■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フォワードの得点パターンの話 序の下
前々回、前回に引き続き、今回もフォワードの得点パターンの話。

序論の後編とまとめです。


以下続き


ゴールに対して前を向く

 ディフェンダーとの関係では、フリーになってシュートを打つ。
 キーパーとの関係では、シュートレンジの内側からシュートを打つ。 
 前項までに、このふたつがフォワードが有効なシュートを打つために必要な要素であるとした。
 これら以外にもうひとつ、ディフェンダーやキーパーといった他者との関係ではなく
 フォワード自身の状態として求められる要素がある。
 それは、シュートを打つ際にゴールに対して前を向くことである。

 人間の体の構造上、背面に向かって十分な威力のボールを蹴ることは難しい。
 十分な威力のボールを蹴ることは効果的なシュートに欠かせない要素で、また視界にゴールを
 捉えることにより、はじめて隅を狙う等のコントロールが可能となる。
 従って得点を狙う際には、シュートをゴールに対して正面を向いて打つことが必要になる。

 ただし、このゴールに対して前を向くというアクションは、フォワードというポジションの
 特性上それほど容易なことではない。

 
前を向くことに伴う困難 

 フォワードはそのフォーメーション上、最も高い位置にあるため、後方からのボールを
 受ける場面が非常に目立つ。
 戦況を見極めるためには後方を向いて視野を確保しなければならず、実際にそこから
 パスを受ける際には、後方を向いたままでのボールコントロールを余儀なくされる局面が
 どうしても多くなる。
 これは取りも直さず、ゴールに対して前を向くことの真逆、ゴールに対して背を向けて
 パスを受けることが多くなることを意味している。

 この状態からゴールに対して前を向くには大きな困難を伴う。
 ボールをコントロールしながらの反転を強いられることになり、選手の能力にもよるが
 前を向くまでにはディフェンダーに対する空間的、時間的優位を大きく失うことになる。
 この反転の間に詰められればボールを奪われるし、反転後に残された優位が小さければ
 無防備なシュートモーションの途中で妨害を受けることになる。
 反転からシュートまでを滞りなく行うには、よほど大きな優位が無ければ難しい。
 

まとめ

 フォワードが得点を挙げるためにはシュートを打たねばならない。
 だが、そのシュートも効果的なものでなければ妨害を乗り越えてゴールとなることはない。
 その効果的なシュートのためには

  ① ディフェンダーから離れ、フリーになる。
  ② その選手固有のシュートレンジの内側に入る。
  ③ ゴールに対して前を向く。


 この三つの要素が必要となる。

 フォワードは得点するため、時に独力で、時には周囲の味方と連動して、上記した
 三つの条件を満たすシチュエーションを作り出そうとする。
 今後の項で本題となる得点パターンとは
 「ゴールに対して前を向き、シュートレンジの内側からフリーになってシュートを打つ」 
 ためにフォワードが行う、一連のアクションに他ならない。
 これら得点のためのアクションは一定の類型をなしており、それゆえにパターンとして
 ある程度のまとまりに括ることが可能になっている。

 次回からは、これら個々のパターンを考察していく。


テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 15:53:17 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
哲学的でとても面白いです。
これならリアルでも通用しそうなくらいですね。続きが楽しみです。
2010-01-04 月 21:34:30 | URL | ピッポ [編集]
最強FWは・・・
いつも参考に見てます。
今回のVerで最強FWと思われるカードを自分では以下の選手と考えています。

① LE アンリ
   理不尽な突破の回数の多さと広いシュートレンジと決定力の高さ
   ラインブレイク時の裏を取る動き

② ビージャ
   突破力と秀逸な裏を取る動き。

③ アネルカ
   理不尽な突破の回数。(今回恩恵を受けたカードの一つ)

