■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
レーマンにボレーを決められた話 続き
レーマンにボレーを決められた話の続きです。

さらに先日、中央の大画面モニターでCPUチームのタイービがゴールを決めるのを見ました。
立て続けに珍しいものを見たわけですが、単にそれだけのことでもないのです。


以下続き


タイービのゴールから見えてくるもの

タイービがゴールを決めたのは後半ビハインドの状況、味方のコーナーキックにヘッドで
併せて同点弾を叩き込みました。
その少し前にもコーナーキックのシーンがあり、その時もゴールこそ決めなかったものの
相手ペナルティエリアの中にタイービらしきキーパーのユニフォームを着た選手がいました。
自分はちょっと離れたところからモニターを見ていたんですが、飲んでいたお茶を吹き出すほど
驚いたのを覚えています。

で、このタイービとレーマンについて。
羅列になりますが

・1FCプロイセンのレーマンは白かったので、おそらく04~05バージョンのもの。
・タイービは01~02,02~03とと2種類あるが、どちらもチームスタイルは同じ(らしい)。
・この3枚は固有チームスタイルが『GK攻撃参加』である。
・GK攻撃参加』採用中は、味方コーナーキック時にキーパーが攻撃参加する。
・レーマンがゴールを決めたのも後半ビハインド、味方コーナーキックの時。

ちょっと不確定な部分もありますが、こんな感じの共通点とかシチェエーションが物語るのが
今回のキモの部分です。


CPUは試合中にチームスタイルを変えるか?

こうした場面を目撃したことで、前々から気になっていた
『CPUは状況に応じてチームスタイルを変えることがあるのか』
という疑問に自分の中では答えが出た気がします。
厳密にいうと、かなり有力な状況証拠が出てきたと言うべきでしょうか。

CPUが試合中にチームスタイルを変えていることは、今までにも色々と体感する部分が
ありました。
例えばグランデ・アルビセレステの場合、開始時のチームスタイルが「ファンタジーア」であり
試合中もメッシにボールを集めたいかにもな攻撃を展開。
それに対して守備時、自分の知っている「ファンタジーア」のものとは違うディフェンスで
肝心なところを押さえてきます。
他にもあまり強くないはずのCPUチームがやたらとドリブルを止めてきたり、特定の形で
しっかりとインターセプトをしてきたり、白いキーパーがやたらとシュートを止めたり等々。
開始時のチームスタイルのままなら守備がボロボロになるはずなのに、といった違和感を
常々感じていました。
こうしたことは、CPUが状況毎にチームスタイルを使い分けていたら説明がつきます。

あくまで予測なんですが、CPUがチームスタイルを変えるにしてもプレイヤーに対応して
変えるのではなく、一定の思考パターンに沿って変えているような気がします。
例えば

・味方チームの攻撃時
・敵チームの攻撃時
・得点の状況(同点、リード、ビハインドなど)
・試合の時間帯(前半か後半か)
・セットプレー時

これくらいの状況下で使い分けるルーチンになっているのではないでしょうか。
攻撃中は開始時のフォーメーション画面に表示されるもの、例えば上で書いたメッシの
「ファンタジーア」や、仮想パレルモのアマウリが持つ「センターポスト」などは明確で
それと解りやすいものになっています。
守備の場面ではディフェンダーかゴールキーパーのチームスタイルを使い、得点差によっては
攻めるか守るかを意識した変えかたをしていく。
それこそ後半ビハインド、後がない状況ではコーナーキック時に「GK攻撃参加」を使っても
点を取りに行く。
CPUのチーム毎に区別かはされているでしょうが、大体こんな感じになっているのではと
現段階では考えています。
そこまで複雑な思考はしていないだろうというのが読みというか、タカもくくっています。


CPUチームも状況に応じてチームスタイルを変える

だとしたらどうなのか、という話に続いていきます。
CPUチームの選手を把握することにより、採用チームスタイルを限定、もしくは特定することが
できるようになるので、その試合を有利に運べる可能性が高まります。
特定すれば、それに対して有利なチームスタイルで臨め、勝敗にも大きな影響がでるはず。
攻撃時のキープレイヤーは試合開始時に解ったりしますが、守備時のキープレイヤーは
解りにくいので、面子を把握した上で試合中の動きから特定していく必要があります。
問題は複数の種類があるような選手(ネスタ、ネドベド、トッティ等)で、これは知識があっても
見た目だけではチームスタイルが解りません。
そうした選手は符合するものの数だけ可能性が広がるので、より特定に手間がかかります。
巷で評判のよろしくないイヤーブックも、CPUチームの詳細が載っているという話なので
(未確認ですが)選手カードのバージョンまで解るのなら価値も高まりそうです。

