■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: ケイスケ・ホンダ
08~09Ver選手カード使用感。

今回はホンダ


以下続き



ケイスケ・ホンダ 08~09 ■ WSK付録 VVVフェンロ

ポジション MF
身長 1m82cm
体重 74kg
国籍 日本
能力値 13・9・16・14・13・14 (79)
スキル 予期せぬ弾道
連携グループ C
チームスタイル プレースキック重視


選手概要とプレースタイル
 日本人離れしたフィジカルと積極性を併せ持った本格派アタッカー。
 言動と実力が伴わないとしてビッグマウスと揶揄されたが、オランダ二部での
 経験を経て飛躍的に成長。
 ロシアの名門CSKAモスクワへ移籍を果たし、チャンピオンズリーグでも大きな
 存在感を示すなど、現在進行形でその価値を高めつづけている。

 さて一方このカードは、現在のプレースタイルにたどり着く前、VVVが二部落ちした 
 シーズンのイメージでデザインされたものであり、数値的には若干物足りない印象。
 スタイルはアタッカーとパサーの中間ともいうべきスタイルで、広範にわたる能力を
 取り揃えている反面、飛びぬけた武器があるともいえない。
 技巧派にしてはフィジカルもあるが、スピードはなく運動量が目立つタイプでもない。
 攻撃的なポジションを広くこなせるが、どういう役割を与え、それに対してどういう
 評価を下すかは監督次第といったところ。

一回り上のトータルバランス
 能力値はどれもぱっとしないが、実際のトータルバランスは一回りも上の印象。
 数値から受けるイメージ以上に、何かと嬉しい要素を数多く持っている。

 まず好守にわたってポジショニングの良さが目立ち、パスを受ける際にも
 手前のスペースに入り込んで受けられる器用さがある。
 強さもパワー値以上にあり、これらを使ってボールを失うことなく立ち回り、
 最前線にパスを供給していく。
 左足のミドルシュートはやや荒れ球だが威力があり、得点力は悪くない。
 ゴール前まで飛び出せば、大抵の局面ではシュートを枠内に飛ばすことが出来る。
 プレースキックも強烈で、直接ゴールを狙う場面では、高速で曲がりの鋭いボールを
 壁の外側経由で隅に叩き込む。
 勢い余って枠を外すこともあるが、ロベカルばりの軌道を描くキックは見もの。
 スタミナも数値のイメージよりは若干もちが良い印象がある。
 
精力的なディフェンス
 そのイメージからすると少々意外だが、精力的なディフェンスの意識を備えている。
 良い位置取りでビルドアップの隙を探し、好機には積極的にプレッシャーを掛けていく。
 当たりの強さを活かしたボール奪取能力も良好で、寄せの早さはボールを持った時より
 随分速く感じられる。 
 強引な寄せが敵陣でこぼれ球を生むことも多く、テクニックのみならず前線での
 泥臭い働きが呼び込むゴールの数も多い。

適正はトップ下か
 上記のようにあると嬉しい要素を多く持つが、これらを有効に活用するためには
 サイドよりもトップ下のほうが向いている印象を受けた。
 更にポジションを下げセンターハーフ的につかうのもありだが、この場合は
 不調時に消えることで、守備面に穴を作りやすいのが少々怖い。
 
 基本的に足が遅く、サイドや最終ライン相手に突破を仕掛けるのが得意ではない。
 どちらかというとドリブルは前にボールを運ぶタイプで、押し込むのに適している。
 その代わりに体幹の強さがあり、ディフェンスを背負った状態でボールを受け、
 そこから前を向いてパスを出すところまでを高いレベルでこなせる。
 視野の広さには欠けるが、足元へ鋭く受けやすいパスが出せ、精度の良い浮き球を
 裏のスペースへ落とすこともできる。
 前線への飛び出しはそれほど目立たないものの、高めのシュート能力でチャンスは
 しっかりとものにできる。
 セカンドトップという手もあるが、前線での動きの質がさほど高いわけではなく
 裏へ抜けるスピードもないので、その場合の得点力は物足りないものになる。

難点はパフォーマンスのムラ
 難点はパフォーマンスのムラが非常に激しいところ。
 悪いときには積極性が見られなくなり、試合から完全に消えてしまうこともしばしば。
 画面の端を漂うように動くだけで、あらゆる局面で存在感が感じられなくなる。

評価と考察
 攻撃的なミッドフィルダーとしては悪くない能力を持っているが、紹介文のように
 サイドで起用するにはスピードが大きく不足している。
 一方でトップ下としてならば、調子のムラこそあるが堅実なプレーができ、組織の
 中でしっかりとした存在感を発揮できる。
 欲を言えば特化された一芸があるか、もう一回り上のトータルバランスが欲しかったが
 それは今後、再度の付録カード化で実現されると期待したい。

 




 

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 21:37:10 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
こんばんは。
本田選手は自分もアジア選抜で使用していました。
使用したイメージでは、モデルは名古屋時代の本田選手の印象でした。
仰るように、トップ下で一番輝いていたと思います。
2010-04-22 木 01:11:25 | URL | ハニー先輩 [編集]
私は右WGHで起用しましたが中々良かったですよ、速さも数値印象以上ですし、相手が速いと競りながらアーリーを決めるので、確かにムラはありましたが、さほど不足を感じませんでしたね。
カットインから得点力もありました。
ダイナモメインでしたが、スタミナも減らないし、起用しやすかったです。
水野が微妙過ぎだから余計に感じたのでしょう(笑。
2010-04-22 木 09:17:19 | URL | 310 [編集]
厳密には使用感じゃないですが、
3ボランチの右で使っている人とレギュラーリーグで対戦し、
前半はがっちり止められて四苦八苦した印象があります
2010-04-23 金 01:00:03 | URL | Masato [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。