■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: リオ・アントニオ・マブーバ
07~08Ver選手カード使用感。

今回はマブーバ


以下続き



リオ・アントニオ・マブーバ 06~07 No155 ボルドー

ポジション MF
身長 1m72cm
体重 68cm
国籍 フランス
能力値 10/14/12/14/15/17 (82)
スキル 猛追者
連携グループ G
チームスタイル ハードマーク

① プレースタイルと基礎能力
 アンカー型のミッドフィルダーで、執拗にボールホルダーを追いかけ回すディフェンスが売り物。
 走力とスタミナ、献身性を兼ね備え、中盤の広いエリアを躍動的な守備で網羅する。
 サイズの小ささから来る空中戦と、攻撃面でのセンスに欠ける点が課題。

② 対人守備
 猛追者のスキルは伊達ではない。
 一度ボールが敵に渡るとスイッチが入り、あとはボールを持った敵をどこまでも追っていく。
 指示によっては逆サイド、更にはゴール前まで追って行くクセの強いタイプで、周囲とマークの
 受け渡しをスムーズに行えるかどうかが活躍のカギ。
 体勢が悪くとも仕掛ける姿勢は善し悪しだが、当たりの強さとスピードを活かしたボール奪取は
 中盤のフィルター役として効果的に機能する。
 
③ カバーリングとインターセプト
 追いかけ回すディフェンスの印象が強く、細やかなカバーリング対応はあまり目立たない。
 とはいえスピードと手を抜かない守備姿勢はここでも生き、形はともかく周囲のフォローも十分に
 こなすことはできていた。
 必ずしも適切な場所にいるわけではないが、思わぬ場所に顔を出して敵の行く手を遮ることも。
 ワイドに動きながらパスにも足を伸ばし、多くの局面で敵の中盤での組み立てを阻害する。

④ 空中戦
 地上戦では思った以上の力強さを発揮するが、身長の低さもあり空中戦は苦手。
 中盤のハイボールは競り勝てず、セットプレー時にもターゲットにはならなかった。

⑤ ゲームメイク、展開力
 持ちすぎることなくテンポの良いパスを繋いで行くものの、その精度にはやや難がある。
 通したパスが味方をばたつかせることも多く、安易な繋ぎがカットされる場面も目立った。
 時折思い出したようにロングキックで大きく展開するが、これも通ったり通らなかったり。
 チャンスに繋がることもあるので、狙いや見えているもの自体は悪くないのかもしれない。

⑥ 前線への飛び出し
 ディフェンス面では積極性が目立ったが、それに比べると攻撃面は随分とおとなしい印象。
 普段は中盤の底に張り付いているイメージが強く、たまにパスコースを探して軽く持ち上がりを
 臭わせる程度。
 シュート能力も高いとは言えず、無理矢理攻撃に絡ませる必要性も感じられない。

⑦ 補足事項
 特になし。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 15:34:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。