■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
06~07排出カード予想~チェルシー、マンU、リバプール、アーセナル
06~07排出カード予想、第11回はプレミア勢4チームをまとめて。

新規の面子をみるだけで、そのシーズンのクラブ方針がわかるのが面白いですね。
CLを獲るために一流プレーヤーを買い集めたチェルシー。
移籍市場で遅れを取り、熟成路線を取らざるを得なかったマンチェスター・ユナイテッド。
どことなく軸がぶれているように見えて仕方のないリバプール。
世代交代の真っ直中にあり、アンリ後のチームを見据えて動いているアーセナル。

それぞれのチームがどうなったか、結果を知った今となってはより一層興味深く思えます。

以下は続き                                          




チェルシー

DF アシュリー・コール   ■ A イングランド代表
DF ボラルーズ   □ G オランダ代表
MF バラック   ■☆ J ドイツ代表
MF ミケル   □ G ナイジェリア代表
FW サロモン・カルー   □ C コートジボアール代表
FW シュエフチェンコ   ■ L ウクライナ代表


マンチェスター・ユナイテッド

DF エブラ   □ C フランス代表
DF ヴィディッチ   □ I セルビア代表
MF キャリック   □ E イングランド代表
FW スールシャール   ■ C ノルウェー代表
FW ラーション   ■ A 元スウェーデン代表


リバプール

DF アッゲル   □ G デンマーク代表
DF ファビオ・アルレリオ   □ J
DF アルベロア   □ H
MF マルク・ゴンザレス   □ H チリ代表
MF ペナント   □ I 
FW ベラミ   □ J ウェールズ代表
FW カイト   ■ A オランダ代表
FW ファウラー   ■ L 元イングランド代表


アーセナル

DF ジュルー   □ A スイス代表
DF エブエ   □ D コートジボアール代表
DF ホイト   □ D イングランド代表
MF フラミニ   □ J
MF ジュリオ・バチスタ   ■ D ブラジル代表
MF ロシツキ   ■☆ K チェコ代表
FW アデバヨール   □ L トーゴ代表
FW ウォルコット   □ J イングランド代表


注目選手
ジョン・オビ・ミケル
 チェルシーとマンUが壮絶な獲得競争を繰り広げた、ナイジェリアの若き天才。
 ボールコントロールに優れ、正確なパスと鋭いドリブルを瞬時の判断で使い分ける。
 元々はトップ下やセカンドトップを得意としたが、現在では中盤の底高い適性を発揮。
 強靱なフィジカルで激しく当たってボールを奪い、効果的に展開させてリズムを作り出す。
 今後十年はナイジェリア、そしてチェルシーの中核を担って行くだろう。
 
ミヒャエル・バラック
 「小皇帝」が転じて、現在では「新皇帝」と呼ばれるドイツ代表のキャプテン。
 強靱なフィジカルと両足の正確なキック、高いパスセンスに加え、その非凡な得点能力は
 時に一流フォワード並のゴール数を叩き出す。
 運動量と守備時の献身性、チームをまとめ上げるリーダーシップも評価が高い。
 昨年夏に満を持しての海外初挑戦となったが、移籍先のチェルシーで失速。
 本来の実力、実績的にはレアカード化は確実なのだが・・・。

オレ・グンナー・スールシャール
 ずば抜けた集中力と得点感覚を備えた「童顔の殺し屋」。
 ファーガソンに見いだされ、ノルウェーのクラブから世界的名門へ一気にステップアップする。
 スーパーサブとして才能を開花させると、チャンピオンズリーグ決勝で奇跡の逆転ゴールを
 決めるなど、マンU黄金時代の一員として多大な功績を残した。
 06~07はラストシーズンとなってしまったが、怪我から復帰して本領が発揮された感がある。
 今度こそ、のカード化に期待せずにはいられない。

トーマス・ロシツキ
 チェコ代表とアーセナルでタクトを振るう、小柄な天才司令塔。
 その繊細なボールタッチはモーツァルトに例えられ、変幻自在のパスを操って試合を決める。
 さらには当たりにも強く、運動量と闘志溢れるディフェンスで攻守に渡って幅広く貢献。
 時折試合から消えるのは難点だが、世界屈指のファンタジスタであることに疑いはない。

エマヌエル・アデバヨール
 名伯楽ベンゲルが「世界屈指のストライカーになる」と太鼓判を押す、トーゴ代表のエース。
 長身だが痩せ形で、パワーよりもスピードと運動量、足下の技術で勝負する。
 ポスト役として味方も使えるが、今シーズンはストライカーとしての才能が爆発中。
 現在プレミアシップの得点ランクトップを走り、ヤングガナーズ好調の一因となっている。
 

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 18:49:43 | Trackback(0) | Comments(9)
コメント
ファウラーのLE化は望み薄いですかね??
2007-12-07 金 07:43:13 | URL | セルジオ [編集]
オーウェンのリバプールでのLE化はないですかね?
2007-12-07 金 12:38:12 | URL | [編集]
プレミア勢はどのチームも楽しみですね。
既存選手の大幅パワーアップもありそうで。個人的には・・・

As.コール:守備意識が高かったのでDEFが上がりそう
ドログバ:パワー以外は軒並み上がりそう
キャリック:ロイキーン2世の能力やいかに
C・ロナウド:どこまで強くなるか楽しみ
ベラミ:シアラーとの特殊に期待
カイト:高い献身性が評価されればいいが
セスク:今やチームの核。ペップやレドンド級になってくれれば
フラミニ:今季はジウベルトからレギュラーを奪ったが、昨季はSBもこなしてたので、ポジション表記が気になります
2007-12-07 金 13:17:23 | URL | 市船商専 [編集]
スールシャールのLE欲しいですね!
2007-12-07 金 15:02:12 | URL | ミハエル [編集]
ドログバは今のままで特殊実況がつくだけでも
使用者が増えそうな感じがありますね。

私の個人的に気になる選手はキャリックとスールシャールですね。
キャリックは下手すれば国籍の違うフレッチャーになりかねない気もしますが・・・。
2007-12-07 金 21:54:24 | URL | フィン [編集]
結構、前に現れたことのあるsafasuです。
やっぱり僕が、注目している選手はフェルナンド・トーレスです。後は、マンUのテヴェスとか若い世代がwccfで出てきてほしいです。
セリエA版もやってくださいね。
2007-12-08 土 19:01:37 | URL | safasu [編集]
これまでのVer.を見ると、冬のマーケットで移籍してきた選手は追加カードが出ないと登場しなかった事から、マスチェラーノは無理でしょうね。
個人的にはヴィディッチ、アッゲルのCB2人とエヴラ、エブエのSB2人、ミケル、アデバヨールに注目しています。
後、今度こそはキャラガーにはキラになってもらいたいものですね。
2007-12-08 土 22:18:30 | URL | ステッペンウルフ [編集]
一時期書き込んでましたmasです。キャリックはDEF値高いのでしょうか。また、キャリックとヴィディッチ、それとエブエは白ででたら優良白なんでしょうねー。
2007-12-09 日 01:20:05 | URL | mas [編集]
マスチェラーノは書き忘れていました。
フンテラールの例や、南米勢は後期リーグに合わせた人選がされそうなので、
06~07版では冬に移籍してきた選手にも登場のチャンスはありそうです。

キャリックは前評判が高かっただけに、どういう評価をされるか気になります。
フレッチャーと同じ臭いがするのは同感で、期待しすぎると肩すかしを食らうかも知れませんね。
2007-12-09 日 15:20:23 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。