■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感~ラファエル・マルケス
使用感197回目はメキシコ代表DF マルケスです。

リクエストチームで起用。 05~06版の使用感です。

以下は続き




ラファエル・マルケス (05~06 No275 所属 バルセロナ )

ポジション DF
身長 1m82cm
体重 74kg
国籍 メキシコ
能力値 12/17/15/14/14/16(88)
スキル アンカーマン
連携グループ H

カード評価
WCCFでのプレースタイル
 圧倒的な身体能力こそ持たないが、守備技術と戦術能力はいずれもトップクラス。
 周囲と調和する柔軟な守備が持ち味で、同時に泥臭いしつこさも兼ね備えている。
 また中盤の底としても適正が高く、幅広い動きと足下の技術で攻守に活躍。
 単なるユーティリティプレーヤーに留まらないパフォーマンスを発揮する。

 引き出しが多く、ユーティリティな「万能型」ディフェンダー。

守備力の評価
 そつのない一対一と、抜群のカバーリング能力で柔軟に最終ラインを立ち回る。
 間合いの詰め方が上手く、絶妙の寄せと鋭いタックルを駆使して当たらずボールを奪う。
 気の利いたポジショニングと、それを生かしたインターセプトも素晴らしい。
 
 一方、中盤の底でも安定した守備力を発揮。
 幅広く動いて中盤をフィルターし、前線への縦パスを的確に遮断する。
 安定して90分動けるスタミナも本職さながら。

攻撃力の評価
 奪ったボールを懐に収めるのが上手く、攻撃への切り替えでもたつくことは無い。
 足下の技術も確かで、繋ぎとワイドなパスで最終ラインからリズムを作り出す。
 中盤の底に置けばより攻撃的なパスが増え、展開を見極めたロングフィードも
 しばしば見せるようになる。
 セットプレーからの得点力もまずまず、シュートは足も頭もなかなかの精度。

弱点
 身体能力は平均的で、最終ラインがバタついている局面では並のDFになってしまう。
 ラインをできるだけ保ち、競り合いとスピード勝負は避けた方が無難。
 やや好不調の波もある印象、動きが悪ければ早めに交代させた方がよい。

スキル考察
 DF登録なのに、スキルは中盤の選手っぽいもの。
 アンカーマンとしての適正の高さを表現したものだとは思うが、少し適当過ぎる気が
 しないでもない。
 本来ならレアカードになってもおかしくない選手だけに、もう少し凝った物を
 付けてくれても良かったと思う。

 

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 23:21:52 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
ゴール実況はありましたか?

2007-06-20 水 23:28:22 | URL | 石川五右衛門 [編集]
ネスタとかはもういいからマルケス、カルバーリョあたりが
レアにならないかと私も思います。

2007-06-22 金 08:52:11 | URL | パオパオ [編集]
自分は聞けませんでしたが「メキシコの皇帝」という実況があるようです。


次のバージョンではマルケス、カルバーリョあたりはレアカードになってほしいですね。
近年のレアカテゴリーはWDFとかでセンターもサイドも一緒にしてるので
本来レアになるべきDFがあぶれているような気がします。
2007-06-22 金 14:51:16 | URL | マメーデ [編集]
特殊実況が聞きたかったので、FWエリアにホットゾーンのある04-05をCFで起用しました。

ボールのもらい方:下手(もらう瞬間に一歩下がる)
単独突破:無理(ヒョロすぎる)
突破後:安心できない(後ろから当たられると、まずコケる)
シュート精度:あまりスミは狙わない(狙えない?)
威力:並(そんなにヘロヘロではない)
特殊実況:なぜか頻繁に聞けた(3分の2くらい?)

点を取るには良いパサーが必須です。ルイ・コスタとのコンビでしたが、彼のパスに引っ張られる感じでの突破は何回かありました。
2008-04-22 火 12:28:11 | URL | [編集]
ルイ・コスタのパスに引っ張られて、という表現は面白いですね。
このゲームの深い部分、目に見えない部分を垣間見たような気がしました。

昔プジョルのワントップのチームを見たことがあり、やたらと中央突破をしていて
驚いた覚えがあるんですが、それもパサーの能力による部分が大きかったのかも
知れませんね。
2008-04-23 水 22:49:36 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。