■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ATLEの話
07~08の稼働から一週間あまりがたち、ATLEを含む面子も判明しました。
このブログでもATLEは予想しましたが、90年以降に引退した選手が主となるものだったので
結果は酷い有様になっています。
当たったのはピクシーだけで、シーマンやイエロが出なかったのは意外すぎました。

さて今回のATLEのセレクションは賛否両論、どちらかというと否が多い気もします。
前回のATLEが万人受けする面子だったことに比べると、今回はやや尖りすぎているのは事実。
活躍した年代的に思い入れが抱きにくく、映像などが手に入りにくいのもマイナスです。

そこで簡単に、どんな選手だったかを紹介しようというのが今回の趣旨。


以下続き


ディノ・ゾフ 
 82年ワールドカップ スペイン大会優勝メンバー。
 サッカー史上最高のGKの名前を挙げるとき、大体ヤシン、バンクスの次に名前が挙がる存在。
 選手としての格で言えば、あのブッフォンも未だにゾフの領域にたどり着けてはいない。
 クラブチームではスクデットを6回、代表ではユーロとワールドカップを一回ずつ獲得している。

パオロ・ロッシ
 82年ワールドカップ スペイン大会優勝メンバー。
 スピードと嗅覚に優れた点取り屋で、ロッシをイタリア史上最高のフォワードに推す声も多い。
 そのキャリアは順風満帆だったとは言い難いが、ワールドカップの舞台で黄金の四人を擁する
 「史上最強」のセレソンをハットトリックで打ち破ると、その年のバロンドールまで獲得した。 
 現在のWCCFの仕様に向いたタイプの選手なので、今後普及するにつれ人気は高まりそう。

マルコ・タルデッリ
 82年ワールドカップ スペイン大会優勝メンバー。
 サイドバックとしてキャリアをスタートさせるが、戦術理解度の高さから様々なポジションをこなし
 そのいずれでも高い適性を見せたオールラウンドプレイヤーだった。
 スキルとなっている「勝利を呼ぶ雄叫び」は、ワールドカップ決勝でゴールを決めた後の
 有名なシーンをイメージしたものだろう。
 WCCFでもこのゴールパフォーマンスは再現されているのだろうか?

ピエール・リトバルスキー
 90年ワールドカップ ドイツ大会優勝メンバー。
 ドイツ史上最高のドリブラーで、代表の黄金期に活躍してワールドカップ決勝を三度経験した。
 ドイツ人には珍しいテクニシャンタイプだったが、逆境に負けないゲルマン魂も持っていた。
 93年に来日しJリーグでも活躍、引退後も日本と深い関わりを持ち続ける親日家。
 今は色々あってスイスリーグで監督として指揮を執っている。 

ローター・マテウス
 90年ワールドカップ ドイツ大会優勝メンバー。
 ベッケンバウアーと並び称されるドイツ代表黄金期の大柱石で、闘将とも鉄人とも称される。
 「皇帝」と同じく守備的ミッドフィルダーからゲームメイカー、リベロのポジションで活躍した。
 バロンドールを始めとする幾多のタイトルを獲得した他、5度のワールドカップ出場と25試合の
 最多出場記録を達成。
 40歳で引退するまで、20年以上に渡って第一線で活躍を続けた。

アンドレアス・ブレーメ
 90年ワールドカップ ドイツ大会優勝メンバー。
 正確な左右のキックを備えたレフトバックで、正確無比なプレーぶりから精密機械と評された。
 インテル時代には、前述のマテウスと共にスクデットの獲得に貢献。
 PKの名手としても知られているが、この点がWCCFでも再現されていると嬉しいところ。

ダニエル・パサレラ
 アルゼンチン史上最高のディフェンダー。
 センターバックとしては小柄だが、驚異的なパワーと跳躍力、闘争心で攻撃を悉く遮断。
 足下の技術と攻撃性能にも優れ、得点力のあるリベロとして自ら試合を決める力もあった。
 気難しい性格でも知られており、選手時代にはマラドーナ、監督時代にはバティやベロンと
 いった代表メンバーとも度々衝突したらしい。
 こうした経歴は特殊連携に組み込まれていたりするのだろうか?

ドラガン・ストイコビッチ
 世界情勢にキャリアを翻弄された悲劇の天才でもあり、Jリーグ草創期のヒーローでもある。
 オシムとベンゲルという二人の名将から薫陶を受け、当人も今正に名古屋グランパスを率いて
 名将への道を歩もうとしている。 
 今回のATLEの中では最もつかまりやすい一人だが、サインをもらうときは失礼のないように
 心がけ節度を持ってお願いしましょう。

ヤスヒコ・オクデラ
 日本人初のプロサッカー選手。
 当初は左ウイングのポジションだったが、中盤を経た後に左サイドバックとして大成する。
 当時世界最高峰にあったブンデスリーガで10シーズンに渡ってプレーし、強豪ブレーメン等で
 主力として活躍し続けた。
 諸々の条件が違うため単純な比較はできないが、海外での実績は中田英寿をも上回る。
 歴代でも最高の日本人プレイヤーと言っても過言ではないだろう。

クニシゲ・カマモト
 日本サッカー史上最高のストライカー。
 メキシコオリンピックでは得点王に輝き、同大会での日本のの銅メダル獲得に大きく貢献した。
 肝炎のために海外移籍は果たせなかったが、数々の逸話は歴史のIFに思いを馳せさせる。
 日本のクラブに所属する選手が登場したという意味も大きく、今後のWCCFに与える影響は
 何かと大きいものになりそう。


