■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
08~09シーズン 欧州リーグまとめ
08~09シーズンの、WCCF参戦の欧州各国リーグ 簡単なまとめ。


以下続き


プレミアリーグ
 優勝はマンチェスターユナイテッド。
 以下リバプール、チェルシー、アーセナルと、終わってみればいつものBIG4という結果。
 マンUは序盤つまずいたものの、リバプールはトーレスの怪我とキーン問題、チェルシーは
 スコラーリが大誤算と、それぞれの理由でグダグダに。
 そのアドバンテージを活かすことが出来ず、最終的にかわされてしまった形となった。
 アーセナルは序盤こそ危機的な状況に陥ったが、中盤以降に盛り返して4位を確保。
 CLでもベスト4に進み、戦力的に見ればまずまず満足のいく結果に。

 降格はWBA,ミドルスブラ、ニューカッスル。
 出戻りのWBAは良いとして、残りの2チームは序盤の貯金で逃げ切ったハル、作戦勝ちの
 ストークら昇格組に弾き出される形となってしまった。
 アルフォンソ・アルベスがやっぱり不発に終わったミドルスブラ。
 ギブンに愛想を尽かされ、最後はシアラーに託してみたけれど駄目だったニューカッスル。
 特に後者はWCCFでカード化もされているだけに、尚更諸行無常の感がある。

 得点王に輝いたのは19ゴールをあげたアネルカだが、中盤で大きく失速しつつ貯金で
 逃げ切るという、いまいち盛り上がりに欠ける個人タイトルとなった。
 以下ロナウド、ジェラード、トーレス、ロビーニョと続く。
 トーレスの怪我にドログバ、キーンの不振、前半戦で勢いのあったアグボンラーやザキは失速と
 全体的にフォワードは不作だったという印象が強い。


リーガエスパニョーラ
 序盤はバルサ独走、レアルはファン・ニステルローイの怪我もあり水を空けられる。
 ところがシュスター解任、ファンデ・ラモス就任でレアルは息を吹き返し、怒濤の10連勝で
 終盤には勝ち点差を4にまで縮めた。
 そんな状況下でのクラシコは正に雌雄を決する戦いとなったが、これをバルサが6-2で制して
 タイトルレースには終止符が打たれた。
 3位はセビージャ、4位はアトレティコ・マドリーと続き、財政難の中でも健闘したバレンシアは
 CL出場圏に届かず6位。
 今夏の主力流出は避けられない情勢となってしまった。

 降格はレクレアティボ、ヌマンシア、ベティス。
 ここでもWCCFでカード化されたチームが降格の憂き目にあっている。

 得点王に輝いたのは32ゴールをあげたフォルラン。
 2位は30ゴールのエトー、3位は28ゴールのビジャと、ハイレベルな得点王レースとなった。
 他にもメッシ、アンリ、カヌーテ、ラウール、アグエロなどが15ゴール以上を決め、怪我で離脱の
 ファン・ニステルローイ以外は順当なメンツがランキングに顔を揃えた。

 
セリエA
 結果はインテルの優勝と順当だが、中盤までは決して順風満帆の航海ではなかった。
 モウリーニョの3トップ構想が早々に破綻し、クアレスマが金バケツを頂戴するなどグダグダ。
 2位のユーベは戦力で大きく劣る中健闘したが、後半戦に入ると自滅に近い形で失速。
 3位に入ったミランはバランスの悪い補強と主力の怪我で起伏の激しいパフォーマンス。
 冬にはカカの移籍騒動でも混乱したが、ベッカムが当たると後半戦で盛り返し体裁を保った。
 4位はフィオレンティーナ、5位には同じ勝ち点でジェノアが入った。

 降格はレッチェ、レッジーナ、トリノ。
 毎回しぶとくAにしがみついていたレッジーナだが、7年目にしてとうとうB落ちとなってしまった。

 得点王は25ゴールをあげたイブラヒモビッチで、その別格の存在感がインテルにタイトルを
 もたらしたと言っても過言ではない。
 2位は24ゴールでディエゴ・ミリートと、懐かしい名前のディバイオ。
 フィオレンティーナに移籍したジラルディーノも19ゴールをあげ、見事復活を遂げている。


ブンデスリーガ
 優勝候補のバイエルンはクリンスマン式がいまいちなじまず、新鋭ホッフェンハイムの躍進も
 あって大混戦の荒れた展開に。
 ホッフェンハイムは前半戦の王者となったものの、エースのイビセヴィッチの大怪我で失速。
 優勝争いは最終節までもつれたが、ヴォルフスブルクがこれを制して初優勝を飾った。
 ほぼ主力として戦った長谷部、怪物級のライバル相手にポジションを取れなかった大久保と
 明暗は分かれたが、二人の日本人選手がマイスターシャーレを掲げることになった。

