■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF VS 松木安太郎
本日、30日の夜7時から 『WCCF ニコニコ生放送』 が放送されます。
10年をこえるWCCFの歴史の中でも初めての試み。
どんな内容になるか楽しみでもあり、若干不安でもありといった感じです。
WCCF初心者や、これからWCCFに触れるかもしれない視聴者に優しい放送を期待したいところ。

さらに夜8時半からは 『PANINI FOOTBALL LEAGUE』 の生放送もあります。
なんと、こちらのほうのゲストはあの 松木安太郎 氏。
よりにもよってWCCFの生放送、それも初回と同じ日にかぶせてくるとは。
同じ題材のカードゲームでこの仕打ちは、世が世ならば宣戦布告とも捉えられかねない行為。
これはもう、WCCFと松木安太郎の全面抗争と言っても過言ではありません。

それはさておき、個人的には松木安太郎実況のWCCFなどやってみたい気もします。
当然BSのJリーグ中継バージョンではなく、テレビ朝日の日本代表戦バージョンで。
だいたいこんな感じになるでしょうか。

後半30分、0-3で負けているとき。
「まだあきらめちゃいけませんよ!サッカーは何があるかわかりませんからね!」 
と励ましてくれる松木安太郎。

味方がドリブル突破を仕掛けるも、カバーに入ったディフェンスにカットされたとき。
「行け、勝負、勝負しろ!行け!行け!あぁぁ~んん~…ん~…」 
と落胆する松木安太郎。

こちらのシュートが相手ディフェンダーにブロックされたとき。
「ハンド!ハンド!今のはハンドだろ!」
と騒ぎたてる松木安太郎。

味方の選手が落ち着いてPKを決めたとき。
「よーし、よし、よし!いいねー!よし!よーし!」
と解説を忘れる松木安太郎。

こんな実況が8サテからサラウンドで聞こえてきたら、店内の体感温度はぐっと高まりそう。
空調の温度も下げられて環境にも優しいと一石二鳥。
負けている試合だと辛気臭くなる、セルジオ越後&名波浩バージョンもあるとさらに良し。
あと30年ぐらいWCCFが続いたら、一回ぐらいは実装してみて欲しい機能です。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 05:08:09 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
去年の12月に戦国もののゲームの新作が別々のメーカーから3作も
発売されたことがあるのですがそれと似たような事がサッカーゲームの世界でも起こっていたとは。しかし同日放送はさすがにやりすぎだと思いますね。
2014-02-01 土 22:16:53 | URL | KBOY [編集]
WCCFの放送を見るつもりだったんですが、仮眠をとって寝過ごしてしまいました。
PFLのほうの放送は最後のほうを少し見たんですが、松木氏のテンションがMAXで、
画面越しにその熱が伝わってきそうなほどでした。
地味なゲーム画面を無理やりに盛り上げる話術には驚嘆すべきものがあります。
2014-02-05 水 20:11:46 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。