■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
08~09Verベストカード~サイドバック編
08~09Verのベストカード企画。

今回はサイドバック編。


以下続き



ズデネク・グリゲラ (08~09 No.260)
 あらゆる要素が平均か、それより少し上くらいのサイドバック。
 高い数値の割には物足りない部分があったりもするが、全体的にはバランスの取れた
 攻守の働きでチームに貢献できる。
 格別に堅いというほでもないが、しっかりと守って隙あらば攻め上がるという姿勢は
 逆サイドとのバランスを取りたいときには調度良い感じになる。
 更には固有チームスタイルが「オフェンスダイナモ」なので、スタミナの低い選手達を
 使いたいときには何かとお世話になった。
 一応、センターバックもできないことはない。


ファビオ・グロッソ (06~07 No.307) 
 かなり攻撃的な選手ではあるが、数値の印象よりは攻守のバランスに優れている。
 攻守切り替えの意識は高く、積極的なフリーランニングの後は素早く戻り献身的に守る。
 一対一の対応力はまずまずで、内側に絞る場面でも手抜きはなく判断も悪くない。 
 縦に抜けるスピードとクロスが売りだが、内側に切り込んでのシュートも合格点。 
 また、前回W杯決勝での活躍が反映されたのか、PKを外した場面は見たことがない。
 一試合走れるスタミナもあるので、PK戦時のキッカーとしても計算がたつ。


マウロ・タソッティ (08~09 ATLE)
 地味な印象はぬぐえないものの、守備的なサイドバックとしては欠けるものがない。
 身体能力よりも技術、インテリジェンスを感じさせるプレーが目立ち、落ち着いた
 ポジショニングから安定した対応でサイドを封鎖する。
 中央と連携して奪う意識も高く、最終ラインの機能を巧みに活かして奪いに行く守備は
 滅多なことでは大崩れしないという強みもある。
 攻撃面ではそれほど目立たないが、つかまらない程度の持ち上がりと丁寧なパスで
 必要最低限の組み立てはできる。
 

パオロ・マルディーニ (05~06 LE)
 スピード、フィジカル、スタミナと三拍子揃った身体能力に加え、技術面でも申し分なし。
 一対一の強さこそトップクラスには及ばないが、攻守に渡る破格のパフォーマンスは
 それを補って余りある。
 守勢時には最終ラインを縦横に走り回り、さながらセンターバックかのような動きで
 精力的なカバーリングを繰り返し、中央を抜けてくるアタッカーを渾身のタックルで阻む。
 一方、攻勢時には一気のオーバーラップで敵陣深くまで駆け上がり、ボールを受けてからの
 迫力あるドリブルでディフェンスラインを揺さぶっていく。
 裏から入って打つ角度のない位置からのシュートも、うまくコースを狙って決めてしまう。
 あらゆるプレーが派手で華やか、存在感も抜群で使っていて楽しい選手。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 20:55:50 | Trackback(0) | Comments(16)
コメント
LEマルディーニに関して言えばまさにマメーデさんのおっしゃってる通り大車輪の活躍でした。

そしてココ2~3バージョンお世話になっている05-06オシェイは今期は穴と言う穴が見つからないほどの活躍で、まるでマメーデさんが書いたタソッティの紹介と同じようなイイ働きをしてくれました。
それになんといってもオシェイの長所はそのポリバレント性で両SBからCBまで計算できる活躍をしてくれました。ボランチとしても使えるらしいですがまだ使ったこと無いのでいつかは使ってみたいです。
2010-06-17 木 23:11:21 | URL | ピッポ [編集]
シアラーの使用感が出て来ないのですが・・・
2010-06-18 金 17:01:18 | URL | シニョーリ [編集]
「みんな大好きネルソン・ヴィヴァス」に匹敵する人物、
(ジュリアーノ・)ベレッチ(04~05) 。
↑最新版でフルネーム(?)が出てます
当初「守備力14」の彼は「サイドハーフかなあ」と思っていたのですが、
他の人が最終ラインで使いこなしていて驚いた経験があります。
実際この人、「サイドのストッパー」を見事にこなし、
速度・スタミナも及第点、
時に駆け上がりも見せてくれます。
「1つの能力値だけで判断してはいけない選手」の典型かも。

マメーデさんへ。
先日僕のチームでLEマルディーニが「またぎフェイント」を敢行、
突破してラストパスまで持って行きました!
実はボール奪取で1発レッドを食らった直後のグラウンドで、
ボールテクニック練習をやらせた処、こうなりました。

追伸、シニョーリ さん、FW編まで待ちましょう。
2010-06-18 金 17:53:03 | URL | 人並みって何だろう [編集]
そういう意味ではなく、FWの使用感でシアラーをクリックすると、
ヘッセリンク?がでてきます。

私だけなのでしょうか?
2010-06-18 金 19:24:17 | URL | シニョーリ [編集]
それは使用感FW編の目次辺りに書き込んだらいかがですか?

