAに限定されていたのに対し、04~05では欧州四カ国に広がった。
その後の拡大路線が定まったシーズンであり、これがあったことでWCCFはゲームとしての
寿命を大きく伸ばすことができたと言える。

04~05Ver最大の魅力は、何といっても一新されたカードたちである。
従来のカードセットはセリエAのプロビンチャが半分ほどを占める、いうなれば非常に地味な
ものだったのだが、これがいずれも劣らぬ名門や古豪など豪華絢爛なクラブチームたちへと
一気に置き換わったのだ。

名前も聞いたことのないイタリア人だらけのゲームから、CLクラスのトップレイヤーが集う、
名実共にワールドなクラブによるチャンピオンのフットボールへ。
この時の感動は、やはり味わったものにしか解らない部分があると思う。
1ゲームを終え、最後に出てくるカードのほぼ全てが新顔という贅沢なシチュエーションも、
もう一度WCCFがはじまったかのような胸の高鳴りを感じたものだった。
稼動初日、ギグスの黒とイブラヒモビッチの黒を隣席のプレイヤーと交換したのは、
今となっては懐かしすぎる思い出だ。


■04~05も

04~05Verのレアカードは、MVP2種を除けば全てがワールドクラス系のものである。
今では完全に食傷気味となってしまったワールドクラス系のレアも、当時は極めて新鮮であり
何割り増しにも光り輝いて見えたものだった。
面子はいずれ劣らぬ真のワールドクラスばかりで、その名に恥じぬものだったといえる。

そんな感じで、04~05Verのワールドクラス系のレアは非常に魅力的だった。
魅力的であれば引くしかないが、引けないならば買うしかない。
当時は実家の近くにカードショップはなかったので、ネットショップを使うことを覚えた。


ルート・ファン・ニステルローイ (WST)  5000円

      WCCF 04-05 WST ルート・ファン・ニステルローイ
 
パトリック・ヴィエラ (WMF)  4000円

      WCCF 04-05 WCN パトリック・ビエラ

クロード・マケレレ (WMF) 3000円

      wccf-0405-WCN3-MF レア 【05MF/WCN3】クロード・マケレレ

ズラタン・イブラヒモビッチ (WST) 2500円

      WCCF 04-05 WST ズラタン・イブラヒモビッチ


ビセンテ・ロドリゲス (WSA)  3000円

      WCCF 04-05 WSA ビセンテ・ロドリゲス


ちなみにこれらのうち、買った後に引いたカードが4枚ある。
これがいわゆる巷説にいう、買ったら引くの法則というやつだろうか。
これらを我慢してMVPシェフチェンコを買ってれば、というのは今になって思うことだ。

■04~05Verのゲームバランス 

02~03までのWCCFは、いわゆる攻略法といえば超人ストライカーによる中央突破だった。
04~05ではこの反省からか、ディフェンダーの守備力が全体的に上向きの調整を受けた。
一対一の強さ、カバーリングによるディフェンダーどうしの連携など、それまでに比べると
なんとなくサッカーゲームっぽいやりとりが行われるようになった。

が、ここで新しい問題が生まれた。
ディフェンダーの能力が上がったのはいいのだが、このディフェンダーの数を自陣深くに
配置すればするほど、それぞれの連携の密度が増して守備力が向上したのだ。
この仕様によって中央に6枚、7枚とディフェンダーを置くフォーメーションが強力になり、
中央の守りはまさに鉄壁となった。
今に続く守備偏重フォーメーションの誕生だが、その硬さたるや今のものの比ではない。

そうなると側面から崩すしかない、というわけでサイドアタックが重要になった。
クロスさえ上がれば一定確率でターゲットに当たるのは今と同じで、これに関しては中央に
何人ディフェンダーがいようと関係がなかった。
中央突破には無敵のディフェンダーたちも、鋭いクロスに対しては右往左往するしかなく、
中央で待ち構えるストライカーは100発100中のダイレクトシュートでこれに応えた。

付け加えると、この時のサイドアタックには大きな仕様上の問題点があった。
右サイドがサイドを深く突破し、コーナー付近までえぐってクロスを上げてくれるのに対し、
左サイドはなぜか必ずカットインしてしまうという仕様になっていたのだ。
この時、強力なのはカットインではなくてクロスである。
したがって、右サイドと左サイドには攻撃力の格差があり、当然右サイドが多く使われた。
左サイドは右に比べて大いに不利だったが、それでも中央よりはましなので、補助的な
攻撃の手段として使われることもあった。

