■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フォワードの得点パターンの話 その1
今回はフォワードの得点パターンの話、その続き。

主にドリブルを用いた得点パターンについて。


以下続き


 前項でフォワードが得点するためには

  ① ディフェンダーから離れ、フリーになる。
  ② その選手固有のシュートレンジの内側に入る。
  ③ ゴールに対して前を向く。


 という三つの要素を満たした状態でシュートを打つ必要があると書いた。
 フォワードは様々なアクションを通じてこの状態を作り出そうと試みる。
 こうした得点のためのアクションは一定の類型をなしており、それゆえにパターンとして
 ある程度のまとまりに括ることが可能。
 これが得点パターンであると定義することができるだろう。
 
 以上を踏まえた上で、今回はドリブルを用いた得点パターンについて考察する。


ドリブルについて
 サッカーにおけるドリブルは、主に足による複数回のボールコントロールをもって、
 ボールを自ら保持しながら移動する技術と定義できる。
 ドリブルは誰しもが可能な技術であり、それはWCCFにおいても変わることがない。
 個人差があるのはその善し悪し、質の高低や効果的か否か、という部分である。

 選手個人のドリブルを評価する際、その選手の持ち味が反映されたものになることを
 考慮に入れることが必要となる。
 例えば、加速やトップスピードで勝負するもの、足下の細かいテクニックで勝負するもの、
 フィジカルや馬力で勝負するもの等々。
 そして質の高いドリブルには、ボールをディフェンダーに奪われにくいという共通点がある。
 とはいえ奪われにくさは様々で、どのような局面を得意とするドリブルであるかは、選手毎の
 個性がよく現れる部分でもある。
 この個性は得点パターンにも影響するが、ともあれ個々のものの前にその特長について
 考察してみたい。


ドリブルを用いた得点パターン
 このドリブルを用いた得点パターンには、他のものには無い大きな特長がある。
 それは、ほぼ唯一フォワードが独力で、シュートレンジの外側から内側へボールを
 運べるパターンである、という点。
 逆に言えば、その他の得点パターンは、シュートレンジの内側で味方のパスを受けるか、
 こぼれ球を拾うか、ボールを持ったディフェンダーからボールを奪うかといった、より深い
 他者との関係の中ではじめて成立するものである。
 本来はチームとしてこの関係を整備し、ペナルティエリア内にいるフォワードまでの
 ボール供給が効率的に行われるようにしなければならない。
 そうでなければ、フォワードは得点者として機能しない。
 ところが、ドリブルを用いた得点パターンを得意とするフォワードは、この関係が整備されて
 いないチームでも機能してしまう可能性がある。
 前を向く、ボールを運ぶ、ドリブルで仕掛ける、シュートを打つの全てをこなしてしまうので、
 言うなれば一人で点を取ることができるからだ。 

 また、他の得点パターンとの組み合わせで相乗効果、柔軟性も持たせやすいという特長もある。
 例えばオフザボールの動き出しやトラップテクニックで一人目をかわし、カバーに入った
 二人目はドリブルでかわす、といった形のパターンも選手によっては可能となる。
 更に裏返せば、このようにフォワードが自身のアクションのみで複数人のディフェンダーを相手に
 する場合、ドリブルを用いた得点パターンを持っていなければ厳しいとも言い換えられる。
 フォワードが単独で複数人のディフェンダーを相手にすることを想定したチーム、例えば
 人数を掛けないカウンターを目指すチームなどは、こうした総合的な高水準のドリブル能力を
 持った選手の起用が不可欠となる。

 以前の項でWCCFにはバックパスや横パスが少ないと書いたが、そうしてボールが常に
 前へと動いていく以上、現実と比べてパスによる崩しが柔軟性を大きく欠いたものに
 ならざるを得ない。
 その点において、シュートレンジの外側から内側へとボールを運ぶ際、味方のパスに
 頼ることのないこのパターンは、前提からして既に優位に立っていると言える。
 実際に、WCCFは何回もの仕様変更を繰り返してきたが、常にドリブル(サイド含む)での
 崩しはパスでの崩しよりも強力であるとされてきた。
 このパス回しに関する根本的な問題が解決されない限り、今後もこの序列が変わることはなく、
 現実に近い形での数的優位が大きな意味を持つのは難しい。
 その間、プレイヤーの攻撃における主眼は数的優位よりも少数精鋭、攻撃手段の限定とそれに
 伴う質の担保に置かれ続けることになるだろう。


 さて、ここからがある意味では本題。
 話は個別の得点パターンに移るが、これらにはナンバーを振ったうえで考察していく。 
 

1.ドリブルでディフェンスラインを正面から突破する
 ディフェンスラインの手前でボールを持って前を向き、そこからのドリブルでディフェンダーを
 抜き去り背後のスペースまで攻め込むパターン。
 直前のオフザボールの質、進行方向にあるスペースの有無、更には突破するディフェンダーの
 人数によってで難易度は大きく変わるが、いずれにせよドリブル能力の低い選手ではこれを
 パターンとして確立することは難しい。

