■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サイドアタックの話 その2
今回もサイドアタックの話。

前回書き忘れたこととか、あまりまとめずに羅列。


以下続き


以前のサイドの攻防 
 以前は一本のパスとサイドアタッカーのポジショニング、オフザボールでサイドを破る形が
 ほぼ見られず、ボールが送られた先では必ずディフェンダーとの一対一の局面がうまれた。
 サイドバックが上がらず裏を取れない、マークもずれない代わりに、正面からの突破に弱い
 という仕様であり、パスを受けた位置が浅いか深いかなどはあまり関係がなかった。
 更にはカットインもかなり浅い位置からでなければ中央まで切り込まず、大抵は少し内側に
 入ってのクロスという形になってシュートまで持ち込めなかった。
 もっとも、スペースへのパスが無く一対一になるのは中央も変わらず、カバーリングの少ない
 手薄なサイドのほうが崩しやすかったのは間違いない。
 中央突破よりも効率的であったが、その多彩さと効率が結びつくことはなかったというのが
 以前のサイドアタックの実態だろう。 
 従ってサイドアタッカーに求められるのはサイドでの一対一の強さ、クロス能力という二点であり
 その時々によって崩しやすいサイドというものが無いので、片方のサイドを捨てることによる
 質の担保に重点を置くプレイヤーが多かった。


今回のサイドの攻防
 今回はどうか。
 サイドバックの一対一の強さは正面から向かい合う限り向上したように思われる。
 だが、オーバーラップをするようになったことで背後のスペースを突かれたり、ウインガーの
 オフザボールにマークがずれるなど、ウインガーがフリーになれる瞬間が大幅に増えた。
 ここへタイミング良くパスを出せばサイドバックとの正面からの一対一を避けたり、フリーのまま
 ドリブルで駆け上がれたりと、より効率的にサイドを崩せるようになっている。
 両サイドのウインガーは即ち二つの選択肢であり、その時々でより有利な状態にあるほうを
 使えれば、特定のサイドのみを使うよりも効率の良いサイドアタックが展開できる。
 また、サイドハーフの守備力、守備意識も大幅に向上。
 中央に絞って守る姿勢も見せ、ファーストディフェンダーとしての役割も果たせるようになった。
 両サイドにウインガーを置くメリットは、以前よりも格段に大きくなっている。


視野の広いパサーとワイドゲームメイク
 それでは、サイドでフリーになっている味方へ、どうやってタイミング良くパスを渡すか。
 当然プレイヤーの戦術指示ということになるが、これを助ける方法として視野の広いパサーを
 散らし役として起用するやり方がある。
 視野の広さはスムーズなパス出しに欠かせず、これを持つ選手は状況判断が速く、戦術指示と
 現在の状況との瞬間的な摺り合わせがうまい。
 ロングキックが得意ならなお良く、中盤の底からワンテンポで左右のウインガーを使えれば
 低い位置からのカウンター時にも抜群の威力を発揮する。
 更にチームスタイル、ワイドゲームメイクを採用するのも有効。
 特別な指示をせずとも左右へワイドに、的確に展開するため、手の掛からない楽さがある。
 こうした能力やチームスタイルを持つ選手を起用することで、今回のサイドアタックは更なる
 威力と多彩さを獲得するはず。 


横画面でサイドアタック
 プレイヤーの視界をワイドに、攻撃的に確保する方法として横画面にするのも良い。 
 空いたスペースへボールを回すことが有効になった今回は、以前よりもこのやり方が有効。
 更には中央のスペースも普段より良く見えるので、やりようによっては左右と中央という
 三つの選択肢を自在に使うこともできる。
 ただしこの横画面、守備時には非常に使いづらい。
 慣れの問題でもあるのだが、


