■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感~クリス
使用感192回目はブラジル代表DF クリスです。

リクエストチームで起用。 

以下は続き




クリス (05~06 No84 所属 リヨン )

ポジション DF
身長 1m83cm
体重 77kg
国籍 9/18/12/18/13/14(84)
スキル ブロッキングロック
連携グループ L

カード評価
プレースタイル
 ディフェンススタイルは冷静でクレバー、読みの鋭さと反応の早さが最大の武器。
 柔軟性はそれなりにあるが、前に出て奪うよりは待ち構えて対処するタイプ。
 カバーリングとインターセプトに優れ、味方の背後を高い安定感で支える。
 繋ぎのパス精度はそこそこ、稀に鋭いロングフィードも見せる。

 柔軟性はあるが、タイプとしては「リベロ」だろう。

守備力の評価
 カバーリング能力は白DF中でも屈指、インターセプトも非常に良い。
 味方の背後で待ち構えさせるのが基本だが、一対一の強さと移行の判断も
 満足のできるレベル。
 強力なフィジカルを誇り、激しい競り合いや空中戦の局面でも抜群の強さを誇る。
 スキル通りのブロックセンスも兼備、一歩詰め切れない距離からのシュートを
 しばしば防いではチームを救う。

弱点
 リベロタイプのDFにはありがちだが、一対一への移行には若干のぎこちなさがある。
 それでも防いでくれる場面は多いが、やはり単独で行くことは極力避けるべき。
 またスピード対応能力は平凡で、ラインが整っていない状態では振り切られる
 こともある。
 カウンター時には特に注意が必要。
 
スキル考察 
 シュートブロックの頻度は、平均的なDFに比べ間違いなく高い。
 これを可能にしているAIなのか、あるいはブロックに関係する能力の高さを
 表現したものなのか。
 シュートを打たれないのが一番だが、この能力によって救われる局面は少なくない。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 20:07:15 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
今ver.屈指の白DFながら,まだ一度も使ったことがありません。
ぜひ使いたい一枚です。これからは他のDFにおいても,シュートブロックというのを意識していきたいと思いました。
2007-06-05 火 11:00:35 | URL | 初 [編集]
クリス、能力がアレックスと似てるので
使ってみて比較しましたが、私の印象は

カバーリング アレックス<クリス
ストッピング アレックス>>>クリス

という感じでした。
私のクリスはDFに釣りだされる、裏へのスルーパスが出されると
いいところがあまりありませんでした。チームへフィットするかどうかも重要ですね。
2007-06-05 火 19:08:21 | URL | かむ [編集]
クリスはリベロタイプですので、ストッパーの後ろでカバーをさせるのがベストです。
役割を明確にし、位置を調整して極力ラインを維持する。
これをすれば釣り出されることもなく、スルーパスを通されることも少ないと思います。
2007-06-06 水 00:29:47 | URL | マメーデ [編集]
DFに釣り出される??ですか?
味方ストッパーが止めに行くとカバーしようとしてついていくってことでしょうか?
最近意識はするものの,動と静のDFがいること,カバーリング…
単純に連携だけで組んでいる私は考えるべきことがいっぱいです。
参考にします!
2007-06-07 木 10:09:24 | URL | 初 [編集]
自分としては「FWにつり出される」ものとして返答を返しました。
クリスは上がったストッパーに付いていくタイプではないので、打ち間違いでは
ないかと判断したためです。
2007-06-07 木 20:23:23 | URL | マメーデ [編集]
どうもありがとうございます。
イメージできました!
2007-06-08 金 09:27:44 | URL | 初 [編集]
わたしは4-3-3のCBで使いましたが
みなさんのおっしゃる通りカバー意識が高く
中盤の底(わたしはディアッラを使ってました)を
抜かれるとすぐさま詰めに行きました。

そこを弱点とみるならラインよりすこし下がり目に配置する
ことでほぼ解決すると思います。

逆に長所とみれば、高い位置でのボール奪取からの
カウンターに期待できます。スルーパスをだされたり
ドリブルで抜かれた時に後ろに大きなスペースができてしまいますが
クペやフレイ、カニサレスなど飛び出しの素早いキーパーで
思い切って飛び出せば意外と防げます。こちらをとる場合は
青いボタンを押すタイミングも重要になりますね。
2008-05-05 月 11:55:45 | URL | ゴロー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。