次点 WMVP Cロナウド
    数値通りの強さ。

Fトーレスもよく挙がりますが、無駄なルーレットが多く、何とも言えないですね。
今回のVerはどうにも勝利フラグが立っている状況が見えてしまっており、非常にバランスの悪さを感じています。

例: 敵のオフサイド後のフリーキックで敵にパスを出し即失点。
   ドリブルでDFのいる方向になぜか突っ込んでいくことを繰り返す。
   連続でファール(フリーキック直後)が発生する。
   どんなに崩して決定的シーンを作り出してもシュートが一切入らな   い。(キーパーがレアでなくとも止めまくる)


フラグが成立していると強引なまでの理不尽な展開によってゴールが生まれているケースが多々見られます。
地元のゲーセンでも非常に今回のVerは理不尽な展開が多いと話題になっていますが、マメ―デさんはどう感じていますか?
2010-01-05 火 03:42:37 | URL | ビジャ2世 [編集]
フォワードの得点パターンの話・・・
勉強になりました。

しかしながらネット対戦をしても2トップ+1トップ下、3DMF+4DFのチームばかりではっきり言ってつまらないですね。

ホームでもそんなチームばかりでもぅ うんざりしています。

どなたかにそんなチームの攻略法を教えてもらえるとうれしいなぁ。
ちなみに私は2トップ+2OMFの配置にしています。
2010-01-05 火 22:42:35 | URL | 一兎 [編集]
まだ序章ですが
>ビジャ二世さんへ
わざわざDFに突っ込むようにドリブルする等は以前からの恒例としてずっとありましたよね。私も最もあり得ないだろうと思う非リアル行動の一つだと思っています。
今回(も)さも補正のようなおかしな動きを特にディフェンス時に感じています。やはり以前からあった、プレスに行こうとしてもまるで見えない壁があるか、全く興味がなさそうに行かない。これはDFのみならず中盤を含めてです。
極めて単純に言えばwccfは攻撃と守備のジャンケンのようなものであり、それが1対1だけでなく連続した流れの中で行われている演算の結果だと思います。だからしきりに「補正」という言葉が否定されてきても、結果、輝いている選手が特殊能力発動中は回りが負ければ近づけなかったりかわされたり…。
※これは最も極端に言った場合です。
>一兎さんへ
私もワールドトロフィー出ていると初めは手に汗を握りもしましたが、今やゴール前をがっちり固めた同士の醜い一点争いをしています(それなりにあれやこれややってますし、たまに素晴らしく強い方がいて、悔しいも感じる前に完敗することがありますが、それも今回はとりあえず置いておいて…)。
これも思うに、トップ下を潰せればだいたい
2010-01-05 火 23:20:09 | URL | [編集]
フラグ云々の話は、どれほど議論をしてもユーザーの立場で結論がでるものではありません。
ただ、WCCFでは現実のサッカー同様に試合の流れが存在し、それが意図的にシステムとして
ゲーム内に組み込まれているのはほぼ間違いないとも考えています。
そして現実同様、試合の流れを変える最も有効な手段は選手交代であり、これを的確に
行うことで(特に今回は)試合結果に介入できていると思っています。
いずれにせよ非常に複雑な問題ではあるので、少々のことでは多くのプレイヤーが
納得するような結論を出すのは難しいんじゃないでしょうか。
2010-01-09 土 18:37:34 | URL | マメーデ [編集]
カタをもつワケではありませんが・・マメーデさんの考えにものすごく理解出来ます。自分が思うに・・・WCCFは"ゲーム"であっても、始まってしまえば"現実的かつ本物の試合"と捉えています。そのうえで、プレイヤーは当然"監督"であり、的確な指示、フォメ変更、サブ投入などで、いくらでも試合は劇的に変化する事が出来る!と思っています。(ヒントはいくらでも転がっているハズ・・)自分としては補正うんぬん・・というものは感じないんですケドね。負けた場合は"敗因を考える"タチでして・・・。
2010-01-21 木 01:18:20 | URL | 切札 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。