■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感~シモーネ・ペロッタ
使用感220回目はイタリア代表MF ペロッタです。

リクエストチームで起用。 02~03版の使用感です。

以下は続き




シモーネ・ペロッタ (02~03 No60 所属 キエーボ )

カテゴリー 白カード
ポジション MF
身長 1m79cm
体重 72kg
国籍 イタリア
能力値 13/14/12/16/15/18(88)
スキル ハードプレッシング
連携グループ B

05~06版 使用感
http://mamede.blog49.fc2.com/blog-entry-362.html

プレースタイル
 運動量と力強いチャージで中盤守備の要となる「ダイナモ」

 紹介文にあるような飛び出しは少なく、もっぱらセンターライン付近で守備に徹する。
 横方向に幅広く動き、プレスとスペースのカバーリングに奔走。
 この時期は中盤のユーティリティというより、守備の専門家といったイメージか。

ディフェンス
 チャージには力強さと速さ、正確さが備わり、白の守備的中盤の選手としては
 頭一つ抜けた存在。
 動くことで多くの局面に絡み、要所要所で的確なインターセプトも見せる。
 ワイドなカバーリングも魅力で、時にはサイドのスペースのケアまでこなす。

展開力
 派手な展開は好まず、素早く正確に繋いでいくことを好む。
 飛び抜けたパス能力があるわけでもなく、分をわきまえているといった印象。

得点力
 シュートは打つ機会こそ少ないものの、威力のあるボールを抑えて打つことができ
 なかなかの決定力がある。
 セットプレー時の得点源として期待できる他、稀に見せる単独突破にも意外なほどの
 破壊力が備わる。

弱点
 圧力に優れる分しつこさに欠け、プレスのかけ方によってはテクニックで
 いなされる場面が目につくことも。
 これはタイプの問題なので、しつこいプレスが好みなら別の選択肢がある。

スキル考察
 文字通りのハードプレスを武器とする、積極的なプレースタイルを表現したものか。
 ハードという割には、特別プレーの質が荒いという印象も受けない。
 動いてもバテないスタミナを兼ね備えているため、このタイプの選手としては
 理想的なAIパターンと言える。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 05:01:49 | Trackback(0) | Comments(11)
コメント
調査お疲れ様です。
ローマチームで二種類のペロッタを使いましたが
やっぱり0506の方が攻撃的でしたね
この選手も次のバージョンでプレイエリアがどの辺まであがるか
分かりませんね
FW表記もあるかも?
2007-10-13 土 21:05:25 | URL | PIP [編集]
BCグループでチームを作るときには欠かせない選手ですね。
白とは思えない能力でいつも彼には助けられています。
ただやはり05-06はボランチ向きではないと思います。
攻撃の意識が増えたので私はトップ下で使用しています。
シュートは強烈ですしヘディングで合わせるのも上手いのでセットプレイ時などにもゴールに絡んでくれています。

新バージョンでは白初の90オーバーが見られるんですかね(笑)
2007-10-13 土 21:18:19 | URL | モウリーニョ@ [編集]
ずっと0506を使ってて、0203を使ったんですがパスがそこまでうまくなかったです。
0405は使ったこと無いんですがどんな使用感なんでしょうね
2007-10-14 日 11:09:21 | URL | あいる [編集]
攻撃を求めるなら0506

守備なら0203

相互的なら0405ですね

またペロッタをトップ下に置くならもっと相応しい選手はいるはず

2007-10-14 日 21:11:08 | URL | セルジオ・コンセイソン [編集]
攻撃を求めるなら0506

守備なら0203

総合なら0405ですね

またペロッタをトップ下に置くならもっと相応しい選手はいるはず




2007-10-14 日 21:11:20 | URL | セルジオ・コンセイソン [編集]
ご無沙汰しております。
確かにペロッタは純粋なトップ下ではないかもしれません。
ですが、現在のローマのようなチームをイメージしてチームを組むと、あの位置には運動量とFWを追い越すような飛び出しを持つ選手を起用したいですよねw

この様な運用法が出来る選手がいれば、是非教えていただきたいです。
2007-10-15 月 08:02:56 | URL | ADP [編集]
あまりに定番ですが,最も好きなDHです。序盤から動き回り,奪取しまくりでスタミナもまず尽きません。フィードは確かに目立つものはありませんが,すぐ黄金になるトッティを距離の近いところにおいておけば確実に繋いでくれます。奪取力を求めるならファーストチョイスです!
2007-10-15 月 09:13:08 | URL | 初 [編集]
 BC連携でつくるときにははずせませんね。
エメルソンとかよりよっぽど使える気がします。
(エメファンの方いたらごめんなさい)
2007-10-15 月 17:09:52 | URL | ネドヴェド命 [編集]
守備的な選手が好まれるWCCFでは、中盤の底として理想的な人材ですね。

ペロッタのトップ下起用ですが、自分もそれなりには試してみました。
パスには期待できませんが、飛び出す動きで多くの得点機に絡んできました。

飛び出しに特化したタイプとなると難しいんですが、アッピアやペッキアなんかは
パスも出せて積極的な飛び出しをするタイプです。
起用したことはないんですが、スキル的にジャコマッツィもそうかもしれませんね。
2007-10-15 月 21:16:36 | URL | マメーデ [編集]
 ジャンコマッツィはスタミナが…ボランチとしてはもの足りないかなという印象でした。
 守備面では活躍してくれましたが、攻撃面ではあまり印象なかったです。
2007-10-16 火 16:37:49 | URL | ネドヴェド命 [編集]
アズーリではトップ下や右WGで起用されていますし、0607では16・12・14・16・15・18くらいで攻撃的になっているのではないでしょうか。
2008-03-18 火 22:02:20 | URL | ミカエル [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。