カウンターのサイドアタック
 当然と言えば当然だが、カウンターからサイドを破ったほうが得点に繋がる確率は高い。
 中央の陣形が崩れていたり、人数が揃っていなかったりするとクロスも良く通る。
 今回はパスでサイドバックの上がった裏を取ることもできるが、大きく上がった裏を浅めから
 付いた場合は、センターバックのカバーリングから一対一になることが多い。
 ここで更に中央の手薄になったスペースへパスが出せるか、あるいは逆サイドを使えるかは
 今回のサイドアタックをもう一段発展させる鍵になるかもしれない。


2トップが開く形
 ボールを受けた2トップの片方が戦術ボタンで指示を受けたり、サイドの空いたスペースを
 使おうとして開いていく形もひとつのサイドアタックと言える。
 以前はそれほど大きく開かずショートクロスという形がほとんどだったが、今回は06~07以前と
 同じく大きく開く形も多い。
 で、今回のこの形、やたらと得点率が高い気がする。
 クロスのタイミングが計りづらいというのもあるが、この形で上げるクロスは妙にカットされにくい。
 当然開く選手のクロス能力が高いに越したことはないが、よっぱど酷いボールでもなければ
 良い形で得点に繋がる。
 クロスを上げるか、あるいは再び切り込むかなど、かなり指示に忠実に動いてくれるので
 ゴール前の状況や角度、キーパーの質などによって使い分けていける。


サイドでの数的優位
 サイドでの数的優位を使った突破も多く見られるようになり、その効率も上がった感がある。
 サイドのディフェンスに対し、ウインガーと2トップの片方、サイドバックなどがパス交換によって
 これをかわしていく形で、これもサイドバックのマークがずれやすくなったせいもあり、往復や
 手数の多いパスも割とスムーズに通る。
 またサイドハーフの守備力も向上したため、数的優位はボールを奪われた後の局面でも
 目覚ましい威力を発揮。
 押し込んだ状況でニ対一を作れれば、奪われたボールを更に奪い返す場面も多い。
 その後はサイドバックに追いすがられることなく、完全にフリーな状態でクロスまで持ち込める。


サイドのゲームメイカー
 2トップを置きたい、両サイドにウインガーを置きたい、となると残りの編成に制約が生じる。
 更にトップ下まで置くとなると、4バックを3バックにするか、あるいはボランチを一枚にするか
 中々に悩ましいことになる。
 そこで浮上するのが、サイドの選手にゲームメイカーの役割も担わせてしまおうという案。
 今回は開き気味の位置からのスルーパスも多く見られ、なおかつ通りも良い印象。
 中央をパスで破るのに、必ずしもトップ下を経由させなければいけないわけでもない。
 時には開いてサイドラインを突破し、時には内側へ持ち込んでパスとミドルで攻めるという
 マルチアタッカーを置くのも有効なはず。
 問題は求められる総合力の高さだが、現代サッカーの寵児であるC・ロナウドやメッシ、カカや
 イニエスタといった選手達なら十分にこなせるだろう。
  

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 18:45:06 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
今バージョンでの初チームを作る際に、シンプルな4-4-2を試したいと思わせたのは、ウイングもしくはサイトハーフを両側に配置してみたいと思ったからでした。今回、サイドチェンジを使えばかなりの確率でセンタリングまではもっていけます。それは、片側でもサイドバックの裏を狙えば十分可能ですけど。
ただ、うまくフリーで上げても、2トップ揃い踏みでも、なかなか上げた後が見極めにくい。以前はダイレクトで大概いけました。が、今回は既にご指摘のとおり、キーパーから距離がある方に上がるとダイレクトでもヘディングならさらにキャッチされ、かといってダイレクトを避けると残ったセンターバックにかなり早く奪取される。
そんなシーンがかなり見られ、得点力はやはり落ちていますね。これがリアルに近いとは思いつつ、サイド攻撃の難しさに奥深さも生んでいます。
昨日初めてローマと当たりました。ビックリしました。正にゼロトップの威力か。奪取力が高いだけに、あのゴール前での怒涛の攻め。そんなんで、次はトップ下をテーマに聞いてみたいです。4-4-2は攻撃的サイドバックも入れ、アーリーも取り入れ、考察してみます。
2009-11-22 日 11:51:52 | URL | 初 [編集]
2トップでのサイド攻撃では、グラウンダークロスが多い気がします。2人とも足もとに欲しがるタイプかもしれませんが。

