■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: ペドロ・パウレタ
07~08Ver選手カード使用感。

今回はパウレタ


以下続き



ペドロ・パウレタ 05~06 No127 パリ・サンジェルマン

ポジション FW
身長 1m80cm
体重 78kg
国籍 ポルトガル
能力値 19/4/18/13/14/13 (81)
スキル エレガントなトラップ
連携グループ J
チームスタイル キープレイヤーアタック

① プレースタイルと基礎能力
 ゴールセンスとトラップ技術に長けたテクニカルなストライカー。
 格段のパワーやスピードがあるわけではないが、ゴール前での駆け引きにその真価を発揮。
 自らの技術とセンスで作り出す、わずかな時間的優位をゴールへと結びつけていく。
 柔軟な判断力とパスセンスも評価を高めているが、フルタイムの出場には厳しいスタミナ面の
 課題がマイナスポイント。

② シュート能力
 ゲーム中でもトップクラスのシュート能力を誇る。
 シュートモーションは非常にコンパクトだが、ゴール隅を確実に捉える精度と、中距離からも
 ゴールを陥れるだけの威力を兼ね備えている。
 タイミングを外しつつ逆足でニアを破ったり、真横に持ち出す動きから対角に蹴りこんだりと
 そのバリエーションも豊富。
 ボレーシュートも抜群にうまく、ダイレクトにワントラップと局面に応じた使い分けも巧み。

③ 得意とするゴールパターン
 マークを外しながらボールを受け、小さなトラップからの流れるような動作で勝負を決める。
 持ち出すトラップではマーカーを一気に振り切り、足下に落とすトラップからは素早い反転や
 寄せをかわしながらのシュートに持ち込む。
 パスを受けてからのアクションが速いので、一瞬の駆け引きを制してカウンターから独走という
 パターンも多く見られた。

④ クロスボールに対するアプローチ
 マークを外しつつファーに流れ、胸トラップからのボレーや走りながらヘッドで流し込むなどの
 パターンが多く見られる。
 エリアぎりぎりの位置からジャンピングボレーを突き刺す力もあり、力強さに欠ける割には
 クロスボールのターゲットとしての信頼度は高い。

⑤ ドリブル突破によるチャンスメイク
 時折、横幅の広い切り返しを織り交ぜ、爆発的な突破で敵陣を破ることがある。
 とはいえ計算が立つほどの頻度ではなく、普段は正面に構えた敵を抜き去るのは難しい。
 やはり前線に張らせ、最終ライン付近で駆け引きをさせてこそ輝くタイプ。

⑥ ポストワーク、前線でのチャンスメイク
 最前線でボールを受ければトラップから前を向くが、引いた位置からなら味方の動き出しに
 合わせたひらめきのあるパスを出すこともできる。
 柔らかく正確な浮き球のスルーパスが多く、トラップとボレーに長けたタイプと相性が良い。
 とはいえパウレタがアシストに回るようでは本末転倒なので、あまり頻繁に下がってボールを
 受けないような調整が必要でもある。

⑦ ディフェンス全般
 特筆点無し。

⑧ 補足事項
 特になし。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 17:25:20 | Trackback(0) | Comments(9)
コメント
毎回楽しく拝見させて頂いています。
恐縮ですがつぎはサロモン・カルーの使用感を乗せて頂けないでしょうか?
2009-04-10 金 18:39:05 | URL | カサ坊 [編集]
レビューが新しくなってから
なんか弱点が分かりにくくなった
2009-04-10 金 21:43:27 | URL | [編集]
 パウレタは微妙に残念なカードですね。
ポジショニングの良さや素早いシュートとイイ物を持っているのに微妙に黒カードだったり、スタミナもあと1つあれば・・・。 ポルトガルメインでも、ヌーノ・ゴメスの方が優れているので。 せめて白カードだったら使用する人も増えると思いますけど。
 私はポルトガル中心で使っていましたが途中でベンチウォーマーになっていました。 FWの交代要員もナニに取って代わられ・・・と。 マメーデさんがおっしゃる通りシュート能力は高いのですが個人的には、使い勝手が難しいカードだと思います。
2009-04-11 土 00:40:53 | URL | もー [編集]
お願いします
次MVPトレゼゲの使用感にしてください^^
2009-04-11 土 12:49:32 | URL | mo- [編集]
パウレタは06に起用してました。
その高いパスセンスでサイドに散らしてエリア内に進出させ、高いトラップ技術とゴールセンスを武器に大変活躍してくれました。
おっしゃる通りスタミナがネックなので育てたいですね。

2009-04-11 土 17:48:09 | URL | 310 [編集]
スタミナ面が評価を下げる要因となっているのは確かですが、それでも今の仕様に合った
良い能力を持っていると思います。
CPUのパウレタはもっと良い動きをするんですが、あれを再現するのが難しいのは
残念なところです。
2009-04-12 日 15:33:10 | URL | マメーデ [編集]
ある意味点取り屋
パウレタは、アーリークロス全盛期だった全Verで使用していました。スピードいまいち、つぶされること結構有り。でも、ポジショニングで点取れるって選手ですね。抜け出しでドリブル独走(でも遅い)もたまにあったり、CKの時にキープレイヤーアタックにすると、パウレタにボールが上がったりといろいろと使っていて面白かったですね。

確かに、スタミナが少ない部分。あまり高くない数値なのになんで黒というのは、評価を下げる要因だと思います。でも、こういった負と思われる部分に選手の個性がでていて、面白い点だと思います。スタミナが少ない分、控えのFWにどういうタイプを置いてみるかという楽しみもできますよ。

2009-04-13 月 14:39:31 | URL | バティス忠太 [編集]
05-06の時好きで使用してました、ゴールを決めた時の実況が「ペ~ドロパウレタァ~」(妙なイントネーション)だけで特殊実況がないのが残念でした。
2009-04-14 火 18:20:49 | URL | [編集]
ネットでは地味の代名詞のように扱われるパウレタですが、タイミングさえ合えば
レジェンドになっていてもおかしくない経歴の持ち主です。
それが敵わず、特殊実況もない結局普通の黒カードになってしまうあたり、さすが
パウレタというか、なんともそうした部分まで堪らない味に思えてきます。
2009-04-19 日 19:05:08 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。