■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
08年 ポジション別ベストプレーヤー賞~サイドアタッカー編
08年 ポジション別ベストプレーヤー賞。

今回はサイドアタッカー編。


以下続き




次点 デイビッド・ベッカム (WWF)
    マンシーニ (05~06)


 ベッカムは評価の分かれる選手。
 アーリークロス重視はそれなりに強力だが、より強力なチームスタイルの前では霞む。
 そうなった時、ゲームメイカーでもドリブラーでもない選手がサイドに居場所があるかどうか。
 クロス以外にも良い部分はあるので、それらを有効に使えるようならベストにも食い込んでくる。

 マンシーニはあらゆる能力が平均点を超える感じだが、それぞれがベストプレイヤーに選ぶには
 少しずつ足りていないと感じる。
 とはいえ一試合持たせることのできるスタミナと、前線を広くこなせるユーティリティ性は魅力的。


5位 マルティン・ペトロフ 
 直線的に突き破るドリブルが持ち味で、そのスピード感はWCCF中でも随一。
 瞬間的にトップスピードまで到達し、付いてこれない選手はほとんど何もさせてもらえない。
 このプレースタイルを貫くにはスタミナ不足だが、チームアタックに変化を与える存在として
 切り札的な起用も面白い。
 パスとクロス、シュートはいずれもまあまあのレベルなので、突破後の指示はかなり重要。
 

4位 ウェンデウ
 派手さには欠けるが、何かとうれしい機能が満載されたサイドアタッカー。
 角度のない位置でも決めるシュート技術があり、逆サイドからのクロスに合わせるプレーも良好。
 ドリブルはまずまずのレベルだが、スペースへ走り込む動きが上手く突破の頻度は高い。
 中央の味方を生かすボールの質も良く、ポジションに応じた平均点以上の守備もこなす。
 地味で堅実な仕事ぶりでチームを支えつつ、時に主役をも喰ってしまう名脇役。


3位 ダイスケ・マツイ
 身体能力の不利を、判断の速さとトリックプレーでカバーするファンタジスタ。
 ボールをトラップした時からショータイムが始まり、瞬く間に鮮やかなパスがチャンスを作り出す。
 単独ではボールを持たせづらいが、長くフリーでいる必要もないので道筋は付けやすい。
 ゴール前での得点感覚にも優れ、中央の展開にも的確に絡んで決定機をものにする。
 ドリブル突破も悪くはないのだが、スピード不足に泣くことが多いので過剰な期待は禁物。


2位 リオネル・メッシ (CRA)
 1位のロナウド同様、今後のWCCFに君臨し続けるであろうメガクラック。
 前VerのYGSよりも若干球離れは良くなったが、やはり正面から仕掛けるドリブルが真骨頂。
 解っていても止まらない突破は脅威的な破壊力で、名だたる守備者たちも軽々と手玉にとる。
 シュート決定力やラストパスにも優れ、ゴール前を固めれば強烈なミドルがネットに突き刺さる。
 周囲の選手をフォローに回らせ、チームの王として振る舞わせると輝きはなお増す。
 スタミナは若干不足気味だが、バテるのは大抵試合を決める活躍をしてしまった後。


1位 クリスティアーノ・ロナウド (CRA)
 脅威の完成度を備えた完全無欠のアタッカー。
 既に速さ、巧さ、強さを兼ね備えているが、今後はこれらが更に高まると思うと恐ろしい。
 メッシ同様にドリブルが最大の武器だが、こちらは意外なほど球離れも良く連携の中でも生きる。 
 細かい繋ぎと崩しの動きを使い分け、周囲と自身の能力を最大限にまで引き出していく。
 このポジションの選手としては飛び抜けた得点力を持ち合わせ、ゴールまでの道筋も豊富。
 エゴイスティックに振る舞わせたければ、キープレイヤーに指定して『フリーロール』の効果を
 発動させると良い。
 
 

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 22:58:51 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
ヴェンデウはまだ使った事がありませんがここの記事や使用感を参考にすると私が使った選手の中ではサリハミジッチに近い感じですかね。

サリハミジッチもヴェンデウとおなじくドリブルはそこそこですが
スペースへ走りこむ動きがうまくて厳しい角度でもシュートを外した事が無いです。
さらには高いクロスの精度に加え、SBもまかせられる守備力と疲れ知らずのスタミナも合わせ持つなど派手さはないですが白のサイドアタッカーとしては非の打ち所が無い選手だと思います。

