■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感 : ファビオ・カンナバーロ
11-12 Ver2.0使用感。

今回は ファビオ・カンナバーロ (09-10 ITS)



ファビオ・カンナバーロ 
 
 カード情報 : 09-10 ITS2 Rare 
 ポジション : DF
 所属 : ユベントス
 身長 : 1m76cm
 体重 : 75kg
 国籍 : イタリア
 能力値 : 8・20・12・16・13・15 (84)
 スキル : ダブルロック (リトリート)


顕著な衰え

かつては世界最高のセンターバックとも称されたが、その面影は随分と薄れてしまっている。
特に身体能力面の衰えは顕著で、立て続けのフィジカルコンタクトに遅れを取ることも多く、
力押しの相手に圧倒されてしまう場面も目立つ。
一度体を入れ替えられると、そのまま振り払われるかファールで止めるかというありさま。
空中戦でも存在感が感じられず、クロスに対するポジションの取り合いでも不利を強いられる。

また一瞬のスピードも落ちていて、かつてのような思い切りのよさが無くなっている。
以前であれば一歩踏み込んでタックルを突き刺していたような場面でも、踏み出すようで
踏み出さないといったもどかしい判断を見せるなど、首をかしげるようなプレーが多い。
疲労の溜まりやすさもネックで、連戦を重ねると試合の終盤には息切れをしてしまう。

落ち着きを増したディフェンス

往年の姿を知るだけに酷評を連ねたが、一歩引いた視点で見れば未だ水準を超える能力はある。
前に踏み出す判断は減ったが、そのぶんだけ落ち着きが増したと言い換えてもいい。
理にかなったポジション取りでアタッカーを待ち構え、仕掛けてくるタイミングに合わせて
無駄なく寄せれば、コンタクトプレーに持ち込ませることなくボールを奪う。
スライディングの判断も良く、落ち着いた一対一の中にも柔軟な緩急の使い分けが光る。

守備範囲はやや狭めだが、効率の良いカバーリングで要所を締める動きも見事。
味方の背後で的確にポジションを取り、うまく連動しながら巧みにアタッカーを封じ込める。
簡単に釣り出されることも少なく、パスにも対応しながらスムーズにギャップを埋めていく。
まれに見せるロングフィードは以前よりも精度を増していて、大きく押し込まれた状況からの
一転攻勢を演出することもできる。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 23:34:41 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
WMVPを使用していましたが、ファールが多く使い辛かったです…
プレスボタンをオフにしていてもスライディングでファールをもらうので退場も多く、相方として起用したカルバーリョに負んぶに抱っこでした。
2013-07-11 木 00:21:44 | URL | ドーン [編集]
自分もこのITSとWMVPを交互に使う感じでしたが、それほどファールが多い印象はありません。
守備のチームスタイルとの兼ね合いの部分ではないかと思うのですが、これに関しては
すこしずつ検証をしていたりします。
どのスタイルも、やはり良いところと悪いところが出るように作られていると感じます。
2013-07-14 日 14:16:26 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。