■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
テリーが白になったので
先日発売のサッカーゲームキングで12-13Verのカード画像が公開されたわけですが。
随分とデザインがすっきりとして、何やらWCCFっぽくない感じです。

そんな中、長らく黒かったテリーがとうとう白くなったことが話題になっています。
諸行無常な感慨はありつつも、次Verのちょっとした目玉になることは間違いありません。
毎回こんな感じの目玉の白を入れてくるWCCFですが、今回はこれに該当しそうな
ビッグネームが例年になく多いシーズンでもあります。

そんな白くなるかも、なビッグネームたちの話。


■エディン・ジェコ (マンチェスター・シティ)

それなりにゴールは積み重ねたものの、肝心なところでチャンスを逃した試合も多かった。
監督やサポーターからの信頼を勝ち取れず。シーズンを通して移籍話が付きまとう結果に。
この夏にはドルトムントやインテルへの移籍が噂されたが、どれも結局まとまらず残留した。

■リオ・ファーディナンド (マンチェスター・ユナイテッド)

かつて世界最高と称されたセンターバックも、ここ数年で衰えを指摘する声が大きくなった。
昨シーズンはチームのディフェンスが不安定な中、それに同調する形でミスをする場面も目立ち、
結果的に数多くの失点に絡んでしまった。
それでもリーグ戦では28試合に出場するなどレギュラーポジションを確保。
通常排出でのカード化は確実だが、ディフェンス値の評価が18以下になる可能性もありそう。

■香川真司 (マンチェスター・ユナイテッド)

マンチェスター・ユナイテッドに加入した1シーズン目は、プレミア特有のコンタクトプレーと
クロスボールを多用するチーム戦術への適応に苦しんだ。
ハットトリックを達成した試合もあったものの、重要な試合では出番がないこともしばしば。
完全に失敗のシーズンだったとは言い切れないが、前年度に比べれば大きく見劣りする成績に。

■マリオ・ゴメス (バイエルン・ミュンヘン)

新加入のマンジュキッチとのポジション争いに敗れ、スタメンからスーパーサブへと格下げ。
ライバルよりも得点力では勝っていたが、ポストプレーや守備面の評価で大きく差をつけられた。
個々のプレーを改善しようとする意識はみられたのだが、再度逆転することはかなわず。
今夏にフィオレンティーナへ移籍してしまったので、当分の間はカード化されないと思われる。

■ルシオ (ユベントス)

夏にインテルからフリートランスファーでユベントスへ。
しかし加入早々に怪我で離脱し、回復後もほとんど試合に出ることなく冬に契約が解除された。
現在は母国に戻ってサンパウロでプレーしている。
通常排出の16人の枠の中には入りそうにないので、登場するならEXカードの可能性が高い。 

■ニコラ・アネルカ (ユベントス)

中国の上海申花への移籍は、大方のサッカーファンが予想した通り大失敗に終わった。
試合では別格のプレーを見せたのだが、乱闘に巻き込まれたり代理監督を押し付けられたりと
劣悪な環境に耐えかね、給料の未払いを理由に脱出してユベントスへ加入。
しかしながら、ユベントスでは怪我の影響もあってほとんど試合に出場できず。
5ヶ月の契約満了に伴い、プレミアリーグのウェスト・ブロムウィッチに移籍した。

■カルレス・プジョル (バルセロナ)

長年にわたる肉体の酷使が響いたのか、怪我に次ぐ怪我でシーズンの半分以上を棒に振る。 
さしもの鉄人の口からも、キャリアの先行きに関して弱気な発言が出ることさえあった。
現在のバルセロナでの契約は2016年まであるが、これを全うできるかどうかに注目が集まる。
通常排出の16人に選ばれるかは微妙なところで、これに外れた場合EXカード化もありそう。

■ダビド・ビジャ (バルセロナ)

CWCで負った大怪我から復帰したものの、シーズンを通じて満足な出場機会を得られず。
これまで以上にチーム戦術と噛み合わない場面が多く、年明け後はベンチを暖める日々が続く。
とはいえ未だ得点力は錆付いておらず、引く手数多の人気銘柄としてこの夏の市場を賑わした。
最終的にはファルカオの後釜としてアトレチコに決まったが、加入後の活躍ぶりからすると
今後しばらくは白くなりそうにもない感じである。

■イケル・カシージャス (レアル・マドリード)

12-13シーズンはレアル・マドリードのキャプテンにとって苦難に満ちたものだった。
モウリーニョとの確執でスタメンを外されると、久々に出場した試合で大怪我を負って離脱。
さらに悪いことには、中断期間にセビージャから獲得したディエゴ・ロペスが大当たり。
復帰後も定位置を奪い返すことができず、そのままシーズンを終えることになった。
ディエゴ・ロペスが通常排出された場合、EXカードとして追加リフィルあたりに付くかも。
WCCF | 22:33:48 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
その面子だとカカも白になる時が来そうですね。
2013-08-29 木 01:02:28 | URL | ひろ [編集]
カルバーリョあたりも怪しいかと…
2013-08-29 木 08:45:35 | URL | mk [編集]
>今夏にフィオレンティーナへ移籍してしまったので、当分の間はカード化されないと思われる。

ぐぬぬw
WCCFは契約のタイミングのせいか
当該シーズンの前シーズンの成績が参戦に考慮されてるみたいなんで
次々バージョンなら昨季4位のヴィオラはワンチャンスありそうですが
セリエはインテルやローマが成績関係なくシードされてるぽいからなぁ・・
ナポリのファンはもっと納得してないでしょうけど
2013-08-29 木 13:18:15 | URL | [編集]
このリストを見ると1つの時代が終わったんだなあという気がする。
年齢を重ねても衰えないブッフォンやトッティ、ピルロ、サネッティは凄い。
2013-08-29 木 14:04:59 | URL | LED [編集]
いまいちだった有名選手達は現verのカッサーノやスコールズのように付録という形でカード化されるのではないかなと思います。
2013-08-29 木 14:14:06 | URL | ドーン [編集]
白好きとしてはちょっとテンションあがるお話しですが,,,
反面,さすがに最後の3人とかは,いきなり白くなられても困る?感じですね。

もう1シーズン不遇な状況が続けばしょうがない。。。ってことになるかも。
2013-08-30 金 08:44:41 | URL | ☆ [編集]
10-11辺りから黒と白の境界線がはっきりしていますね

フィールドプレイヤーの場合
・合計値87以上、もしくはパラメーターに20が一つでもある場合は無条件で黒
・パラメーターに19がある場合は10-11では83以上、11-12では80以上くらいで黒
・キーパーはパラメータに19以上がある場合は無条件で黒

と線引きされている感じです

で、11-12のファーディナンドは合計値85で、もしそれでDFが18にされたら、白くなる可能性が高いですね
2013-08-30 金 21:54:45 | URL | 最高のムンタリ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。