■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
3回目の感想
3回目の感想。

今回はクロスについて気付いたこと、考えたこと。


以下続き


ターゲットがフリーである
 今回のAIはパスの受け手がフリーになっていないとなかなかパスを出さない。
 これはクロスも同様で、クロスのターゲットにマークがついているとドリブルを
 優先する場面が多く見られる。
 とはいえターゲットにマークがついている場合でも、これを一瞬の動き出しではがして
 クロスを呼び込むパターンが見られたりもする。
 これはターゲットの得点パターンに関係するのと、クロサーとの連携にも関係がある
 かもしれない。

 一方、ターゲットがフリーになっていると、クロスを選択する場面は確実に増える。
 それでも体感では五分五分といったところで、相変わらず強引なカットインも多い。
 フリーになってニアで待ち構えている味方が見えることは多いのだが、これを使うにしても
 切り込んでからだったり、フリーの味方が動きなおしてからだったりする。


パスコースが空いている
 低弾道クロスの場合、ターゲットまでのコースが空いている必要もありそう。
 ある程度予測的にというか、クロスを上げた直後まで割り込まれない程度の猶予を
 見ていて、ディフェンスの戻りが速いとクロスを避けるのかもしれない。


中央のフォワードがサイドに開いてクロスをあげる
 中央のフォワードがボールを受け、そこからワイドに開いてクロスでアシスト。
 このパターンだとかなりの高確率で、スムーズにクロスが上がった。
 ドリブルで開く→また切り込む、という流れになっては不自然なので、これを
 回避するために他のポジションとは異なるAIになっているのかもしれない。
 ここからはショートクロスが多く、密集を潜り抜けて味方に届くことが多かったり、
 逆サイドの選手が走りこんで決めたりと、威力は抜群だった。

 ただし、中央のフォワードがサイドに開くまでにはプレッシャーのかかる中央から
 ドリブルで持ち出さなければならない。
 単純にサイドを破ることの難易度と比較した場合、こちらのほうがはるかに難しい。


ターゲットが複数いる
 中央にターゲットが複数いる場合、その枚数に応じてクロスを選ぶ確率が上がっていく
 という印象を受けた。
 1人より2人、2人より3人という感じで、特に3人もいれば誰かはフリーになっていて
 スムーズで効果的なクロスが上がる。
 今回気付いたものの中ではこれの影響が最も大きかった。

 ただし、ターゲットとして3人を確保するためには、例え2トップのシステムであっても
 中盤以下の選手の飛び込みが不可欠となる。
 これをしっかりと整備できるかどうかがサイドアタックのキモかもしれない。


サイドチェンジから
 サイドチェンジ後は中央の陣形が崩れているためか、クロスを上げる場面が多かった。
 中央のマークが外れる、時間がかかって中盤が攻めあがるまでの時間が稼げる等の
 複合的な要素をクリアできるからかもしれない。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF | 20:12:15 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
09-10 感想
どうも チームスタイルが強調されているというか、アンチ~ が強い印象。
本Ver. は 前Ver. と比べると CPU戦が難しくなった感じがするが、CPUのチームスタイルに対応する アンチ~系スタイルを使うと2列目ぐらいまで影響して、最後のDFブロックの崩しの工夫次第な感。
但し、中央突破に対するCFの対応(連携)が強化された感じなので、前Ver.のような中央FW縦3枚みたいな配置はあまり機能しない気がした。

少し気になったのは2列目ぐらいまでのFW・MFがチェイシングしても相手のボール保持者に接触する直前に棒立ちになるアクションが散見される事。
あれはストレスが溜まる。

あとCPUのジャパン・ナショナルチーム(ポスターのメンバー)、相変わらず決定力不足で全然怖くない。
現実と同様に本田の0トップを採用したほうが面白いんじゃなかろうか?
2010-12-12 日 17:25:54 | URL | Ursaemajpris [編集]
自分なりの感じた事を。

前線においては、枚数が3人のほうが点がとれる印象です。自分の周りでも多いですよ。
そして、一番自分が最も印象に残ってるのが連携についてなんですが、黄金線が鍵に
なってるんじゃないか?と思っています。
事実、やたら強くなったCPU相手だと、その感触が目に見えて違いが実感できました。

あと、キープレイヤーを頻繁に変える必要性があるように感じます。
攻撃の時はゴールハンティング、守備に回る時はアンチ~etc・・・
一つや二つのチームスタイルだけでは、通じない仕様に思いました。
はっきり言って、対人よりCPUのほうが強いです。

対人は今まで通り通用しますね。
2010-12-12 日 17:59:40 | URL | 切札 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。