■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感 : アシュリー・ヤング
12-13Verでの使用感。

今回は ヤング (11-12)



アシュリー・ヤング 
 
 カード情報 : 12-13 №.60 Regular
 ポジション : MF
 所属 : マンチェスター・ユナイテッドFC
 身長 : 1m75cm
 体重 : 64kg
 国籍 : イングランド
 能力値 : 16・7・15・14・18・14 (84)
 スキル : 迅速果敢な仕掛け (ダイレクトプレイ重視)


カウンター戦術向きのサイドアタッカー

シンプルで縦に速いアタックを武器とするサイドプレイヤー。
最も得意とするのは左サイドでのプレーだが、右サイドやセカンドトップにも適正がある。

中盤ではパスの選択肢が少なく、徹底したドリブルの仕掛けでボールを運ぶんでいくスタイル。
典型的なスピード勝負のアタッカーだが、小柄なわりには当たりの強さもそこそこに備わり、
接触プレーでバランスを崩しても立て直せるしなやかさがある。
数値の印象よりはスタミナの持ちも良く、試合終盤のプレーでも足が止まることはない。

果敢な仕掛けが持ち味

タイプとしてはドリブラーなので、やはり最大の持ち味はドリブルということになる。
果敢な仕掛けは時に強引過ぎるようにも映るが、サイドでの勝率は高めで見返りも十分。
直線的で素早いボール運びから、最低限の足技とキレの良さでディフェンスの間を突く。

以前のものとくらべて利き足を意識したプレーが増えていて、左サイドからはカットインを
積極的に狙っていく場面が目立つ。
調子が良ければ二人、三人とまとめて抜き去る場面も多く、ワイドな位置からエリア内まで
ボールを運んで鋭いシュートにつなげていく。
視野の狭さは気になるが、仕掛ける姿勢が良い位置でのファールゲットにつながることも多く、
個の力でチャンスを作り出す力にはかなりのものがある。

シュートとアシスト

カットインから放つシュートは強烈で、ミドルレンジからも何かを起こせる力はある。
エリア内での決定力こそストライカーに及ばないが、フィニッシュに持ち込める回数は多く、
得点数もそれに応じて増えていく。
深くえぐってもなお持ちたがるが、内側へ切り返してから折り返すクロスは通りやすく、
合わせる側のフィニッシャーに多くを要求しない。
試合ごとの出来にばらつきはあるものの、存在感に比例した数字も残すことができる。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 21:18:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。