■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
12-13新参戦チームから予想するATLEの話
1万円を無くしたダメージから復活してATLE予想の話。

Verを重ねるごとに難しくなるATLE予想ですが、参戦チームから出ることが多め。
で、次Verはシャルケ、モンペリエ、マラガと新参戦チームが3つあるわけです。
これらの中からATLEになりそうな選手を紹介するという趣旨の予想です。



アイウトン (シャルケ)

ずんぐりとした体格に太鼓腹、顔つきは曙か武蔵丸かといったブラジル人ストライカー。
それでいて驚異的なスピードが武器であり、名だたるディフェンダーたちをドリブルで翻弄した。
ブンデスリーガ得点王、更にはブンデスリーガ年間最優秀選手賞まで獲得したにも関わらず、
素行不良のため代表に一度も呼んでもらえなかったという逸話を持つ。
ワールドカップ出場のため、ドイツ代表やカタール代表を選ぼうともしたが結局実現せず。
ブンデスリーガで通算100ゴールを記録した数少ない外国人選手のひとりでもある。 

マルク・ヴィルモッツ (シャルケ)

元ベルギー代表の司令塔で、02年の日韓ワールドカップでは主将としてチームを率いた。
同大会では日本、チュニジア、ロシア戦と立て続けにゴールを記録するなど抜群の活躍を見せ、
チームのグループリーグ突破に大きく貢献。
闘志を前面に押し出した泥臭いプレーこそが持ち味だが、日本戦では華麗なオーバーヘッドで
先制点をマークするなど技術にも優れていた。
引退後は政治家転身を経てサッカー界に舞い戻り、現在はベルギー代表の監督を務めている。

カルロス・バルデラマ (モンペリエ)

コロンビア史上最高と称される名手で、金色に輝く巨大なアフロヘアーがトレードマーク。
プレーの幅が狭く運動量も非常に少なかったが、圧倒的なボールキープとインサイドで
繰り出すパスだけを武器に数々の奇跡的な勝利を演出。
南米予選の下位に沈んでいた母国を3大会連続のワールドカップ出場に導いた。
ネームバリューの割に欧州でのプレー経験が少なく、モンペリエ以外ではバリャドリードで
1シーズンをすごしたのみである。
ここを逃すとカード化は大きく遠のくので、是非ともチャンスを生かしていただきたいところ。

ロジェ・ミラ(モンペリエ)

カメルーンサッカー史上、ひいてはアフリカサッカー史上最大のレジェンド。
現役時代はパイオニアとして同大陸の後進に道を開いたが、真にその名をとどろかせたのは
正式な引退後、38歳にもなってからのことだというのだから凄まじい。
大統領からの要請を受けて現役に復帰すると、イタリアワールドカップで4得点の大活躍。
母国をアフリカ勢として初のベスト8に導き、自身も二度目のアフリカ最優秀選手賞を獲得した。
更には4年後のアメリカワールドカップにも出場し、ここでも1ゴールを記録。
42歳でのゴールはワールドカップ最年長記録であり、20年が経った現在でも破られていない。 

ダリオ・シルバ (マラガ)

金髪のパンチパーマに鋭い目つきという、いかにもな風貌どおりの悪童系ストライカー。
まさしく南米特有のマリーシアを体現したような選手で、ありとあらゆるダーティなプレーを
駆使して相手を挑発し、数えきれないほどのファウルとカードを頂戴した。 
それでいて上位チームにはめっぽう強く、しばしばジャイアントキリングの立役者となるなど
独特の存在感を発揮し、アクの強いキャラクターも相まって人気を博した。
交通事故で右足を失い引退を余儀なくされたが、現在は義足でサッカーができるまでに回復。
ボート競技や監督業など、次なる目標に向けて積極的なチャレンジを続けているとか。

フリオ・デリー・バルデス (マラガ)

前述のダリオ・シルバと2トップを組み、リーガのトップ集団を散々に苦しめた点取り屋。
パナマ出身であり、双子の兄のホルヘが長らく日本でプレーしたことでも知られている。 
実はこのバルデス、かつてはWCCFでもアレをアレすることで使うことができたらしい。
現在は削除されているが、ROMの中に選手のデータが入っていた時期があり、何らかの事情で
カード化が流れたものと推測される。
同様の選手にディ・マッテオがいるが、こちらは10-11VerでATLEとして既に登場している。
マラガの参戦を機に、今度こそ正式にカード化という流れでもおかしくはない。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 23:17:45 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
いずれもリアルタイムで観ていた選手なので、
非常に懐かしさを感じながら読ませていただきました。

もし登場となれば是非とも使ってみたい名手揃いですが、
バルデラマだけはWCCFで真価を発揮させるのに相当苦労しそうです。
'98年のW杯の時は、本当に"走らない"選手だったようなw
2013-08-24 土 00:56:49 | URL | ヒイロ [編集]
11-12現在、コロンビア国籍の選手は15人なので、バイーアやパフのようにバルデラマをコロンビアのラストピースとして出してくれるはず、と期待しています。

あとはバルデラマやリケルメが輝く仕様になってくれればw
2013-08-24 土 02:13:44 | URL | WIZ [編集]
あとはPSGからオコチャを!!
ビアンチも良いですねー
2013-08-24 土 11:16:49 | URL | 踊る水牛列車 [編集]
めっちゃ面白い記事でした。さてはフットボール好きっすね
2013-10-13 日 02:40:03 | URL | Kaba [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。