この他、04~05Verからネットワークを使ったデータ対戦も始まった。
これに関しては05~06Verとあまり変わらないので、そちらに回すことにする。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 23:12:38 | Trackback(0) | Comments(20)
コメント
買うと引くんですよね^_^;
都市伝説ではなく、事実です(苦笑)

さて、サイドからのクロスで10点以上取ったのが記憶に残るのがここだったかなぁ。必ずしも純然たるFWでなくとも良かったのが特徴的だった記憶がある。
右左の違いもそうでしたね。
私が大好きなファンニステルローイに飛び上がって喜び、確か、持ってなかったウェアとトレードして頂いた記憶もあります。
最後までMVPを引けなかったのも忘れられません。
2012-09-12 水 23:30:39 | URL | 初 [編集]
ヲタフォメ潰し
懐かしいです
右WG誰でも強くてどーしよーもなかったです
2012-09-12 水 23:44:13 | URL | パオ [編集]
おぉー、きましたね。。。
私事ですが、WCCFを始めたVerです。

他の各ゲーの筺体とはちょいと違う風貌にビビっていたのですが、会社の先輩の教わり、終盤は一日中ゲーセンに入り浸りでした。。。

今思えば初心者だったこともあり、カードの方に目が行きがちだったのですが、マメーデさん曰くの、これまでのVerに記載されていた壊れ方はなかったので、そこそこ楽しめた気がします。
2012-09-13 木 00:30:15 | URL | [編集]
私もこのverで戻ったくちです。
当時はオタフォメ等色々とありましたが、今にして思えば一番バランスが取れたverの1つだと思います。
このverはキラも凄かったですが、白もかなり強烈なメンバーがそろっていたのが印象的です。おかげでWCCFに関しては更なる深みに嵌まる羽目になるのですが、別段後悔はしていないのでまあいいかと。
しかし、長い年月を振り返ることができるゲームというのは結構貴重な存在ですよね。よく考えたら2000年代に入ってからまともにやりこんだゲームがWCCFとQMAしかないことに気付いた自分がいたw。
2012-09-13 木 02:03:06 | URL | led [編集]
右じゃなく左攻めが有効じゃなかった?綺羅ロッベンやら、綺羅ビセンテやらLEアンリが猛威を奮ったような…
2012-09-13 木 04:00:38 | URL | [編集]
補足すると、右からの攻めがカットインしやすくて左からの攻めがサイドに逃げていくドリブルが多かった。クリロナが初綺羅で右サイドで出たけど、右で使うと全く使えなかった
2012-09-13 木 07:04:55 | URL | [編集]
MVP2枚共引きました。01-02からずーっとプレイし続けてますが、MVP引いたのは後にも先にもこのverだけです。ロナウジーニョ引いた時は、興奮が1週間ほど収まりませんでしたね。
しかしこのver、MVPの封入率がやたら低かったって話を後から聞きましたが…
2012-09-13 木 09:34:50 | URL | アイアコス [編集]
確かに右でなく左ベタでしたね。
大半のチームがロッベン無双していた思い出が。。。

まあもう大昔の話ですから(笑)
2012-09-13 木 10:19:29 | URL | [編集]
私はこのverから始めました。
右も左もわからなく、左ウイング片攻めの相手にケチョンケチョンにされ
自分も左Wに黒ロナウジーニョを配置して中央の黒アドリアーノとSTの
キラカカに合せていました。
自分がお世話になった選手には愛着もでて、リアルでも好きになってしまったり、海外サッカーみるようになったり・・・いろいろ影響を受けてしまいましたねぇ・・・

初キラはWSAギグスでした。
2012-09-13 木 17:28:01 | URL | 一兎 [編集]
所謂、左ベタ無双のバージョンでしたね。
どこの店舗に行ってもアシストランキング上位にはアンリ、ロッベン、ビセンテ・・・足速い選手なら誰を左サイドで使っても輝いてました。
ちなみに私の地元店舗のアシストランキング1位はC・ロペスで400アシストでした。今じゃ考えられないw
2012-09-13 木 22:03:08 | URL |   [編集]
自分もこのバージョンから始めましたね。
従兄弟に勧められて、生まれて初めてゲーセンに行きました。
最初はあんまり面白くないという印象だったのに、段々のめりこんでいき現在に至ります。
初綺羅はキャンベル。輝いて見えました(実際輝いてますが)。
このゲームに出会うまでサッカーの知識が無かったのですが、今ではちょくちょく雑誌を買うまでになりました。
ありがとう、WCCF。
2012-09-13 木 22:14:43 | URL | [編集]
CRAベルカンプがどうしても欲しくてクリンスマンとピントレしました。
05~06までは素早く新綺羅を使いたい欲求がありました。
今は新綺羅は旧綺羅を捌けばいつでも手に入ると思い遅い入手です。
2012-09-14 金 09:16:57 | URL | ベルカンプ [編集]
WCCF史を語る上ではとても重要なVERですよね。

