■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感~マルコス・アスンソン
使用感23回目は元ブラジル代表 アスンソンです。
旧バージョンのローマ在籍時よりも攻撃的な能力値になっていますが
依然として高い守備力は健在。
FKも相変わらずの精度で、総合力は向上した印象があります。




マルコス・アスンソン(05~06 No296 所属 ベティス)

ポジション MF (DH)
身長 1m78cm
体重 75kg
国籍 ブラジル
能力値 13/13/14/15/12/16 (83)
スキル 絶妙な横への展開
連係グループ I

カード評価

◎高い守備力
 守備能力が高く、中盤の底を安心して任せることができる。
 滅多に当たり負けせず、ボールへの寄せも早い。
 平均的なDHと比べるとポジショニングが良いように感じる。
 ただし、守備範囲はそれほど広くない。

◎ウイングへのパス
 長短のパスは共に精度が高く、持ちすぎることは少ない。
 特にウイングへ通すロングパスはタイミングが良く、折り返しのクロスで
 得点につながるパターンが多い。
 ボール奪取からのパスはカウンターの起点になる。

◎フリーキック
 フリーキックの決定力はゲーム中でも屈指。
 やや射程が短い感もあるが、ゴール前であればほぼ決まると考えて良い。

○ゲームメイク能力
 中盤の底の選手としてゲームを作る能力があるように感じる。
 速攻と遅攻を使い分ける事ができ、フリーならばキープしてためを作る。
 こうした選手の有無で遅攻の成功率はかなり違う。

スキル考察
 サイドに出すパスの精度とタイミングの良さを表現したものか。
 縦のパスの精度も良いが、スルーパス等の決定的なものは少ない。
 サイドアタック中心のチームの方が能力をより引き出せる。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 17:36:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。