■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
09~10Verのファーストインプレッション
毎度おなじみ、新Verのファーストインプレッション。


以下続き


CPUキーパーの飛び出しが速い
 修正されるかと思っていたCPUキーパーの飛び出しがほぼロケテのままだった。
 裏にパスが出るか、エリア内に近づくと超反応で飛び出してくる。
 これが気になって色々と観察して見たところ、同じラストパスでもギャップで受けた
 ものに関しては飛び出してこないもよう。
 ギャップで受けて1,2歩でディフェンスをかわしてエリアへ侵入、そのころには飛び出して
 きているキーパーに当てないようにシュート、というのが対CPU戦の必勝パターンか。
 中央に人数を掛けてギャップを作り出したり、スルーパスより足元に出すのを好む
 タイプのパサーを置くのが重要になりそう。


中盤底の選手がボールを持ちたがる
 中盤底の選手がやたらとボールを持ちたがり、ドリブルで持ち上がっていく場面が増えた。
 球離れを良くしたいなら中盤を密にする必要がありそうだが、逆にここでボールを持っても
 問題のない選手ならこれをタメとして利用できる。
 ここで溜めてサイドに展開、更にサイドチェンジを絡めつつ連携で崩すという流れが強い。


サイドバックの攻撃参加が強烈
 サイド攻撃を指示すると、サイドバックが凄まじい勢いで攻め上がって行く。
 中盤の選手がボールを持つようになったのもあり、中盤でタメが作られている間に
 ボールホルダーを追い越してパスを受けようとする。
 これを使った攻撃が非常に強力で、MFとの連携からやすやすとサイドを突破する。
 BEラームがドリブル、パス、クロス、シュートと八面六臂の大活躍で、ゴールと
 アシストをFW並みに積み重ねていった。

 ただし、同時にこれは大きなリスクをともなう感じ。
 崩しの最終局面でボールを奪われれば、まず帰陣は間に合わずサイドはがら空きに。
 サイドのスペースをボランチがカバーしてくれたりもするが、それにしても人数は
 あからさまに足りていない。
 ハイリスク、ハイリターンな印象だが、ここのところの管理がサイドアタックの肝と
 なっていくような気がする。
 

サイドハーフが守備を頑張る
 高い位置に置いたサイドハーフが守備を頑張るようになった。
 かなり低い位置まで戻って守備をするし、サイドバックのカバーなどもする。
 カイトを置いたらどうなるか、非常に気になる。


サイドアタッカーが簡単にクロスを上げない
 サイドアタッカーが間単にクロスを上げず、抉ってもカットインを選ぶことが多くなった。
 これも観察してみたところ、中央に完全フリーの選手がいればしっかりとクロスを上げた。
 また、中央の選手がマークに付かれていても、これを外すように動き出せばタイミングを
 あわせてクロスを上げた。
 サイドチェンジ後のディフェンスが崩れている時や、コーナーが手前で弾かれてエリア内に
 人数が揃っている時なども同様だった。
 今度はクロス重視も試してみたい。
 

まとめ
 個人的にはかなり好きな感じのゲームバランス。
 攻撃に人数を掛けないと点が取りにくいが、人数を掛けると面白いように点が取れる。
 中盤の人数が重要になり、ミッドフィルダーが組み立てられない選手ばかりだと攻撃が
 停滞してボールが運べない。
 停止してのキープや組み立てなおしはないが、テクニックのある中盤がゆっくりと
 持ち上がることでタメができ、攻撃の組み立てを考えて行うこともできそう。

 ただし、ここまでドラスティックに変える必要があったかというと疑問な部分もある。
 今まで強かったやり方を完全に否定した作りで、全くの初心者でもなければ大きな
 ストレスを抱えることにもなりかねない。
 方向性自体は大いに評価できるが、もう少し緩やかにできなかったものかと思う。
 

