■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今年の夏は異常
今年は千年に一度の猛暑とかで、何やら異常な暑さが続いていますね。
熱さで言えば欧州の移籍市場も負けず劣らず、こちらも異常なことになっています。

今年の夏、これまでに決まった移籍のランキングはこんな感じ。
  
 1位:エディンソン・カバーニ (ウルグアイ代表) 
   約83億9000万円  ナポリ⇒パリ・サンジェルマン

 2位:ラダメル・ファルカオ・ガルシア (コロンビア代表) 
   約78億円  アトレチコ・マドリード⇒モナコ

 3位:ネイマール (ブラジル代表)
   約74億1000万円  サントス⇒バルセロナ

 4位:ハメス・ロドリゲス (コロンビア代表)
   約58億5000万円  ポルト⇒モナコ

 5位:フェルナンジーニョ (ブラジル代表)
   約52億円  シャフタール・ドネツク⇒マンチェスター・シティ

 6位:マリオ・ゲッツェ (ドイツ代表)
   約48億1000万円  ドルトムント⇒バイエルン

 6位:ゴンサロ・イグアイン (アルゼンチン代表)
   約48億1000万円  レアル・マドリード⇒ナポリ

 8位:マルキーニョス (ブラジル)
   約40億8200万円  ローマ⇒パリ・サンジェルマン
 
 9位:イスコ (スペイン代表)
   約39億円  マラガ⇒レアル・マドリード

 9位:アシエル・イジャラメンディ (U-21スペイン代表)
   約39億円  レアル・ソシエダ⇒レアル・マドリード

 9位:ロベルト・ソルダード (スペイン代表)
   約39億万円  バレンシア⇒トッテナム


どの選手も確かに良い選手なんですが、とはいえこれだけの金額が適正かといえば
そうでもないような、といった名前がちらほら。
つい最近までFFPがどうのと言っていた気がしますが、あれはどうなったんでしょうか。
ちなみに昨年の1位はチアゴ・シウバの43億円。
今年のランキングだと8位の金額で、極めて妥当なものに思えてしまいます。

今年は以上のものに加えて、更なる大型移籍が決定しそうな気配。
 
 1位 ガレス・ベイル (ウェールズ代表)
    約134億円  トットナム⇒レアル・マドリード
 

当然ながら、これが決まればサッカー史上最高額の移籍金となります。
取引の良し悪しはさておき、実現すれば大きな話題になることは間違いないでしょう。
それも見込んでの金額だとは思いますが、果たしてこれが吉と出るか凶と出るか。
部外者目線からすると、この大博打こそレアル・マドリードというところもあるので、
どちらに転ぶかというのも新シーズンの見所になりそうです。

WCCF以外の雑記 | 23:39:40 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
このメンツの中だとフェルナンジーニョが明らかに浮いてますね(笑)
年齢も28歳ですし、シティらしい買い物の仕方だなぁ~と思います。

レアル・マドリーはCFの補強はしないんですかね…

2013-08-04 日 21:33:55 | URL | ドーン [編集]
両ウイングがC・ロナウドとベイルって…はまれば恐ろしいチームになりそうですね。
2013-08-07 水 10:20:05 | URL | nami [編集]
イグアインはナポリ会長が補強予算160億とか言い出さなければ
10億は安く買えたようなw
2013-08-07 水 12:23:15 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。