■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
チームスタイル考察~ショートカウンター
チームスタイル考察、12回目。

今回はショートカウンター


以下続き


ショートカウンター

今回の対象選手
 ファン・デルファールト (06~07)
 タッキナルディ (02~03)

チームに与える影響
・チーム全体の攻守の意識に大きな影響を与えるチームスタイル。
 中盤のプレッシングでボールを奪い、そこから数本のパスとドリブルで構成される手数を
 掛けない速攻をチーム全体が意識するようになる。
 奪ったボールはキープレイヤーに渡す動きが目立つものの、それ以上に速攻の意識が強く
 縦へのスピードが阻害されるような場合にはこれが省略されることも多い。

・中盤のプレッシングは意識だけでなく、そのボール奪取能力にも向上が見られた。
 高い位置での攻撃的な守備でボールを奪い、相手チームの攻守の切り替えが済まないうちに
 数人が連動してゴールを狙っていく。
 ディフェンスが高い位置まで出てチェック、もしくはカバーリングに入る場面も目立ち
 その守備力を中盤で生かす機会も増える。
 反面で守備のバランスが崩れたり、スペースを使われやすくなるというデメリットもはらむ。

・キーパーに与える影響は体感的に微妙なところ。
 強烈に悪い影響があるようには思えなかったが、少なくとも良い影響があったりもしない。
 キーパーの活躍に期待を掛ける必要があるなら、他に選ぶべきチームスタイルがあるはず。

キープレイヤーに与える影響
・キープレイヤーもチーム全体と同じく、縦へのスピードを重視した速攻を意識するようになる。
 ボールを奪った位置にもよるが、一端ボールを預けられる形が多くなるためカウンターの
 要を担うことが多い。

・カウンターに意識は大きく傾けられるものの、パスやドリブルの判断自体は固有の思考を
 色濃く残したものになっている。
 無難に素早く繋ぐか、ラストパスやドリブルで勝負を仕掛けるかは選手次第といった印象。
 パスも前線の要求通りに出すか、もしくは走らせるかなども相互の関係性が最も影響し
 一部のチームスタイルのように特定のプレーのみの意識が高まるわけではない。

戦術としての考察
・確固たる攻撃の形をチームとして意識しながらも、その性質上守備面でも大きな意識の
 変化をもたらすチームスタイル。
 完成型は堅守速攻で、ボール奪取後の数人が連動したカウンターアタックは非常に強力。
 攻撃に意識の向いたチームに対しては特に有効で、守備組織を整える時間を相手に
 与えないのが最大の強み。

・ゲームシステム的に恵まれたチームスタイルでもある。
 攻守一体となった戦術なので、守備のスタイルが噛み合う相手なら常時採用でも問題はない。
 逆に相手チームは攻守の素早い切り替えが要求され、それがキープレイヤー変更を伴う場合
 かなりの負担をプレイヤー自身に強いることになる。
 カードを素早く認識させることも必要なので、ミスがあったり間に合わなかったりとデジタルでは
 ない部分の要因が勝敗に影響する可能性もある。

・とはいえ、苦手とするタイプのチームスタイルも数多く存在すると思われる。
 引いて守る相手には決め手に欠ける攻撃が多くなり、せめぎあった末にカウンターを受ける
 こともしばしば。
 また寄せをパスでさばかれたりキープされたりすると、簡単な連携でスペースを突かれるなど
 守備面での脆さを露呈することもある。
 噛み合えば強い戦術なので、弱点を補うべく他のチームスタイルと併せて使っていきたい。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 21:46:28 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
LEショルで使ってます
ショルにボールを預ける動きがとても多くなります
それは中央でもサイドでも変わりません
それをショルがワンタッチもしくはツータッチでボールを散らします
あのワンタッチでの散らしは必見ですね
明らかに他の選手とは違います
2008-11-09 日 13:28:50 | URL | きん [編集]
私もLEショルで使っていますが、中盤の奪取力UPと球離れが良くなる点
はかなり実感できます。ショル自身のパス能力や意外な奪取力と合わせ、
なかなか使えると感じました。
ボールはあまり集まってる感じはしませんでした。配置なのか、球離れ良す
ぎて私が気づいていないだけかもしれませんがw
球離れの良いショルはらしくはないけど、理想的なトップ下の一人と思えま
す。(半分以上LEショルの感想ですみません)
2008-11-10 月 01:43:05 | URL | [編集]
ショートカウンターに適したフォーメーションは何ですか?
2008-11-16 日 18:42:59 | URL | ひろ [編集]
「チームスタイル考察目次」に載ってないみたいなんで、次のメンテ(?)の時にでもお願いします
2008-11-17 月 20:41:04 | URL | へたくそ [編集]
ご指摘ありがとうございます。
目次に追加しておきました。

ショルは使っていて面白いという話を、いままでにも何度か聞いたことがあります。
チームスタイルがショートカウンターなら中心選手としても期待でき、安定した活躍が
望めそうですね。
まだ手元にはないんですが、いずれはクローゼとかを入れた新旧バイエルンで
起用してみるつもりでいます。
2008-11-18 火 01:30:43 | URL | マメーデ [編集]
このサイトを見て使ってみたのですが、使い勝手が良くて吃驚しました。
デメリットが少なく、守備能力が上がるので基本常時採用しています。

質問なのですが、ショル以外で戦術レベルがSになるカードってありますか?
2009-01-21 水 20:02:33 | URL | 楽しく見ています [編集]
08-09のL・ディアッラがこのKPで「S」まで行く、という話を聞いたのですが、スピード(と、ついでに「支配」)を「震撼(MAX)」にしても、「A」のままです。
同じチームにKPがショートカウンターのアンデルソンを入れてますが、彼と同じです。

現チームは全て白カードで組んでるんですが(優良白なので、8,9割がパラ80超え)、関係ありそうでしょうか?
2010-02-12 金 12:31:00 | URL | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。