やはりLEロベルト・カルロスはとても扱い易かったですね。
前線の選手能力を無視出来る速さと攻撃の軸に出来るほどのスタミナは大変魅力ですね。
数値以上にテクも感じます。
白ならマハダビキア、どう考えても黒の能力値と使用感です。
黒ならザンブロッタ、SBとしての必要な能力の他、シュートも上手いですし、左右関係ないのは選手繰りを助けてくれますね。
2010-06-18 金 20:47:03 | URL | 310 [編集]
スピードとスタミナが16くらいあれば大きな差はない。
という印象しかないな、サイドバックは。
2010-06-18 金 21:23:23 | URL | [編集]
現在、08-09Ver.のサニャとクリシーのアーセナルコンビを使用していますが、共にサイドの守備からセンターバックのフォロー、タイミングの良い攻撃参加に加え、カウンター攻撃された時の素早い戻りと、サイドバックとして求められる攻守のバランスを非常に高いレベルで備えていますね。
流石に本当に白で良いのか、と思ってしまいます。

02-03Ver.までは攻撃的サイドバックは本当に空気で、誰もが4バックにする場合は4センターバックのようなサイドバックの選出をしていましたが、05-06Ver.辺りから、攻撃的サイドバックでも守備が出来るようになり、日の目を見るようになりましたね。
特に今Ver.では、DEF値が低くても高い位置でボールの奪取が出来るようになった為、本職のサイドバックの方が有利になったのが非常に嬉しいです。

それにしても、いい加減、WDFをWCBとWSBに分けてもらえないかと思いますが、セガにとっては分けられない事情って物があるのでしょうか?
WCFとWWFは04-05Ver.から既に分かれていますし、全く問題が無いと思うのですが……。
2010-06-18 金 22:50:27 | URL | ステッペンウルフ [編集]
確かに、バレージ・ビリー・マルディーニ・タソッティの4人でディフェンスラインを組んだことがあるんですが、印象悪かったのはバレージとタソッティでした。

バレージは上がりすぎ、タソッティは抜かれた時の印象悪すぎです。

やはり、SBはある程度のインパクトが無く守備専門では抜かれた時の印象が悪すぎだな、と感じました。
2010-06-19 土 01:31:16 | URL | [編集]
ベタですが
私の定番は左ならエブラです。0708と0809の違いは特に感じなかったため、アンチスピードスター持ちを使っています。
右ならメンサーがオススメです。アンチスピードスター持ちはもちろん、スタミナも一試合もちます。ただし、若干ファウルが多いかも^_^;
確かに、SBはボタン指示など間違えて上がらせてたりしなければ、スピードがあれば、誰でも大抵なんとかしてくれる印象はありますね。
2010-06-19 土 12:22:57 | URL | 初 [編集]
LEロベカルはウイングバックで使ってますが、やばいくらい楽しいです
左サイドをほとんど一人で制圧してくれます
仮に抜かれても後ろに誰かいると安心できますしね
2010-06-19 土 13:39:50 | URL | インザギ [編集]
よくよく思い返してみると私がSBに使う選手はほぼ毎回、
①両SBが出来る
②CBもこなせる
③SMFバージョンのカードが存在する
以上3つのどれかが必ず入ってまして、
SBをまともに評価していなかった気がします。
記事の視点を参考に評価しなおしてみよっと・。・
2010-06-19 土 22:38:08 | URL | z [編集]
はじめまして。いつも使用感を参考にさせてもらってます。
私は07-08のカッセッティが使いやすいです。
背が高い割にスタミナがあり、パワーもスピードもそこそこあって1対1も結構止めてくれます。
センターバックもできなくはないです。
個人的にいい選手だと思ってます。
2010-06-20 日 22:44:37 | URL | kosa [編集]
私はサリハミジッチ(オフェンスダイナモorハードプレッシング)を愛用しております。
数値からはオフェンスダイナモもちがDF10、ハードプレッシングが11と若干物足りない気がしますが、数値以上に働いてくれます。
攻撃的な選手なので裏を狙われることもありますが、変な話DFに専念させても十分な働きを見せてくれます。
CBにカバーリングがうまい選手を配置するとなお輝けるかもしれませんね。
2010-06-21 月 02:45:55 | URL | ぼーる [編集]
ベタかもしれませんが、自分にとっては初の起用として、左にトネット、右にパンカロが良かったです。
トネットは随時コンディションが良好で、左サイドのスペシャリストに偽り無しの活躍を。パンカロに関しては、両サイドにおいて遜色のない動きをしてくれて、こんなにも安定してるんだと感心しました。
しか~し、やはりあえて一枚をあげるとすれば、メンサーです。
両サイド出来るうえに、CBをためしたところ、これもスンナリいけちゃいました。
じゃあ、ベストCB編にいれればいいじゃん!って突っ込まれそうですが、そこはご愛嬌。お許し下さい。
フォアチェックにカバーリングとなんでもできますし、空中戦も強いです。
確かにファールをちょくちょくやってしまいますが・・・。
2010-06-21 月 07:18:16 | URL | 切札 [編集]
私は右サイドバックに05-06のベルトットをよく起用しています。
動き回らないディフェンススタイルは待ち構えてのディフェンスはもちろん、サイドアタッカーへのパスを高確率でシャットアウトしてくます。選手紹介の欄に記載されているとおり、ファーをねらうサイドアタッカーへの対応は絶品でした。
また、センターバック、左サイドバックもできるユーティリティー性も頼もしい限りです。
元イタリア代表DFであり、ウディネーゼのキャプテンを10年以上務めただけあって、空中戦も計算できるし、キャプテンシーもある、とてもいい選手です。
2010-06-24 木 00:27:17 | URL | トゥッティー [編集]
目次のシアラーの部分を修正しておきました。
ご指摘ありがとうございます。

WCCFのサイドバックは、サイドの攻防をウイングと2対1を作ってパスで突破する、
裏に出されたボールをダイレクトクロスでアシストするといった動きがもっと出来ると
より面白くなってくると思います。
恐らくマイコンもレアになるでしょうし、次期バージョンに期待ですね。
2010-06-24 木 20:29:44 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。