■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
決勝トーナメント1回戦のマンチェスター・ユナイテッド
チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1st.leg。
オリンピアコス対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は2-0でオリンピアコスが勝利しました。
何でもギリシャのチームがマンチェスター・ユナイテッドに勝ったのはこれが初めてだとか。
さらにはオリンピアコスがCLの決勝トーナメントで勝ったのも初めて。
またしても歴史的な記録がモイーズ監督によって塗り替えられてしまいました。

それにしても、現在リーグ戦24勝2分けと絶好調のオリンピアコス。
組織的な守備でマンチェスター・ユナイテッドを封じ込め、文字通り何もさせませんでした。
ホームの利かあったとはいえ、より強いチームが勝つべくして勝ったという印象。
全く格下という感じはせず、選手たちは落ちついて堂々とプレーをしていました。
ミトログルは冬に引き抜かれ、サビオラは出場停止とグループリーグ突破の立役者を欠く中、
真っ向勝負での大金星には見事というほかはありません。

その一方のマンチェスター・ユナイテッド。
抽選会では当たりくじを引いたはずでしたが、まさか自身がそれ以上の当たりくじだったとは。
アウェーゴールのひとつも奪えなかったのは痛手で、勝ちぬけに黄信号が灯ってしまいました。
強豪相手ならまだしもオリンピアコスに蹴落とされるとなると、今期のあらゆるタイトルを
良いところ無く全て逃がすことになってしまいます。

そうなると、気になるのは13-14Verのマンチェスター・ユナイテッドのカード。
出場機会が少ない香川、フェライニ、ビディッチ、ファーディナンドといった面々が白になり、
チームの全体的な能力値も大きくダウン。
パス交換がほとんどないルーニーとファン・ペルシーの間には連携線が付かなくなり、
サイドの選手たちのチームスタイルは全てクロス重視に。
ピローを剥いて、ユナイテッドの字が見えたらがっかりという事態にも。
現実のチームに即した形で、こちらのほうにも暗黒時代がやってくるかもしれませんね。

WCCF以外の雑記 | 21:10:34 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
今季の迷走ぶりをwccf上でどう表現するのか
気になるところではあります

或いは、ストロングスタイルの方は
狂喜してこう叫ぶかもしれません

all we need is 白カガーワ!

洒落になりませんね
2014-02-27 木 00:16:00 | URL | [編集]
>サイドの選手たちのチームスタイルは全てクロス重視に

ワロタ
笑えないけど
ワロタ・・
2014-02-27 木 19:21:09 | URL | [編集]
普通なら、波乱と思える結果だが、それがあまり波乱という感じに見えないのが今年のマンチェスター・モナイテッド・・・

それよりも、ミトログルのカードがほしかったな・・・
2014-02-28 金 23:18:19 | URL | 通りすがり [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。