■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: ベルナルド・コラーディ
07~08Ver選手カード使用感。

今回はコラーディ (02~03)。


以下続き



ベルナルド・コラーディ 02~03 No142 ラツィオ

ポジション FW
身長 1m89cm
体重 86kg
国籍 イタリア
能力値 17/9/14/18/12/16 (86)
スキル ブレの無いポストプレー
連携グループ J
チームスタイル センターポスト

① プレースタイルと基礎能力
 中央に張って周囲の味方を活かす、典型的なポストプレイヤー。
 巨体と屈強なフィジカルを前面に押し出し、柔軟で正確なポストワークで攻撃を牽引していく。
 単独での打開力はないが連携の術に長け、豊富なスタミナでフルタイムの献身を続ける。

② シュート能力
 体勢十分な状態から打つシュートは威力があり、ループシュートなどの技巧も併せもつ。
 とはいえ精度がどうにも悪く、簡単なシュートチャンスを頻繁に外してはため息をさそう。
 むしろ難しいシュートのほうが精度に勝るほどで、競り合いながらや難しいボレーなどは
 比較的すんなりと決めてくれる。

③ 得意とするゴールパターン
 中央でクロスボールを捉える形が最も得意なのだが、これは別項目として後述。
 ポストプレーの成果として折り返しを受けることも多く、そうした周囲との細かい連携の中から
 抜け出す形になることも少なくない。
 長いスルーパスには追いつけないことも多いので、なるべく近くの味方との密な関係から
 崩しを覗わせる方が良い。

④ クロスボールに対するアプローチ
 中央に構えて堂々と競り合い、打点の高いヘッドを叩き込むのが真骨頂。
 先にポジションに入ってしまえば競り負けはほぼ無く、時にはキーパーすら寄せ付けないほど。
 ヘッドだけではなくボレーのセンスにも優れ、巻いたクロスにも体を捻りながら合わせていく。
 足下からのシュートはいまいちだが、クロスボールのフィニッシュには全幅の信頼がおける。

⑤ ドリブル突破によるチャンスメイク
 単独で打開する力は低いが、強靱なフィジカルを活かしたキープで横からの寄せには動じない。
 連携からうまくボールを受けて抜け出せば、シュートやクロスまで持ち込むことは容易い。

⑥ ポストワーク、前線でのチャンスメイク
 ボールの受け方に工夫は無いものの、中央に構えて基点となるポストワークは安定感がある。
 ボールを収めた後の指示に対して非常に忠実で、無理なくシンプルなパスを味方に配給。
 2トップにも3トップにも対応し、それぞれに合わせた柔軟な立ち回りで局面の打開に貢献する。
 力強くキープもできるが、密集地に入り込ませず素直に繋げた方が打開できる可能性は高い。
 
 抜け出した後に位置が良くなければ、精度の悪いシュートに賭けるより開かせてクロスを
 上げさせるのも有効な選択肢。
 浮き球のショートクロスの精度が高くいだけでなく、状況に応じて流し込むだけのマイナスの
 パスを選択できる器用さもある。 

⑦ ディフェンス全般
 激しいチェイシングは見られないが、精度の低いボールには足を伸ばしてカットを狙う。
 体格の有利が守備面でも活かされている感はある。

⑧ 補足事項
 固有チームスタイルである「センターポスト」は、前Verの時よりも格段に柔軟性が増し、味方の
 要求に応じたポストプレーができるようになった印象。
 「センターポスト」を採用すると、よりポストプレイヤーとしての側面が際だち、周囲の味方が
 前を向いてボールを受ける機会が格段に増える。
 ボールが一度下がる形が多くなるので、特に対人戦では守備のタイミングをずらして攻める
 嫌らしい組み立てが可能となる。
 2トップやトップ下を置くシステムに適しているので、これらを採用するチームのオプションとして
 用意しておくのも面白い。
 
 

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 09:30:45 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
前verで起用しましたが、枠は捉えるもののシュート力が余りにも貧弱で失望した記憶があります。

一概には言えませんが今verはいわゆるセンターフォワードタイプの選手が使いやすくなってる感じがしますね。

引き続き使用感楽しみにしております。
2009-03-03 火 16:14:29 | URL | シニシャ [編集]
コラーディとは懐かしい。
02-03時代にゴール1m手前からシュートを外したのを思い出しましたwww
アレは悲しかった。
2009-03-04 水 00:27:43 | URL | duran [編集]
02~03コラーディ=決定力が低いは、WCCFにおける定説みたいなものです。
どういう点が駄目なのかを観察することで、そのバージョンの決定力の概念が解るという
非常に面白い選手ですよね。
2009-03-05 木 00:18:28 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。