■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: アンジェロ・ペルッツィ
07~08Ver選手カード使用感。

今回はペルッツィ (02~03)。


以下続き



アンジェロ・ペルッツィ 02~03 No129 ラツィオ

ポジション GK
身長 1m81cm
体重 88kg
国籍 イタリア
能力値 7/18/11/16/8/10 (70)
スキル スーパーキャッチ
連携グループ A
チームスタイル 降臨

① プレースタイルと基礎能力
 ビッグセーブ型のベテランゴールキーパー。
 広い範囲を守るのには向いていないが,鋭い反応と高いセービングスキルでゴールを守る。
 パフォーマンスの安定感も抜群で、ミスらしいミスの無い常に計算の立つ存在。

② シュートセーブ
 最も目立つのが反応の鋭さで、その次にセービングの安定感。
 窮地を救うスーパーセーブを次々と繰り出す一方、チャンスのあるシュートを見逃すこともない。
 キャッチ技術も高く抑えるシュートの数は多め、かといって無理にキャッチを狙ってこぼすという
 ようなこともなく、セーフティに逃げる判断も非常に正確。

③ ミドルシュート対応
 ミドルシュートへの対応にも安定感はあるものの、至近距離のスーパーセーブを基準に見ると
 ややこの点では拍子抜けするかもしれない。
 ポジショニングもキャッチの判断も良いのだが、脇を抜くようなミドルに反応が遅れることがある。

④ 飛び出し~グラウンダーボール処理、一対一
 飛び出しスピードは非常に遅く、平均的なキーパーよりもカバーできるエリアは一回り以上
 小さいと見ておいたほうがよい。
 ボールの処理自体は非常に的確なので、次の展開を読んだ早めの飛び出しをすれば
 それなりには動きの鈍さをカバーすることもできる。

⑤ 飛び出し~クロス、ハイボールの処理
 ここでも飛び出しの遅さが仇となる場合は多いが、ダイビングしてのキャッチはスピード不足を
 ある程度補ってくれる。
 クロスのタイミングに合わせて飛び出させれば、フリーで合わせられるよりは良い結果に
 繋がることが多い。 
 ハイボール処理も安定しており、先に落下点に入れればこぼすような失態は見られない。

⑥ フィード
 フィードキックは威力、精度共に優れ、高速のフィードが低い軌道を描いて味方へ届けられる。
 今回のバージョンでは素早いフィードキックが可能なので、カウンターアタックの起点としての
 役割も十分に果たせる。

⑦ PKストップ
 PK戦には平均よりも高い勝率があるように感じられた。
 何本も連続して止める、という感じではないが、長い目で見ると安定した数を止めている印象。

⑧ 補足事項
 特になし。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 17:22:51 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
WCCFでは安定感抜群ですか…記憶違いかもしれませんが、実際はポカのあるキーパーだった記憶が。。
とにかく、シーマンとともにあのずんぐりむっくりな体型は観る度に笑わさせてもらいました(^^)そのクセ、意外にするどい動きするんですよねー。
2009-03-18 水 19:04:23 | URL | ハジ [編集]
自分はラツィオ時代からのペルッツィしか知らないんですが、安定感のあるタイプだと
認識してました。
ユーベ時代などはどうだったんでしょうかね。
2009-03-20 金 20:04:21 | URL | マメーデ [編集]
キーパーの印象って結構人それぞれですよね。特にカシージャスとか、ちょっと古いけどルーマニアのステラとか。
しかし、キーパーが危ういチームって、何故か面白いサッカーをする気がします。かつてのコロンビア、ルーマニアや現在のバルサやちょっと前のブラジルとか。。。(^^)
2009-03-24 火 08:06:49 | URL | ハジ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。