■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
マツイをどう起用するか~前編
マツイをどう起用するか、どうすれば有効に機能するのか、というはなし。

前編はマツイの特徴、長所と短所について。
以降の前提となる部分です。


以下続き


個人的な評価と位置づけ
 決して万能ではないが、武器となる一芸+αを持ち、個性と存在感で勝負できる選手。
 現Verでの様々な傾向から活躍するだろうとは思っていたが、こちらの想像をはるかに上回る
 パフォーマンスで期待に応えてくれた。
 現Verで起用したサイドハーフの中では、トップクラスの結果とインパクトを残しもした。
 U-5Rはもちろん、長所を生かせる構成ならU-5の枠を使っても惜しくはないレベル。 
 
特長はラストパス供給能力と得点力
 当初はドリブラーかと思っていたが、下手にドリブルに拘るよりも少ないタッチで決定的な
 仕事をさせるほうが良いという結論に辿り着いた。
 トリックプレーを交えての素早いラストパスが目立ち、それが効率的なフィニッシュに結びつく。
 味方を走らせるよりは要求されたパスを出すタイプなので、ドリブルで仕掛けざるをえない状況を
 減らすためにも、動き出しが活発なタイプを前線には用意したいところ。
 ゴール前でのプレーの質が高く、多くのフィニッシュの引き出しがあるのも素晴らしい。
 ドライブの掛かったミドルシュートで得点も狙っていける。

能力値に現れない部分が非常に優秀
 具体的には判断の速さと正確性、プレースピードの速さ。
 ボールを持ってから短い時間で決定的な仕事ができ、ディフェンスとの接触を避けることで
 フィジカルの弱さをカバーする能力がある。
 視野の広さも感じられ、サイドから中央の幅広い展開を引き出せる。

フィジカルは弱くスタミナも不安
 この点は能力値の通り、フィジカルが弱くスプリント能力も高くない。
 後方からのボールを受けて振り向き前方を見る、という一連の動作はマーカーの餌食になる。
 ハイボールを競ることはできず、中央では頭上を飛び交うボールの下で消えることも少なくない。
 ドリブルで併走を振り切るスピードもなく、崩しても追いつかれたり、クロスに被せられる場面が
 しばしば見られた。
 スタミナもある方とは言えず、ボールを回し続ければ90分持たない。
 
固有チームスタイルとの相性は良くない
 固有チームスタイルは『ドリブル突破』、ボールがよく集まるようになる。
 キープレイヤーに指定するとひたすらドリブルで仕掛けるようになり、突破の成功率も若干では
 あるが向上する気がする。
 この状態もオプションとしては悪くないのだが、素早いラストパスという長所が消えてしまっては
 本末転倒と言える。
 またスタミナを大きく消耗してしまうのもマイナス要素。
 キープレイヤーとしてチーム戦術の中心に据えるのは無理がある、というのが個人的な結論。

以上が特徴、長所と短所のまとめ。
いかにして長所を生かし短所を目立たなくするか、これは次回。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 08:24:27 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-12-09 火 20:18:09 | | [編集]
本当に勉強になります。m(__)m

これだけ特徴が的確ですと、自チームのスタイルとゲームの展開に合わせて、
カードのポジション修正に全力を注げますね^^


ますます、楽しいwccfライフをおくれます。
ありがとうございます。
2008-12-14 日 10:12:58 | URL | ギー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。