■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
08年 ポジション別ベストプレーヤー賞~センターバック編
08年 ポジション別ベストプレーヤー賞。

今回はセンターバック編。


以下続き



次点 エリック・アッド
    ニコラ・レグロッターリエ
    ビリカ
    アレックス (05~06) (WDF)


 次点に上げるのはこの4選手。
 アッドは抜群のスピードがあり、4位に挙げたペレアに通ずる者がある。
 レグロッターリエはカバーリング型に変貌、以前ほどの積極性はないが一対一も十分に強く
 身体能力の高さと判断力を随所に生かせるようになった。
 ビリカは若干使い勝手が悪くなったが、相変わらず白CBとしては屈指の総合力がある。
 アレックスは05~06はストッパーとして、WDFは万能型として優秀。
 スピード不足をあまり感じさせず、強さと高さは攻守両面において頼れる武器となっている。
 ちなみに06~07の黒はかなりカバーリング寄り、ボールに強いがスピード不足に泣かされる。


5位 アレックス・シウバ
 高さと速さという二つの武器を兼ね備えた、非常に優秀なセンターバック。
 プレーの柔軟性と判断力に優れた万能型で、味方に合わせて役割を変えていくことができる。
 スキル通りの足下から掠うボールスティールも巧み、ボールの収まりが良いのでしっかりと
 繋いでいけるところも好印象。
 現在も成長中の若手なので、2月に出る新Verでの再カード化が非常に楽しみ。

4位 ルイス・ペレア
 基本的にはストッパーであり、積極的で一対一に強いタイプ。
 空中戦には期待できないが、それを補って余りある圧倒的なスピードで地上戦を制圧。
 反応の遅れは脚力、ポジショニングのずれも脚力、カバーリングも脚力ででなんとかしてしまう。
 現Verではスピード値が前線だけでなく、ディフェンスにも重要であることを教えてくれる選手。

 
3位 ゴンサロ・ロドリゲス
 以前のバージョンとは別人になったかのような変貌ぶり。
 守備範囲が格段に広がり、一対一の強さも向上してストッパー的に振る舞えるようになった。
 同時にカバーリングの対応力とボールへの反応速度も健在で、完成度は見違えるほど向上。
 強さと速さも数値通りといった印象で、超人的ではないがバランスが取れていて使いやすい。
 固有のチームスタイル『ディフェンススピリット』も非常に良い。
 

2位 ファビオ・カンナバーロ (WDF)
 レアクラスのセンターバックのうち、カバーリング型からはWDFカンナバーロを選出。
 MVPはいずれも手元に無く起用できなかったが、WDFも決して凡庸なディフェンダーではない。
 たまに中途半端な対応もあるが、状況や組む味方によっては積極的な守備もこなせる。
 以前にはなぜか弱かった空中戦も改善され、穴が消えてより完璧なディフェンダーに近づいた。
 続けて書いたAEネスタとの相性は抜群、理想的な相互の関係で鉄壁のラインを築き上げた。


1位 アレッサンドロ・ネスタ (AE)
 レアクラスのストッパー型としてAEネスタを選出。
 現Verではストッパー型のカバーリングの質が全体的に向上しただけでなく、バイタルエリアの
 攻防が重要度を増したこともあり、このタイプの相対的な価値はより高まっている。
 そんな中で強さと高さ、速さと対応能力の全てを高水準で兼ね備えるネスタは、最高の称号を
 冠するのに相応しいディフェンダーと言えるだろう。
 以前は積極性からかファールがやや目立った印象もあったが、仕様変更によってこれも激減。
 ウィークポイントすら取り除かれた。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 16:18:34 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
アレックス・シウバはCBで使ったのですか?
SBオンリーの選手だとばかり思っていました。

AEネスタはKPもかなり使いやすいんで納得です。
2008-12-24 水 16:53:49 | URL | ymk [編集]
掘り出し物ならシルベストレとアトゥバですね。シルベストレは72とは思えない数値離れした総合力に優れたDF。アトゥバはパワーに優れたDFって感じでしょうか
2008-12-24 水 20:54:15 | URL | カン [編集]
アレックス・シウバは確かに速くて強くて優秀ですね。
ただ白アレックス(05-06)にも言えることなのですがどちらもスタミナが13なので試合の終盤にはスタミナの残りが不安なのが数少ない欠点ですね。(自分は後半には交代させています。)
そういう点では白のDFの中ではスタミナが15ある白トゥーレ(04-05)のほうが06-07でもまだ頭一つ抜けているかなという気がします。

個人的にはM・フェラーリ(04-05)がおすすめですね。スタミナが15と高い上に、競り合いや空中戦の強さもかなりのものですし簡単につられたりせずポジションを守ってくれるので優秀な選手だと思います。

カンナバロやネスタは06-07ではまだ使ったことがないですが今のバージョンの仕様の方が昔のバージョンより優秀という事が分かったので
また使ってみようと思います。
2008-12-24 水 21:10:23 | URL | steel [編集]
今回の自分のMVPは05-06テュラムですね。当たって良しカバーして良し空中戦良しでDFの要として、またどんなタイプのDFと組ませても相方を生かし、そしてテュラム自身も生かすことが出来るので、新バーになってから大変お世話になりました。
2008-12-24 水 21:11:19 | URL | ピッポ [編集]
優良白として意識しながらも自分は使ったことがなかったゴンサロ・ロドリゲスが3位でというのは意外でしたね…。
今度試しにアルゼンチン縛りでも作って起用してみようと思います!

ちなみにWDFカンナヴァロを現在イタリア縛りのチームで使っているのですが、フィードミス(というよりもはや相手へのパス)が非常に多いのが玉に瑕だと思いながら使っています…。(苦笑)
MVPになるとまた違うんですかね?
2008-12-24 水 21:21:22 | URL | K-1 [編集]
CB選出に…
はじめまして。
0607を全白で全冠した時に4バックで、左マルチェナ・ロペス、右ラウール・アルビオルを使っていて、ラウールが良いと感じました。
KPのパワーディフェンスもS迄育ちますし、SBの動きに合わせてカバーかフォアチェックが変わった様に感じました。個人的に一番良かったのはオーバーラップをほぼしなかった事も有りますが。
2008-12-24 水 23:45:24 | URL | スーペル×3 [編集]
私はキケ・アルバレスを奨めます。
何と言っても綺羅も含めて、最高峰レベルのビルドアップ能力と安定した守備能力はそうそう居ないと思います。
スタミナも充分。

黒なら3バック限定で02センシーニ。

綺羅はLEマルディーニ。
スキルも使いやすい。
2008-12-25 木 02:53:17 | URL | 310 [編集]
使った中で上がってないとこだとプラニュスあたりもお奨めです
使用感、ポジションともにペレアに通じるところがありますが、カバーリング範囲の広大さではなかなかのものがあると思います

あとはフェラーラ(01-02)も地味によいです
スタミナに若干不安要素がありますが、希少なKP戦術を持ってたりなかなかよい存在だと思います

EMVPカンナは引いたので早速使ってみましたが、☆不足のせいか当たりが軽くパワー系FWに蹂躙されまくりでした(TT
2008-12-25 木 08:44:55 | URL | 頭文字R [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。