クリスティアーノ・ロナウドの1位は納得ですね。

私も06-07で初めて彼のレアカードを引くことが出来たので使っているのですが、ここに書いてある通り速さ、巧さ、強さに加え、弾離れの良さまで併せ持ったサイドアタッカーの理想系ですね。
さらにはセンターもこなせるなどまさに完全無欠の選手ですね。

私は彼のKP戦術「フリーロール」を使う事はあまりありませんが、
それでも彼の1位の座は揺るがないとおもいます。
2008-12-30 火 00:22:08 | URL | steel [編集]
CRA:クリロナは凄いですよね。 どちらのサイドからのセンターリング、切り込んで自分でも得点できるし。 CFでも充分こなしますし。 あと、リアルみたいにCK時のヘディングにもっと絡めるともっと◎。 私の中ではIS:カフーが双璧。
2008-12-30 火 00:33:54 | URL | もー [編集]
リベリーが入ってないとは首を傾げる内容ですね。

恐らく起用したことがないのだと思いますが白とは思えない活躍をします。もう綺羅枠いらないくらいですね
2008-12-30 火 09:33:29 | URL | ジーコ [編集]
白だと06-07バベルと05-06イニエスタが好きですね。

二人ともスタミナが少ないのとドリブルの時の当たり負けが気になるところではありますが、個人能力も溜まりやすいですし、バベルはゴールもアシストもそれなりに決めてくれますし、イニエスタは守備もそれなりに頑張ってくれて、DFラインの裏にふわりと浮かせたスルーパスが多いのでWFWビジャと相性がいいです。
2008-12-30 火 10:08:14 | URL | K-1 [編集]
あくまでマメーデさんが起用したなかで、の話でしょう。

私は06~ルイスガルシアですね。
左右をこなし、ドリブル良し、フリーラン良し、カットイン良し、パスセンス良しとスタミナ以外にケチがつけられません。
白では最高峰だと思います。

黒ならダフ、リュンベリ、ホールは流石の一言で綺羅要らず。

一芸に飛び抜けていた選手では06~ジェイソン・クリナ。
フリーラン精度は最高峰、消える事が少ない選手。

ガジェッティもダイゴナルな動きに若干の不満があるものの、使いやすい選手でした。
2008-12-30 火 14:06:37 | URL | 310 [編集]
私は、この中ではWWFベッカム、ウェンデウ、CRAロナウドをつかいましたが、それぞれ良かった印象が多いです。

ベッカムはドリブルをしたがりますが、それをしても奪取されないようにいかにフリーで持たせるかが鍵になりますね。
縦パスも上手いので、コツさえつかめば中央でもアシストを量産してくれるでしょう。

ウェンデウはスキル通りプレースキックが優秀です。
連携があまりなかった所為かCKよりFKが上手に見えましたが、マメーデさんのおっしゃるとおり平均的にこなしてくれるので使い勝手は良いと思います。

C・ロナウドは言うことがありませんね。
フリーロールにしても周りを上手く使いワンツーで抜けていく様は圧巻でした。
CFで起用しても高い決定力を持ち、攻撃的ポジションならどこでもこなせるのも魅力的ですね。


個人的にはトロホウスキがいないのが残念ですが・・・
2008-12-31 水 14:05:19 | URL | マティアス [編集]
ブレーク前なので数値的に寂しいですが、ウォルコットがかなり使えます
スタミナも12と少ないわりには、ポジショニングの巧さゆえか1試合なんとか持ちますし
スピードを生かした突破能力は白の中ではかなり高い部類だと思います
また数値からは想像できないくらいシュートの威力もあります

5位に上がっている右のペトロフは、リベリーよりも使いやすかったです
06-07稼働当時は、洒落にならないくらいの突破とクロスでアシストを量産していました(今は調整されているのかそこまでは無理っぽい)
2008-12-31 水 19:25:41 | URL | 頭文字R [編集]
納得の1位ですね。相手にいると、サイド対応に困ります・・・

個人的には、ロニですかね。
ドリブル・クロスもまあまあ、抜け出しが決まると大好き!ロニ!って思います(笑)

白ミクー → ロニ → サハ でまさかの50ゴール越えです。
2009-01-30 金 22:43:54 | URL | 白大好き [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。