 得点ランキングの1位と2位は、グラフィッチとジェコのヴォルフスブルクコンビ。
 二人合わせて54ゴールという驚異的な数字を叩き出し、チームを文字通り牽引した。
 3位は24ゴールのゴメスで、ユーロでの失態を挽回することに成功しバイエルンへの移籍も
 勝ち取った。
 ちなみに5位のイヴィセビッチは18ゴールで、前半戦のみの数字ということを考えると驚異的。
 この数字の示す能力が本物かどうか、来期のパフォーマンスにも注目が集まる。


リーグ1
 リヨンの8連覇が阻まれたことが最大のニュース。
 最後はボルドーとマルセイユの一騎打ちとなったが、グルキュフ、シャマフらの活躍もあって
 ボルドーがこの激戦を制し優勝。
 3位に終わったリヨンはジュニーニョが退団、黄金時代のサイクルが終わりを告げた。
 
 松井大輔の所属するサンテティエンヌ、前シーズンまで在籍していたルマンは苦戦したものの
 鼻の差で辛くも降格を免れた。


エールディビジ
 PSVとアヤックスが自滅的に落ちていく中、着実に勝ち点を伸ばしたAZが独走状態に。
 四月半ばには優勝を決め、28年ぶりに三強以外のチームがリーグ制覇を成し遂げた。
 これによってファン・ハールは再び名声を取り戻し、来期からはバイエルンを率いることが
 決定している。
 フェイエノールトは完全にチームが崩壊し7位でフィニッシュ、マカーイやトマソンらのベテランに
 賭けた路線は今期も裏目に出てしまった。

WCCF以外の雑記 | 17:50:33 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
WMVPはメッシか、FWなのにキープ力抜群、派手なスーパゴールはないけどCL決勝戦は凄かった。ルーニは見せ場なくガックリ、スコールズを早く入れればね。スタミナ不安で迷ったかな?たらればですいませんでした。
2009-06-03 水 20:06:57 | URL | [編集]
私的にはイニエスタですが、結果もありますし、“世騒”が許してくれないでしょうし、まぁメッシでしょうね。
2009-06-04 木 16:44:52 | URL | 310 [編集]
実際とWCCF
WCCFも、あまりなじみのない選手のチームが有名どころ揃いのチームに勝つと盛り上がるんですけどね…

以前はカードと特定フォメ主体が今では、特定戦術主体となった感が否めない気がします。

だから、過疎っているのかどうかはわかりませんけど…
このままじゃ新しいカード出ても、すぐに過疎るのが見ている気も…
2009-06-05 金 11:41:05 | URL | バティス忠太 [編集]
確かに同感です。ローカルチャンピオシップの復活でもあれば燃えますが、やっぱ全国大会みたいのがないと、全冠達成しても披露する場がないためモチベーションあがらないです。
2009-06-05 金 16:18:21 | URL | [編集]
08-09のカードが楽しみですね。
MVPはC・ロナウドなんですけど・・・

メッシはバロンドール当確によりEMVP枠を確保したようなものですが、09-10のシーズンまでWCCFが続くのかが不安なところですね。

まあMVPじゃなくても現行カードでどちらも優秀な選手なので問題ないですけどね。
2009-06-06 土 14:45:02 | URL | マティアス [編集]
MVPはメッシの声が多いですが、私からみると、キング・チャビ以外には考えられないです。(もちろんメッシは大好きですが)
パフォーマンスもさることながら、出場数と運動量は異常でした。途中交替もほとんど無し。チャビ無しに三冠は有り得なかったです。
イニエスタも素晴らしかったんですが、怪我が多かったですね。。。
2009-06-07 日 12:43:28 | URL | ハジ [編集]
09~10のバロンドール=EMVPはまず間違いなくメッシになるでしょうね。
例のあの人はイニエスタに投票するでしょうが、焼け石に水となりそうです。
今後は怪我のないシーズンのMVPはメッシ、とかいうことにもなりかねない勢いです。
2009-06-07 日 19:28:46 | URL | マメーデ [編集]
それ以上に気になるのが
             カカです
やはりレアルに行きそうですね 確かに今のミランとセリエAには
正直がっかりな空気になってます
ローマもしかり、どこも負債が多いですね
このままでは他のリーグの餌食になるみたいです 
活躍すればビッグチームに引き抜かれ移籍金は負債と若手の発掘・・・
そしてまた引き抜かれる 
名称を変えてスタートするとは言ってもこの流れは変わらないような気がします
2009-06-08 月 22:04:04 | URL | ちあ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。