名門・古豪クラブばかりになったことで、
排出カードに占める黒カードの比率が一気に高まり、
黒で排出するのが妥当な選手まで白で出すようになりました。
白コロ・トゥーレがその象徴です。

そうした「優良カード」の存在はプレイヤー数の増加に寄与したが、
さらなる「テンプレ化」を促すきっかけにもなった……。

個人的にはそんな気がしてなりません。
2012-09-14 金 14:24:32 | URL | 或る男 [編集]
コロ・トゥーレもですが、レジェスやアラン・スミス、シャビ・アロンソやルイス・ガルシアクラスの選手でも白カードになってしまうのに衝撃を受けました。
逆に、02-03Ver.のアッピア、ペロッタ、ダボ、ジャンニケッダを超える、白のダイナモ系優良選手が登場しませんでしたね。
デ・ロッシは優良白でしたが、当時はレジスタだった為、新カードが増えても、02-03Ver.のアッピア、ペロッタ、ダボ、ジャンニケッダを使い回すことが多かったです。
2012-09-14 金 19:52:35 | URL | ステッペンウルフ [編集]
貴殿のコラムを楽しく拝見させていただきました。
私は01-02からWCCFを始め早10年。
このゲームは本当に奥深いし、本当に楽しいです。
願わくば、もっとプレイ料金が下がって子どもから大人まで
遊べるゲームになれば良いと思います。
ちなみに、私の初キラはBSビエリでした。声をかけてきた方
とトレードしてBSロナウドになりました。
いい思い出です。
2012-09-16 日 15:54:58 | URL | 作蔵 [編集]
楽しく読ませて貰ってます。
私はこのバージョンから始めました。それで、初めて引いたカードがEMVPシェバという驚きの思い出があります。今思うと凄いですね。
次回の記事も楽しみにしてます。
2012-09-16 日 19:27:41 | URL | オコ [編集]
私が始めたのは05-06からですが始めてすぐにカードショップで買った
白黒カードのランダムパックの中にアンドラーデが入っていたのが印象に残っています。
あと04-05のコロ・トゥーレは手に入れてからずっと使い続けています。
あとはWSTファン・ニステルローイにもお世話になりましたね。
ゴール実況の「ファン・バステンの再来」が大好きで
一時期かなりの確立でチームに入れていました。
2012-09-17 月 23:52:20 | URL | KBOY [編集]
サッカー好きなので小野のカードを貰って自分はこのシリーズ始めて04~05コンプ(白黒)するまでしました(^^)v懐かしいな(*´∇`*)
2012-09-18 火 08:17:30 | URL | ハラダ [編集]
このバージョンの右サイド攻撃は尋常じゃなかったですね。
右サイドをかけ上がって、クロスをあげたら100%にちかいんじゃないかって言うぐらいゴールが生まれましたね。
生半可な右サイドバックじゃ攻撃を封じ込められなかったんでベルゴミを購入したのは、いい思い出です。
後日、開発者インタビューで、このバージョンの右サイド攻撃が強力だった事が話題になった時、開発者が「あれは、AIの調整ミスでなってしまいました。」と告白していました。
2012-09-26 水 20:04:09 | URL | たろすけ [編集]
はじめまして。
自分が始めたのもこのverで、今でも忘れない八王子のゲームセンター。
にわかサッカーファンだったのですが、あまりの面白さで帰りの電車の座席にカード並べて大盛り上がりしていた記憶があります。
それから地元の友達に勧め毎晩24時間のゲームセンターでキラが出るまでやっていました。
サッカー知らない友達も始めたりして、海外サッカーを詳しくなったのもこのゲームのお陰。いきつけのゲーセンでこわもてのお兄さんと知り合いになったのも良い思いで。多忙になりゲームを離れましたが、最近また復活しようとチームを練り始めました。このブログを見ながらチーム選考を考えさせてもらいます。 この時代のエリア対戦は面白かったなー。
いまだにMVPを引いていないのでこれから引いてみせます。そしてここで報告させてもらいますね。
すごく懐かしい記憶が蘇り長文になってしまいましたが、新verもでる見たいですからまたその情報なども期待して読ませていただきます。
失礼しました。
2012-10-19 金 02:22:44 | URL | 赤く黒白 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。