また、サイドでの数的優位は攻撃でも守備でも、見受けられます。ロベカルがセンターライン付近でボールを奪って、カウンターの起点になることもしばしば。
ただ、いかんせん、ロベカルに限らず、SBのクロスからゴール、というのを見たことがありません。
2009-11-22 日 17:34:02 | URL | シロッコ [編集]
ここのところ、サイドアタックが楽しいのでこればかりをやっていました。
今のと段階では点の取り方は豊富に取りそろえられていて、どれが飛び抜けて
良いという感じでもないのが好印象です。
サイドバックの攻撃参加でも多少解ったことはあるんですが、もう少し試してみてまた後日。
次あたりにはリケルメを中心に据えた、中央のパス突破とかも色々と試してみたいですね。
2009-11-22 日 22:26:15 | URL | マメーデ [編集]
「横画面云々」のところで
初プレイ時から横視点信奉者の私には
横視点がこんなに不評、というか使われていないのを知って
びっくりだったりします

むしろ通常時の縦視点の方が見にくいと思うのですが
特にシュート打つ時とかGKの飛び出し時とか

私の方がおかしい、というか特殊なんでしょうかね?
2009-11-23 月 01:02:58 | URL | [編集]
自分も横視点派です。
ウイイレみたく、やりやすいんで
2009-11-23 月 05:09:27 | URL | オレンジ [編集]
視点なんかは、やっぱり慣れですよね。
私は縦から変える自信がありません。4-4-2などやる際にも、逆サイドの選手の位置が見えるので横は理想なんですが。
残念。
2009-11-23 月 16:12:37 | URL | 初 [編集]
サイド攻撃その後
サイド攻撃オンリーにしたチームが、試合を重ねてもなかなか勝ちきれない。大量点はもとより、一点が厳しい。
そこで、やむを得ず、左の選手をトップ下に配し、片側サイド攻撃オンリーに。サイドアタッカーとCFが黄金になった途端、相手DF揃い踏みでもクロスが通るように。目に見えてクロスが早くなりました。
今はサイドから、クロス重視とスルーパス重視を使い分けて試しています。スルーパスだと早めにニアのセカンドトップにグラウンダーでのパスで繋ぎ、そこからセカンドトップがサイドに開いてクロスを上げるかもう一度サイドに叩くかします。DFやGKをいかに釣るかが難しいです。
現在の結果、序盤から中盤戦はなかなか勝ちきれないが、支配率は上がるため大敗はしにくい。
でも今はオプションに片側サイドを用意するぐらいで、やはり中央突破を使いたいです^^;
2009-12-27 日 16:08:16 | URL | 初 [編集]
クロス重視チームもようやくプレミアに。
やはり片側サイドのみを残していましたが、スタイル変えてもやはりサイド一辺倒では厳しく、当初想定外の縦の攻撃も加えることに。
やはりバリエーション豊富な攻撃手段を持つのは必要なことです。
と締めくくり、今後は縦横組み合わせた攻撃にします。
検証はしんどかったですが、クロス側が余裕持って上げても確率が上がる訳でもなく、ニアとファー、GKからの距離、ダイレクトの際の頭と足、いずれも、どんな時に決まるか見極められなかったものの、特に黄金後は、十分に作戦として成り立つ実感は得ました。
選手とスタイルで中央突破で十分な今のところの現バージョンでも、サイド攻撃を組み合わせることを常に意識していきたいです。
2009-12-31 木 17:08:10 | URL | 初 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。