■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: アルー・ディアッラ
07~08Ver選手カード使用感。

今回はアルー・ディアッラ


以下続き



アルー・ディアッラ 06~07 No183 リヨン

ポジション MF
身長 1m90cm
体重 80kg
国籍 フランス
能力値 10/13/11/17/13/16 (80)
スキル 噛みつくようなタックル
連携グループ J
チームスタイル パワーディフェンス

① プレースタイルと基礎能力
 アンカー型。
 フィジカルとリーチの長さ、それらを前面に押し出した守備スタイルはヴィエラを彷彿とさせる。
 運動量と献身性も備わり、中盤の底で的確に動きながらボールを奪っていく。
 その反面で攻撃力はヴィエラに遠く及ばず、孤立するとボールを失う原因になりやすい。
 
② 対人守備
 抜群の当たり強さとリーチの長さを活かし、頼れる中盤のフィルターとして機能。
 ポジショニングと修正能力もなかなかで、動くべきところは動き待つべきところは待つ。
 積極的に寄せるだけでなくクレバーに立ち回ることもでき、追いつめて連携で奪う動きも光る。
 ボール回収という点では名手と呼べる実力の持ち主。
 
③ カバーリングとインターセプト
 長い足を伸ばしてのインターセプトがひときわ目を引く。
 中盤での甘いパスは悉くカットし、こぼれ球にもいち早く反応して力強く懐へ収めてしまう。
 パスで崩してくるチームには、第一段階の壁として文句のない働きが期待できる。

④ 空中戦
 中盤での空中戦には圧倒的な強さを誇り、先にポジションを取られても競り勝てることが多い。
 ヘッドは遠くに弾き返す力も高く、自陣敵陣を問わずゴールエリアでは強力な武器。
 チーム全体としてのハイボールに対する強さを確実に引き上げている。

⑤ ゲームメイク、展開力
 多くを望めないのは我慢もできるが、繋ぎのパスが荒れ気味なのは困りもの。
 コースに入って来られるとまずカットされ、攻撃のスムーズな展開を妨げる要因となってしまう。
 持ち上がるドリブルも好むのだが、これはその後のパスコースを探してのものなのか、結果も
 含めてそれほど悪い印象は受けなかった。

⑥ 前線への飛び出し
 前線のスペースへ飛び込む動きはしばしば見られ、シュートまで持ち込む展開も多かった。
 ただ残念なことに、シュート能力は壊滅的なまでに低い。
 キーパーへのパスになるか、不可思議な軌道を描いてゴールの枠を外れるかの二択。

⑦ 補足事項
 特になし。
 

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 03:20:32 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
使用感 参考になります。ついでに比較感も参考にしたいのでLEやキラとの比較や前作との違いなどもっと意見を聞きたいです。
2009-02-27 金 17:44:18 | URL | シロッコ [編集]
自分もフランス縛りでの起用を行っていますが、中盤の壁の一人としてかなりいい動きを見せてくれています。調子が良ければ、中央をよく使うチームの攻撃をほぼシャットアウトしてくれます。弱点としてはパス精度の低さですね。下手すると相手にパスを出し続け、試合が成り立たないことも多いです。また、当たりに行ってくれるのはいいのですが、スピードが若干低いせいか、相手がスピードタイプでドリブル中心の攻めの場合、その試合の展開についていけないこともありますね。
ただ、グループがJということもあり、アンリやビエラ、ジュリーといった主戦級の選手たちとの連携のつながりが早いのもいい一面だと思います。
2009-03-16 月 14:32:47 | URL | ボン太くん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。