 ではドリブル能力の高い選手はどうかというと、これは上記もした通り、その持ち味によって
 ドリブルのタイプや得意とするシチュエーションが異なる。
 特に08~09Verは個性化が計られており、この傾向は恐らく今後も更に進んでいくはず。
 例えば細かいタッチのドリブルは相手をいなしやすく、フェイントを多用するドリブルは
 ディフェンダーを欺いて隙を作り出すことができる。
 スピードに特化したものはカウンター時、一対一を制するのに向いているし、フィジカルや
 馬力に優れたものは不十分な体勢からの寄せに強い。
 また、これらの中から複数の要素を併せもつような場合、局面毎の使い分けや、複数人を
 相手にする際に有利となる。

 プレイヤーは、そのフォワードのドリブルの特長を正確に把握しておくことが望ましい。
 なぜなら、その時々の仕様に適合した特長か、そうでない特長かで大きく明暗が分かれることが
 ままあり、得点のために必要な周囲のサポートの量と質が変わってくるからだ。
 これは一例だが、ある時にはフィジカルでディフェンダーを弾き飛ばして突破していた選手が、
 その後の仕様変更によってほとんど突破ができなくなった、ということがあった。
 これは仕様変更で、突破に占めるフィジカルの重要度が大きく下がったことが原因だった。
 代わりにこの時は、以前はフィジカルの弱さからディフェンダーに阻まれていた小兵、スピードや
 テクニックに長けた選手が高い突破力を持つことになった。
 突破に占めるスピードやテクニックの重要度が増し、仕様に適合することができたからである。

 仕様変更はあらゆる得点パターンに影響を及ぼしてきたが、中でもそれが最も顕著だったのは
 このドリブル突破に関係するものだった。
 攻撃の軸ともなるパターンなので、バージョンアップ毎に起きる混乱は非常に大きい。
 これに対してプレイヤーは選手を選ぶか、周囲のサポート環境を変えることでしか対応できない。
 当然その仕様に合う選手を起用するのが手っ取り早いわけだが、多少なりとも拘りを持って
 選手を扱い続けようと思えば、バージョンアップの度に一喜一憂させられることになる。
 

2.ドリブルによってシュートコースを作り出す
 正面に構えるディフェンダーに対して、切り返しや横方向へのドリブルによってマークを剥がし、
 ディフェンダーが体勢を立て直すまでの間にシュートへ持ち込むパターン。
 08~09Verから特に多く見られるようになった。
 当然ながら、シュートはプレイヤーの指示がなければ打つことは出来ない。
 このパターンを効率的に機能させるためには、起用したフォワードの特性や嗜好を理解し、
 その上で状況に応じた予測をすることが必要になる。

 このパターンの特長は、ドリブルでディフェンダーを縦に抜く必要がないという点。
 横方向へ逃げる動きになるため、特にドリブルを読んで待ちに徹するディフェンダーに対して
 有効な手段となっている。
 シュートに持ち込むまでの難易度がやや低めであり、実際にドリブル能力に乏しい選手の中にも
 このパターンを得意とするものは多い。
 ただし、ほぼディフェンスラインの手前での勝負となるため、シュートレンジが広い選手でないと
 この一瞬のチャンスをものにするのは難しい。
 コンパクトなシュートモーションや正確なボールコントロールも、できれば欲しいところではある。

 また、こうした大きな横の動きが前方にスペースを生み、ディフェンダーが体勢の立て直しに
 もたつく場面もある。
 この場合は、そのままドリブルで前方へ持ち込ませるのも有効。
 ディフェンスの横を抜けてラインを突破できれば、より大きな時間的、空間的優位を持って
 質の高いシュートを打つことができる。
 シュートを打つか持ち込ませるか、プレイヤーには瞬時の正確な判断が求められる。

 

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 11:56:32 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
難しいです^^;
でも着目してなかったことがあり、分からないながらも既にありがたいです
2010-01-22 金 12:41:31 | URL | 初 [編集]
本当は図やイラスト入りでやりたかったんですが、スキャナが手に入らず断念しました。
そもそも空間の話を文字だけでやるのは、ちょっと無理があるのかもしれません。
2010-01-26 火 20:01:39 | URL | マメーデ [編集]
文字だけで説明するのは大変なことです。
私なんかは、言葉よりもプレイのレベルによる原因でしょう。
でもコメント少ないのは、そういうことなんでしょうか。単純に、皆、もっと結果に直結する話題に早く走りたいのでしょう。
まだ序の口ですからね。
2010-01-31 日 22:51:20 | URL | 初 [編集]
マメーデさん>>
ご苦労さまです。文字だけで~とありますが、自分なんかは、ディフェンスの立場からをイメージして考えたりするので、とても分かり易いですよ。それにしても・・"時間と空間"・・考えさせられました。こうなってくると、ロング、あるいはミドルシュートの選択肢、重要性も"あり"なんだなぁと思いました。いや~考えるのって楽しいっすねぇ~(笑)
2010-02-01 月 10:01:58 | URL | 切札 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。