■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
降臨VSシュートセービング その1
唐突に始まるWCCF対決企画。

今回やってみたのはGKの『降臨』『シュートセービング』の比較。
つまるところ、どちらがシュートを止めるかという対決。
 
今回はその1、結果編。


 
<検証内容>


 1.攻撃側の特定の選手にペナルティエリア内からシュートを打たせる。
 2.守備側のキーパーがこれをどう対処したかを記録する。
 3.これを『降臨』と『シュートセービング』の各3試合、計6試合行って比較する。
 
 
 まず守備側の条件。
 チームは立ち上げ直後の状態。
 キーパーはほぼ初期の状態のAE&ITブッフォンでキープレイヤーに指定。
 毎試合メディカルルームでケアし、常にモチベーションは好調かつ疲労一切なし。
 チームスタイルは『降臨(C)』もしくは『シュートセービング(C)』が発動している。

 そして攻撃側。
 チームは奪取、守備、パワーが震撼済みの完成されたチーム。
 シュートを打つ役は個人能力、特殊能力覚醒済みのSPSトーレス。
 毎試合メディカルルームでケアし、常にモチベーションは絶好調かつ疲労一切なし。
 同時にキープレイヤーにも指定し『フィニッシュワーク(S)』が発動している。


<検証結果>


 で、結果はこのようになった。

降臨

  被シュート   11
  被失点      10
  キャッチ     0
  ディフレクト   1


シュートセービング

  被シュート   14
  被失点     10
  キャッチ     0
  ディフレクト   4 


 数値だけ見ればシュートセービングの勝ちで、確かにシュートには効果が見られたが…。
 その内容や詳細に関しては明日の検証編に続く。 

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 22:31:59 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
降臨の被失点は10の書き間違いですよね?

しかしこういったKPは検証が大変ですよね
2013-07-02 火 00:19:32 | URL | [編集]
ご指摘ありがとうございます。
被失点は10の間違いですね。
修正しておきます。
2013-07-02 火 05:51:46 | URL | マメーデ [編集]
ほこたてなどで、攻撃側と守備側のkp対決は見てますがこういったアプローチの方が私的には好きです。

わかりやすい・・・気がする。
検証編も楽しみにしています。
2013-07-02 火 16:31:07 | URL | ☆ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。