■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCFのPK戦 6
今日もPK戦の話。

PK戦に強いGKについて、です。

以下は続き


PKに強いGK

現実のサッカーでは、PK戦を得意とするGKが存在します。
日本代表の川口選手(詳しいデータは知らないが)などはこれに分類されますね。
WCCFも同様で、PKストップを得意とするキーパーが居るわけです。
現実のPK戦、大舞台で目立つPKストップをした選手がそう設定される傾向にあります。
一例を挙げると・・・

● ヂダ (02~03シーズン、CL決勝のPK戦で3本のストップ)
● カーン (00~01シーズン、CL決勝のPK戦で3本のストップ)
● トルド (ユーロ2000、オランダ戦でPK6本中5本をストップ)
● デュデク (イスタンブールの奇跡の立役者、不思議な踊り)

デュデクを除く三人は起用経験がありますが、いずれもPK戦に強い印象を受けました。
平均的なGKと比べると、PKストップ率に大きな差があったように思います。
敵として相対した際にも、同様の印象を受けました。

また、他にも

● ブッフォン (公式ページ、大会レポートででPK戦に強いと紹介される)
● タファレル (代表チームでのPKストップの実績、PKキーパーのスキルを持つ)
● レイナ   (PKストップに定評あり)
● O・コルドバ (PKストップに定評あり)

これらの選手も良さそうです。
ブッフォン(IT)は現在起用中ですが、神懸かり的な当たり方はないものの
ストップ率は安定して高め。
タファレルはPKストッパーとして評判が良く、レイナ、コルドバも経験上
PK戦で良い活躍を見せてくれました。


GKの「読み」をどう再現するか

これらGKがなぜPK戦に強いのか。
現実にはカンが良い、キッカーの動きで判断、各選手毎の傾向を把握しているなど
様々な強さの所以はありますが、これらがWCCFでもそのまま再現されて
いるかというと疑問です。
(なぜかについては色々とありますが、難しいだろう、というのが一番の理由。)

GKのいわゆる「読み」の部分はなるべく単純な形で、擬似的な再現がされて
いるのではないか、というのが自分の推測です。
一週間ほど考えた結果、たどり着いたのが以下の二つの可能性。

① 一定の確率で「PKストップ演出」が発生する
② GKは一定の確率で「後出しジャンケン」ができる

①も②も一定の確率の高低をGKごとに決めることで、「読み」の部分の
能力差を再現することが可能になります。
①は言わずもがな、読んだままです。
(一定の確率)+(通常のPKストップ率)が、そのGKのPKストップ率になります。
②の「後出しジャンケン」も割とそのままなんですが、フェアなPKが行われない
とでも言い換えられそうです。
この場合、GKはシュートの方向なり、コースが解った上で動きます。
こっちの方が、より「読み」っぽいイメージではありますね。
これを係数として、本来のGKとしての能力がストップ率には関わってきそうです。

眠くてまともな推敲が出来なくなってきたので、今日はここまで。
明日も続きです。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 01:43:16 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
PKのとき白ヂダと綺羅ジダではモーションが違うと思いました
白はちょっとしか横っ飛びしないのに対して綺羅は遠くまで横っ飛び
するように感じました
それによるPKの勝敗への影響はよくわかりませんが
2007-05-20 日 12:11:46 | URL | 元 [編集]
GKの基礎能力の高低も、PK戦では重要だと考えています。
白よりもキラのほうが瞬発力、俊敏性のパラメーターを高く
設定してあるのかも知れませんね。
2007-05-20 日 23:37:20 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。