■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: ロベール・ピレス
08~09Ver選手カード使用感。

今回はピレス(08~09)。


以下続き



ロベール・ピレス  08~09 □ No.347 ビジャレアル

 ポジション MF
 身長 1m87cm
 体重 80kg
 国籍 フランス
 能力値 15/8/18/15/11/12 (79)
 スキル アクセントパス
 連携グループ B
 チームスタイル ゲームメイク

WSAピレスの使用感はこちら 

ユーティリティなアタッカー
 両サイドに中央と、攻撃的なポジションの多くをこなせるユーティリティなアタッカー。
 ベースとなるプレースタイルはWSAとも非常に似通っているので、上記のリンク先の記事も
 チェックするのをオススメしておく。
 サイドを抉るウイングプレーや、トップ下の司令塔としてスルーパスを狙うといったプレーが
 得意なタイプではないというのが、まずこの選手を起用する上で理解すべき点。
 サイドを駆け上がるほどのスピードはなく、プレッシャーの中でキープできるフィジカルもない。
 ピッチを横に使った組み立ての中で、使い、使われることで持ち味を最大限に発揮する。
 技術と判断力を活かしてパスとパスを素早く繋ぎ合わせ、組織の円滑な連動を支える役割を
 果たしながら、要所での柔らかいアシストと鋭いフィニッシュを繰り出していく。
 WSA版から比べるとスケールが一回り小さくなった感はあるが、レアリティ的なコストが
 下がったことで巷で見かける機会も増えるだろう。

変化点 (良)
 仕様変更によるところが大きいが、中盤からスルーパスが出せるようになったため、アシストを
 記録する機会は飛躍的に増えた。
 動きの質の高さは相変わらずで、味方とのパス中継の中にフリーを見出し、満を持したものから
 意表を突くものまで、多彩なラストパスでフィニッシュをお膳立てする。
 パスワークの中でこそ生きるのは変わらぬ特徴だが、より決定的なプレーの頻度が増えたことで
 ピースとしての価値も更に高めた。
 また多くの能力値が落ちる中にあって、パワーだけは一回りも向上。
 当たりに強くなったかと言えば微妙なところだが、少なくとも自ら当たってボールを奪う際には
 これが役に立っていると感じる。
 前線での守備機会の増えた今回、ワンチャンスを泥臭くものにするためにはありがたい変化。

変更点 (悪)
 スピードが落ちたためか、若干行動半径が狭まった感はある。
 以前のような縦横無尽の動きというよりは、ピンポイントで効率的に攻撃に絡もうとする印象。
 ゴール前まで飛び込む動きも減り、非常に高かった決定力もやや落ちてしまった。
 スタミナ値も大きく低下し、フルタイムの出場が厳しくなると共に蓄積疲労も溜まりやすくなった。
 怪我への耐性も下がったか?

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 20:28:19 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
元綺羅の白もずいぶん増えてきたようなので、一度そんなメンバーでチームを組みたいと思っていた所でして、この使用感はありがたい限りです。
2009-11-28 土 09:37:42 | URL | [編集]
全白から全綺羅まで、入れ替えでレギュレーションを変えられるチームはなかなか
おもしろそうですね。
実際にこれをやってみると、綺羅の綺羅たる所以に気付かされたりします。
2009-11-30 月 21:12:34 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。