■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: サンディ・オリセー
08~09Ver選手カード使用感。

今回はオリセー


以下続き



サンディ・オリセー 02~03 ☆ LEGENDS ユベントス

ポジション MF
身長 1m83cm
体重 80kg
国籍 ナイジェリア
能力値 11/14/13/15/16/18 (87)
スキル ダイナミック・ダイナモ
連携グループ D
チームスタイル オフェンスダイナモ


プレースタイル
 しなやかで強靱、瞬発力と馬力を兼ね備えたダイナモ型のミッドフィルダー。
 身体能力を活かした確かな守備力と、抜群の威力を備えた独特のロングキックを併せもつ。
 攻守に渡って積極的な判断が目立ち、高い位置で奪うディフェンスでチームを押し上ると、
 果敢なドリブルで縦への推進力を生み出していく。
 視野の広さはそれほどでもないが、前方への展開ではその非凡なパスセンスを発揮。
 キャリアハイとも言えるあのミドルシュートも再現可能で、二列目以降の攻撃参加が
 武器となるチームなら得点源としても期待できる。

独特のロングキック
 この選手を特徴づける最大のものが、独特の軌道を描いて飛ぶロングキックである。
 低く鋭く、地を這うような高速のロングキックは他者には真似のできない武器であり、
 守備側の予測を超えた速度のパスをトップへ当てていく。
 このロングパスはシンプルだが効率的で、時に驚異的なまでの威力を発揮する。
 これを相応しいチームスタイルで促すことができれば、それだけでチームの中心戦術に
 据えることも可能なほど。 
 
 ただし、ここで注意すべきは、このロングパスに対するトラップの難易度が高い点。
 受け手がしばしばコントロールしきれず、ボールを大きく流してしまう場面が見られる。
 こうなってはせっかくの高速カウンターも機能しないので、受け手のトラップ技術や
 連携が普段よりも重要になってくる。
 こうした問題が解決されてはじめてオプションとしても生きるが、これら手間を
 掛けるだけの価値は十分にある。

ミドルシュート
 独特のロングキックは、ミドルシュートの局面でも存分に活かされている。
 シュートレンジは非常に広く、超高速で低い弾道を描いて襲い掛かるボールには
 トップクラスのキーパーでさえも対処することは難しい。
 独力での持ち込みやルーズボールを拾う機会も多く、比較的自由に動けるチームなら
 シュートチャンスも多くなる。

守備面も文句なし
 守備範囲はそれなりに広いが、前方に押し出す積極的なディフェンスがより目立つ。
 スピードとフィジカルで対人戦を優位にすすめつつ 要所でパスを狙えるクレバーさもあり、
 中盤の底で潰し屋に徹させても十分な活躍が期待できる。
 奪取後の処理能力は高めで繋ぐパスも正確、バランサーとしての総合力も文句なし。
 また攻守の切り替えも速く、カウンターアタックの起点としても振る舞える。
 上記のロングキックもあるので、縦に速いカウンターを志向するチームには最適の人材。 

評価と考察
 能力値のバランスは守備的だが、それに反して攻守に渡る存在感を示せるタイプ。
 ポジションを頑なに守るよりは自由に動かせた方が安定感も出る印象。
 中盤の底を一枚で任せるような使い方よりは、横に広く守れるタイプと組ませて
 積極的に前に出させる形を作るのが良い。
 守備力と推進力、パス能力を考えれば、センターハーフ的な役割も良いかもしれない。
 ややクセがあるため調整は必須だが、長所を生かせるような人選を考慮していけば
 チームの中心選手として活躍させることも可能。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 17:22:38 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
キメの細かい使用感にいつも感心してしまいます 
オリセーは使ったことないのですが数値的にはラサナ・ディアッラと比較するとスタミナが+1のトータル87ですね。ラサナと比べると使用感が全然違います(当然?)数値とKP以外に、カードの表面には書かれていない裏パラなるものが本当に存在するのかどうかが気になってしまいました。ウイイレみたくポジショニング☆とか逆足精度7とかあるんですかね。 
あとKP発動してなくても多少はスキルの影響のある動きをするのでしょうか。
話が脱線し過ぎました。すみません。
2010-03-10 水 22:42:45 | URL | チーノ [編集]
オリセー、ちょっと懐かしいですね(^^)
彼の重力を感じない理解不能な軌道のシュートやアモカチの弾丸の様なスピードと肉体、J・Jのステップやカヌの何をしだすか分からないプレイなど、スーパーイーグルスの面々を思い出しました。オリセーはあの肉体でかつ、インテリジェンスにも溢れてましたよね。
残念ながら、私はオリセーは持って無いのですが、無性にアフリカ選抜チームを組みたくなりました。使用感ありがとうございました。
2010-03-11 木 00:09:44 | URL | ハジ [編集]
カードの表面に書かれていない能力、いわゆる裏パラメーターは存在します。
選手の能力が200以上の要素で構成されていることは02~03時代の開発者インタビューで
明らかになっていますし、現在ではこれが更に増えている可能性もあります。
カードに記載された能力値は、こうした目に見えない能力を一定の基準に基づいて評価し、
6つの要素、最大20という数値に振り分けたものなのだそうです。
逆に言うと表面に見えている能力値は、その選手を知らない人がカードを手にしたとき、
イメージすることを手助けをする程度のものと捉えた方がいいかもしれません。
ぶっちゃけ、実際に使ってみないとそのカードの性能はわからない、ということです。
だから実際に使ったプレイヤーの感想、使用感に需要があるわけですね。

スキルについては後付でキープレイヤーシステムがついたためにややこしいことに
なりましたが、例えば「強烈なミドルシュート」のスキルをもった選手は、キープレイヤーで
なくても普段から強烈なミドルシュートを打てるわけです。
より詳しい説明をするには長文が必要になるので省きますが、スキルは選手の能力や
動きをイメージすることを助けるものと考えておいて間違いありません。
2010-03-11 木 00:13:11 | URL | マメーデ [編集]
ご無沙汰してます。無限に存在するカードの中で、手にすべきか否か、迷ってしまう事が多々ありますよね。しかし、今回のマメーデさんの情報のおかげで、色々と手を出してもいいんだと、踏ん切りがつきそうです。外面だけを見て、弱そうだという認識をもってしまう自分に腹立たしさを感じてしまいます・・・。本当に助かります!  オリセー、マルチなポジションで使えそうなので楽しそうですね。一気に興味が湧きました。  
2010-03-11 木 02:18:13 | URL | 切札 [編集]
目から鱗なお話ですね。 
大変参考になります。 
私も色々なカードを試したくなりました。
これからも使用感楽しみに待ってます。
ありがとうございました。
2010-03-11 木 15:10:43 | URL | チーノ [編集]
0203時代、全くの初心者で最適なポジションが分からず、トップ下で使用した時は、さっぱりな印象でした。その後ボランチ適正を知ってから一度も使いませんでしたが、レアスタイルでもあることから、久々に使ってみたくなりました。
レアはレアたる所以を知れる一枚なのかも知れませんね。
2010-03-12 金 12:42:25 | URL | 初 [編集]



2013-04-09 火 20:11:41 | URL | こうこ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。