実際にはチームスタイルの効果自体を把握するのが難しかったり、ゴールキーパーの
「降臨」などのように解っていてもどうにもならないものもあったりします。
それでも対CPU戦の場合、流れと攻め手を変えれば何とかなってしまうことは多いので
解らないなりにも試行錯誤するのは大事だとも思います。
長々と書きましたが、「CPUもチームスタイルを変えますよ」とか、どこかの雑誌とかで
開発者がさらりと言ってそうな気もしてきました。
もしそうだったら寒いなあとか不安になりながら、この記事を締めようと思います。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 18:50:11 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
yearbookに・・
近くのゲーセンに店置きの06-07yearbookがあり、この間チラッ読みしのたですが、攻略?みたいな項にCPUチームも試合中チームスタイルが変更される旨書かれてました。
そしてCPUチームのフォメですが、どのバージョンのどのカードかまで載ってました。
ただ、全て把握するのは困難かと思われますので、自分は自分のスタイルを貫くといった方法で対応してまっす^^;
2008-10-13 月 00:25:40 | URL | NURSERY [編集]
非常に興味深いです。僕はキープレーヤーを固定するタイプではなく相手の戦術や選手によってキープレイヤー変えます。

CPUは試合前にチームスタイルが分かるので、守備時は相手のチームスタイルに合わせて守備してました。ですがなぜかCPUに勝ちにくく苦手意識がありました。対人のほうがまだ勝てます。

ですが納得しました。僕は相手(CPU)が固定のチームスタイルと思い込んでて、だけど相手(CPU)は固定のチームスタイルではなく状況に応じて変える。この僕の勝手な思い込みはかなり大きいと思います。

まだ確定的な話ではないかもしれませんが、次回から相手の動きや流れを見てキープレイヤーを試行錯誤してみたいと思います。WCCFはやっぱり面白いです。
2008-10-13 月 02:16:24 | URL | しぇふ [編集]
イヤーブックはみんなDVD狙いですからね。ちなみにDVDはかなり面白いです
内容は
・トラック祭
8チーム
サーフさん、クマジャパンさん、ローマニアさん、三五十五さん、メイキチさん、イーグルさん、あと名前忘れました
特に面白いのは、クマジャパンさん。日本人主体のチームですが、エースはタバタ。タバタとヤナギサワがかなり面白いです
・三五十五の講座
トラックさんが三五十五さんに今回のWCCFを教えます。
2008-10-13 月 08:59:28 | URL | [編集]
相変わらずマメーデさんは深いですね。こんなに強く読み入った記事は久しぶりです。
未だに感覚プレイヤーの私がもっと高みへ到達するには、いろいろ様々考える必要があるようです。
まずは、この点に関して意識して見ていこうと思いました。
2008-10-13 月 17:05:10 | URL | 初 [編集]
確かにCPUは試合展開によってKPを変更する、とイヤーブックに掲載されていましたので、その点を考慮しながらプレイするのが勝利する上で重要な要素になるかと思います。・・・よく考えたらCPU今までより歯応え有り過ぎだし・・・こちらも手抜きは難しくなりましたね。
2008-10-14 火 17:03:54 | URL | Y2J [編集]
初めまして。いつも見させていただいてます。

最近、CPUに勝てない時が多いと思っていたら、やはりそういうことでしたか。勉強になります。
2008-10-14 火 18:08:12 | URL | rey619 [編集]
イヤーブックに書いてありましたか、
何だか記事を書きながら嫌な予感を感じてたんですが、見事にお寒いことになりました。
まあこれで確信が確定になったわけなので、イヤーブックのカード情報もより価値を
増していきそうですね。
チームスタイルをひとつひとつ調べていくことの意味も高まったので、まあこの際よしとします。
こうした試行錯誤すること自体も楽しいわけですしね。
2008-10-14 火 21:44:42 | URL | マメーデ [編集]
DVDは好評なのでみんな見ましょう
2008-10-14 火 23:32:50 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。