■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
定番カードの話 ③
定番白カードの話、三回目です。

前回に続いてセンターバックの話。

以下は続き


定番カードの位置づけ
センターバックの定番カードの位置づけは、先に紹介したゴールキーパーと幾分異なる。
レアクラスのキーパーが総合力で定番白を大きく引き離しているのに対し、センターバックには
必ずしもその図式が当たらない。

もちろん個別の能力を比べた場合、定番白はレアクラスの選手に劣る部分も多いのだが、
ユーティリティ性やフィード能力、守備の柔軟性などの要素を加味した場合、その総合力では
匹敵あるいは逆転というケースもままあり得る。
例えばビリカはまさにこれで、一対一の強さこそ上位カテゴリーの選手に譲るものの、空中戦に
フィード能力、ユーティリティ性を備えた選手となればそうそう居るものではない。
同様にトゥドゥールやレグロッターリエ、R・ジュニオール、コバチも総合力が高く、レアクラスを
差し置いての起用も納得できる実力の持ち主だと言える。

異質とも言えるのがアンドラーデで、これは全く逆のケース。
総合力はそこそこのレベルだが、トップクラスのカバーリング能力が彼を定番たらしめている。
カバーリング型のレアに枠を割くくらいならアンドラーデ、ということなのだろう。

定番にも匹敵するカードたち
こうして考察するに、白の定番センターバックの壁はなかなかに高い。
特に定番のストッパーはかなりの鉄板、守備能力の高い万能型のレアと組み合わせることで、
補完性が高く堅牢な守備網を容易に作り上げることができる。
なので同等の実力となるとそうはいないのだが、厳しいながらも数人ほど紹介してみる。

ラウルセン
ストッパー型。
競り合いの強さと空中戦は一級品、数値以上に優れたスピード対応能力も併せもつ。
幅広い動きの中で見せるカバーリングも良く、フィード能力も悪くはない。
スタミナこそ経験に大きく影響があるものの、パフォーマンスは任期を通じて安定している。

カバジェロ
ストッパー型。
素早い寄せと巧みなボールスティールが武器で、地上の相手とは競る前に勝負をつける。
なので当たり負けは少なく、ボールを奪った後の処理にもミスはほとんど見られない。
足下の技術を生かした効果的な繋ぎと、スキル通りのロングパスで攻撃面にも期待できる。
スタミナ豊富とは言えないが、数値の印象よりは持ちがいい。

クリバーリ
万能型。
カバーリング寄りの判断が目立つものの、一対一への移行はスムーズで安定している。
身体能力は全ての要素が並以上、守備技術も足下の技術も十分に合格点が出せる。
スペシャリストに比べると幾分地味だが、あらゆるタスクを高いレベルでこなす真の万能型。

ベルトット (01~02)
万能型。
空中戦とフィジカル勝負は期待できないが、一対一とカバーリングを判断良くこなす。
守備組織の中で勝負する限り、数値の印象よりもはるかに良く守ってくれる。
ちなみに02~03版は完全なカバーリング型、一対一はとても怖くて任せられない。

ボネーラ (02~03)
万能型。
冷静な守備対応が特徴的で、スキル通りの鮮やかなボール奪取で攻撃を遮断。
最終ラインから動くことはほとんどなく、味方の空けたスペースをカバーすることにも長けている。
右サイドでもプレーでき、守備的なサイドバックとしてはかなり優秀な部類に入る。

上に上げた中だと、特にクリバーリがお薦め。
総合力は定番カードに匹敵し、誰がどのように起用しても動いてくれる使いやすさも魅力。
他の万能型二人も使い勝手は良く、センターでもサイドでも動きが変わらないのが良い。
ストッパー二人はややクセがあるが、それぞれの長所を生かせれば定番とも渡り合える。

一度のミスが勝敗に影響しやすいポジションだけに、確かに弱点のある選手は選びにくい。
例え能力値が高くとも、実際に起用してみて失望させられるケースも決して少なくはない。
このポジションの定番カードたちはそれが少なく、ゆえに信頼されているとも言える。
それでも高い能力を持つ埋もれた選手達が、他に全く居ないというわけでもないはずだ。
かなり強引ではあるが、前回と同じく色々な選手をつかってみよう、というのを締めとしたい。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 19:45:27 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-04-03 木 09:58:07 | | [編集]
補完
お互いの欠点を補完しあう組み合わせにすればより機能するって事ですね。
ストッパー型ばかりのDFはスルーパスで、カバーリング型ばかりのDFは足元に出しての突破で簡単に破れますからね。
1人抜かれても決定的なピンチを招かない組み合わせが重要ですね。
2008-04-03 木 14:15:06 | URL | マカロニ [編集]
クリバーリは非常に1対1が強いです。
もうシェバでも、ニステルでもバンバン止めてくれます。
2008-04-03 木 16:37:20 | URL | ゴット [編集]
カバジェロってCBだったんだ。ずっとSBやボランチで使ってた
2008-04-03 木 20:19:11 | URL | テリー [編集]
クリバーリはボールを受けた敵にすばやく寄せて体勢が整う前に
難なくクールにボール奪取する印象です。
レアクラスに例えるならITカンナバァロみたいな。

ブラジル縛りのときに起用してました。とにもかくにもクレバーなDFといった印象でした。
2008-04-03 木 20:48:41 | URL | ロッキ [編集]
そろそろ次ほしいっじょ
2008-04-06 日 08:38:07 | URL | [編集]
ラウルセン、使いました。上の使用感にも書いてあるとおり空中戦は強すぎです。
次はボランチの定番の話かな・・
2008-04-06 日 20:42:28 | URL | ゴット [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。