こうして見てみると、結構すごい選手ばかりであることが解ります。
かなりの偏りはありますが、各国のポジション別トッププレイヤー名鑑と言った感じ。
まさにレジェンドと呼ぶに相応しい面子が揃っていると言えます。
イエロやシーマンがでなかったことは残念ですが、これはこれで大いにアリでしょう。

とりあえず、自分としてはパサレラ、ピクシー、オクデラ、カマモトが買ってでも欲しいところ。
全国一斉稼働ということもあり値段は落ち着いてはいますが、まだまだ買うには手が出ない感じ。
特にカマモトは思ったよりも人気が高いらしく、入手には何かと手こずりそうです。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 04:35:14 | Trackback(0) | Comments(12)
コメント
選手の解説ありがとうございます。
今回のATLEはいまいちイメージがつかめない選手が多く、使うかどうかも迷ってたので助かりました。
リトバルスキー、タルデッリを現在所有しているので、チームをどちらかをベースにチームを組んでみようと思います。
2009-02-21 土 23:24:43 | URL | ひー [編集]
解説大変解りやすく、ありがたいです。
Jリーグの試合で実際に見る事が出来たリティーとピクシーはどうしても手に入れたいです☆
2009-02-21 土 23:46:59 | URL | ミラクルレフティー [編集]
パサレラのおかげで
フィオレンティーナ選抜を組むときに頭痛の種だった
CBの脆弱性が克服されました
2009-02-22 日 01:11:48 | URL | リッピ [編集]
オクデラ
オクデラはカードではfwですよね?
知人が引いたんですが裏のコメントではポジションがわかりにくく、どこでもできる選手?とか話してたんです。
知人がカカをトップ下、C・ロナウドとオクデラのツートップでチーム立ち上げてやってるのみると、最初から左足で決める決める、右も精度高い、ドリブルでかわすわ、抜け出しもうまい、クロスの反応も良い。
パワータイプ、スピードタイプと特化してないが動きが良い。
スタミナもありそうでした。
時にGKをヘディングの体の当たりで吹っ飛ばしてましたけど。
使えるはずなのに、使えないはずなのに、なぜか使える、使えないカードってあると思いますが、知人のチームではものすごく使えるfwカードのようです。
KPはフォアザチームでしたのでMFあたりの人なのかなと思っていたのです。
解説拝見して納得ですが、1トップでもいけそうな感じでしたので、どの時期をカードかしたものでしょうか?
入手されましたらぜひとも使用感解説お願いします。
長文失礼しました。


2009-02-22 日 01:12:18 | URL | [編集]
82年当時、高校生でした私は、テスト期間中であったにもかかわらず
テレビにくぎずけになってました。
ロッシとゾフ、是非欲しいカードです。
2009-02-22 日 17:03:37 | URL | 黒龍騎士団 [編集]
開発者のインタビューで「今作の為に交渉したわけでなく、前々から許可が出ていた選手も含め、ようやくまとまった数が揃ったので今作でのリリースになった」とあったので、
リティ&日本人2人以外の面々は、02-03Ver.のATLEの面々とほぼ同時期に交渉してたのではないかと勝手に思ってます。
全員セリエのクラブでの登場だし。
それにプラスで、他の外国籍選手と比べ交渉のしやすい前述の3人を加えたのかなぁと。
KLEのチャールトンも、'02W杯開催地選出の際は日本単独を支持し、日本協会とも関わりを持ってるようなので、マラドーナやクライフより許可が降りやすかったのかもしれませんね。
2009-02-22 日 19:31:41 | URL | ヒイロ [編集]
あの頃の西ドイツ代表は結構好きでした。。。
が、個人的に欲しいのはブレーメぐらいですね。強烈な左足キックと正確な右足キック(まるでマンガのような選手でしたね)、WCCFでも再現されているでしょうか?是非使ってみたいです。

しかし、イタリアのキーパーってのは、ゾフ⇒ゼンガ⇒パリューカ⇒ブッフォン(トルド)と弱い時が無いですね。。すごい。
2009-02-23 月 00:34:35 | URL | ハジ [編集]
はじめまして
今回の初キラがパサレラで歓喜し、早速使ってみました。
やはり強いですね。積極的にガンガンボールとりにいきます。
攻撃力もかなり高いですね。

カマモト、オクデラ、ピクシーはすごく欲しいです。
2009-02-23 月 02:58:58 | URL | よし刑 [編集]
いつも拝見しております
いつもいつも拝見しております。
本日初キラゲットいたしました。
「パサレラ・・・・・・・?」
誰・・・?と言うのが第一印象。
確かATLEの紹介をしてくれていたの
覚えていたので早速確認・・・・

早速アルゼンチン選抜組んでみます!
2009-02-25 水 22:06:28 | URL | 一兎 [編集]
タルデッリ使ってみたのですが、3試合目で擦り無しで★3付いてしまいました……なんで?
フレンドリー3連戦ではあったものの、一回もクローズアップされなかったのに……

ロッシ、ゾフの82年代表組とはグループ連携的にも良く、さらに特殊もあるのかあっという間に連携もつながるっぽいです
2009-03-01 日 20:17:09 | URL | 頭文字R [編集]
訂正箇所があります
たしかクリンスマンはインテルがスクデットを獲得した次の年に獲得した選手だったと思います。
セレーニがインテルの得点王でしたので

ドイツトリオではスクデットは獲得できませんでした。
UEFAカップですね。

なんか揚げ足取りみたいなことしていますが、このサイトはかなり好きです。
インテルチームつくりのときはかなり助かりました。更新頑張って下さい。
2009-05-19 火 21:02:49 | URL | iop [編集]
ご指摘ありがとうございます。
修正しておきます。
2009-05-21 木 20:38:54 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。