■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: マキシ・ロドリゲス
07~08Ver選手カード使用感。

今回はマキシ・ロドリゲス


以下続き



マキシ・ロドリゲス 06~07 No332 アトレチコ・マドリード

ポジション MF
身長 1m80cm
体重 79kg
国籍 アルゼンチン
能力値 15/9/15/14/16/17 (86)
スキル ドライブシュート
連携グループ G
チームスタイル ミドルシュート重視

① プレースタイルと基礎能力
 開いたポジションから徹底して中央を狙っていく、アタッカータイプのサイドハーフ。
 強烈なキック力と豊富な運動量、スタミナを駆使し、周囲との連携の中からゴールに直結する
 プレーを数多く導き出す。
 両サイドに加えて中央、セカンドトップでも機能するユーティリティ性もあり、それらのあらゆる
 ポジションで高い得点力と攻撃性を発揮する。
 
② サイドからのゲームメイク
 中央へ切れ込む意識を前面に押し出しながらも、柔軟な周囲との連携の中でパス能力を
 活かしていくことが可能。
 パスへの布石としてのドリブルで持ち込み、判断の速いショートパスで味方の動き出しを
 決定的な突破に結びつけていく。
 細かい連携だけでなく大きな展開も得意とし、豪快なサイドチェンジで逆サイドからのクロスを
 誘発すると、間髪いれず中央へ飛び込んでフィニッシュに絡む。

③ ラストパスやクロスのスキル
 あまり決定的なラストパスが目立つわけではないが、球足の速いグラウンダーのボールが
 味方の突破に繋がってアシストを記録する機会は多い。
 一方でクロスの精度は良いと言えず、利き足でのクロスも単なる放り込みになりやすい。
 あくまでも中央を覗うアタッカー、という極端な味付けをされている模様。

④ サイド突破によるチャンスメイク
 直線的で強引なドリブル突破を得意とするが、これは主にカットインで威力を発揮する。
 待ちかまえられていると厳しいが、ワイドな崩しからボールを持てれば素早くスペースへ進出し
 フリーの状況でシュートレンジにいるという形も珍しくない。
 その反面サイドを突破するドリブルは平凡で、対面とのマッチアップを勝ち抜く能力は低い。
 無理にサイド突破に拘らず、中央や逆サイドへの展開を狙わせるのが無難。

⑤ 中央への進出とフィニッシュ
 非常に中央を狙う意識が高く、隙あらば絞ってゴール前まで進出。
 この動きに一層の付加価値を与えているのがシュートレンジで、両足から放たれる強烈な
 ミドルはペナルティエリアの外からも超高速でゴール隅を捉える。
 成長前はシュートの安定性に欠けるきらいもあるが、成長後は味方の落しを中距離から
 狙うタイプのセカンドトップとして高い得点力を見せるようになる。
 数値の印象以上にヘッドも強いので、逆サイドからのクロスに合わせる形でのゴールも多い。

⑥ ディフェンス全般
 このタイプの選手としては、比較的精力的にディフェンスもこなしていく印象。
 甘いパスには食らいつき、自ら当たりに行ってボール奪取を試みる機会も割合と多い。
 過剰に期待するのも良くないが、それなりの頻度で鋭いカウンターを演出してくれるだろう。

⑦ 補足事項
 特になし。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 13:47:59 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-04-12 日 22:37:12 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。