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 23:00:44 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
フレンドリー5クレ
マメーデさんの印象も交えて。
?シュートの弾道が早い(入ったか外れたか分からない時も)。ゴールエリア付近からならかなり入る印象。
?フィールドがやや広くなったかのような印象。多分オープンスペースが開きやすくなったからか。
?なんてことのない選手でも割合ドリブルを仕掛け、抜いだりもする(=確かにボールを持ちたがる)。やはりメッシやマラドーナ仕様になったか。
?これまでの感覚だと奪取したと思っても、奪取できていない時が結構あった。ドリブルへのDFの寄せもスペースが感じられ、今までどおりだとゴールエリアに入られることが多い。だだし即、得点となる訳ではなく、DFがようやくカットしたり…。
?クロッサーは確かに抉ってから上げる印象。
?クロスに対するキーパーのポジショニングが良い。数的優位とかではない、何か出やすい時と出にくい時の差がはっきりしているが、これまでは上がったボール目掛けて飛び出すしかなかったが、予め良いポジションにウロウロ構えていて悠々キャッチする時が多かった。しかしサイド攻撃は今でも有効ではある。
?チームスタイルの影響を感じにくかったが、レアスタイルとの差別化を図るためか。
?DFをゴールエリアに固めてサイド点灯せずともS
2010-12-02 木 23:30:10 | URL | 初 [編集]
Bが上がっていき、スタミナの減りが目に見えて上がった。
長くなったので切れた部分のみ補足。無念…。
2010-12-02 木 23:33:44 | URL | 初 [編集]
> 中盤底の選手がボールを持ちたがる

確かに今までのバージョンはレジスタをその位置で使おうとしてもすぐにパスで捌いてしまい,あまり印象に残りませんでした。

おっしゃっているような調整がされているのなら,中盤底で使った場合のピルロやシャビ・アロンソが輝きそうな気がします。

あぁ,早くやりたい・・・
2010-12-03 金 12:24:22 | URL | [編集]
ロベカルの攻撃参加が大好きな自分としては楽しみすぎる情報です
さて、ダニエウアウベス買うか
2010-12-03 金 12:34:06 | URL | インザギ [編集]
たしかに中盤底の選手がボールを持ちたがる傾向になりましたよね
今日ミラン縛りでやってきたらフラミニとガットゥーゾが異常にドリブルをしようとします・・・
ここはやはり逆にタメを作ることに利用すればよさそうですね

サイドバックもかなり高い位置まで上がってくるような気がしました

あとは、クロスがグラウンダーになる確率が高くなったような気がします
いつもはセンターフォワードにばかり上げていたのが、トップ下の選手にボールが行くことが多くなった気がしますね
インザーギがほとんど決めていたのに、今日ピルロが得点しまくってました
2010-12-03 金 17:40:05 | URL | ぱえりあ [編集]
15クレほど蹴ってきました。
おっしゃるように、中盤の底のみならず、ドリブルしたがる傾向は強いです。デロッシ(08-09)は良い感じに捌いてくれていました。デシャンは持つタイプ、意外にダービッツは球離れが良かったです。SBに関しては、BEテュラムはほぼウィングでした(笑)。そこに上手く渡せればチャンスを作れるんでしょうが、タイミング良く流せませんでした。それ以上にスタミナの減りがハンパ無く、数値の低い選手を起用するには工夫が必要だな、と。ダイナモ系使っても厳しそうです。
コミュニケーションの選択肢が少し変わりましたが、メディカルルームの正答率が改善されたような気もしました。上昇率は1段階下がったようですけれど。
2010-12-03 金 18:48:02 | URL | たけまる [編集]
大幅にバランスが変わり、これはこれで楽しめそうな感じ。
特にサイドバックの動きが非常に楽しく病み付きになりそうです。
ただ、CPUキーパーの飛び出しだけはどうにかならなかったものかと思います。
2010-12-03 金 22:36:43 | URL | マメーデ [編集]
確かにCPUチームのキーパーの飛び出しは未だかつてないですね。ことごとく裏への抜け出しをキャッチされちゃいます。もしかしたら禁じ手を使用?明らかに来るのが分かっているコンピューターとの情報共有が働いているかのよう。
かといってこちらは同じようには反応できないし^_^;
2010-12-05 日 15:41:09 | URL | 初 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。